絶好調のジャパン・ドリーム、安定した試合運びで8連勝!!

20150412_G-RANGER vs ジャパン・ドリーム

G-RANGER  vs  ジャパン・ドリーム  (1-6)

2015年4月12日 東調布公園野球場

担当:湯本絵里加  撮影:中尾 敦司

1 2 3 4 5 6 7
G 0 0 0 1 0 0 0 1
0 2 2 2 0 0 6

 

 4月とはいえ、夜はまだ冷え込むなか東調布公園で行われたG-RANGERとジャパン・ドリームの試合。佐藤(喜)、小原両投手の好投と打線が好調なジャパン・ドリームに軍配が上がった。

<佐藤(喜)投手、5回7奪三振の好投>
初回からストライク先行のピッチングで、1回を三者三振にとってみせた佐藤(喜)投手。その後も2つの四球、3本のヒットは打たれたものの1失点で抑えた。
宮野捕手の好リードもあり、最終的には7奪三振という素晴らしいピッチングを見せてくれた。

<見事につながったジャパン・ドリーム打線>
試合が動いたのは2回。ジャパン・ドリーム4番の野口選手がセンター前ヒットで出塁すると、5番の佐藤選手のタイムリーヒットにより1点先制。7番秋元選手のレフト前へのタイムリーヒットによって1点追加し、この回2点先取。その後もしっかりと打線がつながり3回、4回と2点ずつ追加し、危なげのない試合運びでジャパン・ドリームが勝利した。

<ホームランは出たものの…>
3回までなかなかジャパン・ドリームの佐藤(喜)投手を攻略出来ずにいたG-RANGER打線だったが、4回に3番東がレフトの頭上を軽々と超えるホームランを放ち1点を返す。しかし、この後もなかなか打線が噛み合ずG-RANGERの反撃は敵わなかった。

両チームの皆さん寒い中お疲れさまでした!ナイスゲームでした。

試合後インタビュー

ジャパン・ドリーム 宮野和成 さん(湯本絵里加 より)

攻守に渡って活躍された宮野さんにヒーローインタビューを行いました。

 ー3安打2打点の活躍でしたが、バッティングで意識していることはありますか?
出来るだけ早めのカウントから、特にファーストストライクは積極的に振っていこうと心がけています。
ーキャッチャーとしてのリードもお見事でしたが、リードする上で気をつけていることはありますか?
リードに関しては、ピッチャーの佐藤(喜)さんがコントロールがいいので、低めを中心に打たせてとることを意識していました。

ジャパン・ドリーム 畠山監督(湯本絵里加 より)

ー今日の試合の勝因をお願いします。
やはり5番バッターの佐藤君がしっかりといいところで打ってくれたことですかね。これに尽きます。ベテランがしっかり活躍してくれました。
ー次の試合に向けての抱負をお願いします。
うちのチームは若い選手とベテランの調和がちゃんと取れてるチームなので今後もそこを大切にして頑張ります!

G-RANGER 荻沼茂紀 さん (湯本絵里加 より)

ー今日の試合を振り返っていかがでしたか?
今日は途中で大きいのが何本かあったんですが、全体的に打てなくてつながらなかったっていうのが大きかったと思います。相手に連打されてしまったのでそこが敗因かなと思います。
ー今後のチームの課題をお願いします。
今日エースの登板がなかったんですが、リザーブ枠の投手の強化、守備の連携、チームの全体的なミート力の向上が課題になってくるかなと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

G-LEAGUE

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る