福井豪快逆転弾でワイルドキャッツ勝利

20150405_ワイルドキャッツ vs 金山ベースボールクラブ

ワイルドキャッツ  vs  金山ベースボールクラブ (6-1)

2015年4月5日 浮間公園野球場(都立)

担当:富田隆  撮影:竹淵大樹

1 2 3 4 5 6 7
0 0 0 2 0 0 4 6
1 0 0 0 0 0 0 1

 

 小雨がちらつく板橋区浮間公園で行われた試合は、4thシーズン優勝のワイルドキャッツが金山ベースボールクラブを逆転で下した。4回に福井選手がサク越えの逆転2ラン、最終回にも4点を加え試合を決めた。
金山ベースボールクラブは前半は投打が噛み合って優勢だっただけに、惜しい展開だった。

■ 金山BBC鮮やかに先制
金山ベースボールクラブは初回、先頭・小野選手が左前安打で出ると続く竹内選手は初球を右中間へ二塁打。3番本嶋選手は高々とセンターに打ち上げ、犠牲フライで1点を先制した。
4番岩崎選手も遊撃内野安打で続いたが、しかし次打者・岸野選手の強い三塁ゴロは相手の落ち着いた守備の前に併殺打となった。

■ ワイルドキャッツ福井大きな一発
山田投手にここまで1四球のみに抑えられていたワイルドキャッツは四回表、3番森選手がチーム初安打となる遊撃内野安打で出塁。続く福井選手が変化球を豪快にすくい上げると、打球はレフトフェンスを越えて価値ある逆転2ランとなった。

■ バックの好守が継投支える
ワイルドキャッツ先発の岩上投手は初回こそ連打を浴びたものの3イニングを無四球で1失点。2番手のサイドスロー佐上投手は速球を軸に4イニングで5三振を奪った。
また、辻中遊撃手の好捕&送球、相手バントを捕ゴロ三封とした渋谷捕手の好プレーなど、野手が堅い守備で投手陣を支えた。

試合後インタビュー

ワイルドキャッツ 福井駿 さん(富田隆 より)

ヒーローインタビュー

四回に逆転2ラン。「真ん中あたりの変化球。ストレートより変化球が多かったんでそのボールを狙いました。4月に入ったばかりなんで、早くチームに馴染んでもっと貢献できるようにと思いっきり振りました」

ワイルドキャッツ 岩田祐輔 さん(富田隆 より)

「最初 苦戦していたんですけど、4番を任せた福井選手が結果を出してくれてよかった。(四回の3人同時の選手交代は)事前に予定を組んで準備させていたんで、すんなり入れたかなと思います」

金山ベースボールクラブ 竹内崇大 さん (富田隆 より)

「今季初戦、しかも相手が前回(4thシーズン)チャンピオンのチームということで、試合前に飲み会というミーティングをしました。序盤は想定通りの試合運びができて ほぼ完璧だった。ただ後半やはり力の差が明確に出たかな、というところ。今季はその辺を課題に頑張っていきたいと思います」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る