ワイルドキャッツ無安打継投&山﨑3ラン!

20150322_MES.TOKYO vs ワイルドキャッツ

MES.TOKYO  vs  ワイルドキャッツ (0-8)

2015年3月22日 浮間公園野球場(都立)

担当:富田隆  撮影:清水宏美

1 2 3 4 5
M 0 0 0 0 0 0
1 4 2 1 8

 

 板橋Cityマラソンと重なったこの日。落ち着かない気配の浮間公園で行なわれた試合は、ワイルドキャッツがMES.TOKYOをコールドゲームで破った。
ワイルドキャッツは2回、2番山﨑選手がレフトのフェンスを越える3ランを放ちリードを広げた。投では先発の岩上投手が3イニングをパーフェクトピッチング、2番手・鈴木投手も四死球のみに抑えて5イニングながらノーヒットノーランを完成させた。
MES.TOKYOの先発・川名投手はストレート・スライダーともに走っていたが、ミスも重なって失点を増やしてしまった。

■ ワイルドキャッツ山﨑サク越え3ラン
ワイルドキャッツは初回に先制。2死後 四球の3番森選手がすかさず二盗、続く山田選手は流してレフト前に落とし1点を奪った。ニ回には暴投でやはり2死から得点すると、さらに一・三塁で2番山﨑選手がレフトフェンスを越える3ラン。主軸の集中力でリードを広げた。

■ 先発・岩上 制球冴えパーフェクト
ワイルドキャッツ先発の岩上投手は3イニングをパーフェクトピッチング。全33球のうちボールはわずか8球というコントロールの良さが目立った。
2番手の鈴木投手は体を深く沈める独特なサイドスローから三振4つを奪い、こちらも安打は許さなかった。

■ MES.TOKYO最終回好機実らず
MES.TOKYOは五回2死から6番奥野選手が死球で出塁。続く原田選手はよく選んで四球をもぎ取り、一・二塁のチャンスを作った。しかし後続が倒れ、ホームが遠い一戦となった。

 

試合後インタビュー

ワイルドキャッツ 岩上康輔 さん(富田隆 より)

ヒローインタビュー

私自身はだいたい思ったところに投げられました。野手が先取点を取ってくれたことで、気持ちに余裕を持てた。それでこういういい結果になったと思います

ワイルドキャッツ 岩田祐輔 さん(富田隆 より)

今日は相手がすごい良いピッチャーだったんで、打つべき球を絞っていった。そういう攻撃ができたことがよかったんじゃないかな。次に向けて、さらに調子を上げていきたいと思います

MES.TOKYO 角谷康之 さん (富田隆 より)

今日は初めから胸を借りるつもりで臨んだ試合。いい経験ができたと思います。とにかくランナーが出なかった。残念です

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る