長打の威力・インスパイア、代打弾も!

20150418_Big Ones vs インスパイア

Big Ones  vs  インスパイア (1-13×)

2015年4月18日 鵜ノ木運動公園

担当:富田隆  撮影:大倉慶亮

1 2 3 4
B 1 0 0 0 1
2 7 1 13

 

 強風吹き荒れる狭山市・鵜ノ木運動公園で行なわれた試合は、インスパイアが長打攻勢でBig Onesを下した。
1点を追うインスパイアは初回に長短打で逆転。2回は長打3本を含む5安打で7点を奪い、大勢を決めた。4回には代打伊藤選手がサク越えの3ランを放ち、コールドゲームが成立。
Big OnesはG-LEAGUE初戦を白星で飾れず。

■ Big Ones初回に先取点
初回から荒れ模様の展開。Big Onesは1番亀山選手が死球、続く木内選手・千葉選手が連続四球で満塁のチャンスを得た。ここで相手先発・水谷投手が肩痛により降板。1死後、5番齋藤選手のセカンドゴロの間にBig Onesが1点を先制した。

■ インスパイア長打攻勢で逆転
インスパイアはその裏にすぐさま反撃。先頭・早崎貴選手のセンター右への二塁打をきっかけに、5番水谷選手の適時打で逆転に成功した。ニ回には再び早崎貴選手がレフト頭上を破る2点三塁打、さらに姉崎選手の犠牲フライ・石島選手のレフトオーバーの適時二塁打などで7点を奪い、大きくリードした。

■ 代打伊藤、3ランで派手に幕引き
四回裏、インスパイアが1点でも取ればコールドゲーム成立という状況。1死一・三塁と攻めたところで、ここまで試合の指揮を執っていた伊藤選手が“代打オレ”を告げて左打席へ。2球目を強振すると打球はライトの柵の向こうへ届き、本塁打での終幕となった。

試合後インタビュー

インスパイア 早崎貴彦 さん(富田隆 より)

ヒーローインタビュー

 ― チームを勢いづける二塁打・三塁打でした。
「前回の試合も調子がよかったので、積極的に打ちました」

― 初回には緊急リリーフ登板。
「せっかく2時間半かけてこのグラウンドに来たんで、チームのためにも試合を壊さないよう一生懸命投げました」

インスパイア 伊藤健 さん(富田隆 より)

「初回にピンチを招いてしまい、どうなることかと思いました。結果として1点で終われたところが最大のポイントだったかな。打線はいつも通り自由に打たせて、爆発してくれて非常によかったと思います」

― ご自身も代打で大仕事でした。
「正直1点取りたいなと・・・単打狙いで行こうかどうしようか迷ったんですが、(柵までの)距離が短かったのでちょっとマン振りしてみようかな、というのがありました。風が止んでいて、切れずによく入ってくれたというところです」

Big Ones 齋藤達也 さん (富田隆 より)

「今季最初の試合で、まだみんな調整不足ですね。これから練習を重ねて、僅差の試合ができるように頑張りたい。ピッチングのほうは、若いピッチャーのようにはいきませんけど、熟年の力を出し切って かわすピッチングで何とか抑えていきたいなと思ってます」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る