ジャパン・ドリーム小原 ランニングホームランで鮮烈デビュー!

20150322_マルサカスピリッツ vs ジャパン・ドリーム

マルサカスピリッツ  vs  ジャパン・ドリーム (0-3)

2015年3月22日 多摩川ガス橋緑地野球場

担当:清水宏美  撮影:松永英明

1 2 3 4 5 6
0 0 0 0 0 0 0
0 1 1 0 1 0 3

 

ジャパン・ドリームの2015年初戦。そして、最近、多くのルーキーを投入しているジャパン・ドリームだが、本日デビュー戦の小原選手が、ランニングホームラン・セーブ投手と、投打での活躍を見せた。今期、大きな戦力として期待できそうだ。

▪︎マルサカスピリッツ関 ノーアウト満塁を無失点で切り抜ける
初回、フォアボール満塁の場面をつくってしまったマルサカスピリッツ関。しかし、4番・5番・6番を見事フライと2奪三振で無失点で抑える。勝負際できちんとストライクを決めてきた。

▪︎ジャパン・ドリーム佐藤(喜)、きっちり抑え、先制点もあげる
ジャパン・ドリーム佐藤(喜)投手が本日も好投。3回にひとり、ショートへの打撃からのランナーを許したものの、それ以外をすべて3者凡退で抑える。
佐藤(喜)選手は、2回裏に犠牲フライでの先制点もあげ、投打で貢献。3回裏に新井選手が二、三塁間を抜くレフト前ヒットで追加点をあげ、5回裏の小原選手のランニングホームランでだめ押し、ジャパン・ドリームの快勝となった。

 

試合後インタビュー

ジャパン・ドリーム 小原 さん(清水宏美 より)

5回裏でのランニングホームラン、セーブ投手の小原選手にヒーローインタビューを行いました。

ー2打席目が三振、次の打席でホームランでした。どのような気持ちで打席に入りましたか?
2打席目で変化球のタイミングが合わなかったので、三打席目で吹っ切れてストレート待ちでした。初級も変化球の甘いのがきたのですが、タイミングがとれなかったのでストレート待ちにしました。タイミングが合ったのでたまたまオーバーにいった感じです。

ー当たった時の手応えはどうでしたか?
ちょっと根元で芯は食ってなかったのですが、予想以上に飛んでくれたので結果オーライです。

ー2枚目登板し、セーブ投手となりましたが、ピッチングの出来はご自身としてはいかがでしたか?
2イニング目でノースリーの場面からボールが続いてしまいフォアボールを出してしまったのがもったいなかったですが、それ以外はストライクゾーンの中でまとめられたので良かったと思います。

ー普段の投球で心がけていることはありますか?
自分は打たせてとるというというピッチャーなので、ストライクゾーンの中で自分のピッチングをつくっていくことを意識しています。

ー本日、小原選手のG-LEAGUEデビュー戦でした。今後の意気込みを教えてください。
安定したエースがチームにいるので、もし何かあったときに自分が流れをつくれるピッチャーになっていきたいです。
打撃でもコンスタントに1試合に1本は打てるようにがんばりたいと思います。

ジャパン・ドリーム 畠山監督(清水宏美 より)

ー本日の試合を振り返っていただけるでしょうか。
最初の回、ノーアウト満塁で点が入らなかったので、苦戦してしまいました。

ー本日はクリーンナップが苦しんだかもしれないですね。
そうですね。3番4番5番が最初よくなかったですね。
ただ、初戦なので、こんなものかなとは思います。

ー勝因は何でしょうか?
正直言って、うちもですが相手のチームもあまり振れていなかったので、あとはピッチャーが力で押したということかと思います。

マルサカスピリッツ 本田 さん (清水宏美 より)

ー初回のピンチを切り抜けたものの惜しくも負けてしまいましたが、
前回よりはだいぶいい野球になってきたかなと思います。また練習して次勝ちたいです。

ー関投手のピッチングの出来はいかがでしたか?
最高でした。またがんばって欲しいです。

ー打線がもっと打てるようになるとよいですね。
そうですね!

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る