高橋が投打に活躍!「末廣野球」でダブルヘッダー2連勝!

20141214_スパイダース vs 末廣ヌードルズ

スパイダース  vs 末廣ヌードルズ  (2-4)

2014年12月14日 大宮けんぽグラウンド

担当:吉田将来  撮影:大倉慶亮

1 2 3 4 5 6
2 0 0 0 0 0 2
0 2 0 1 1 4

 

末廣ヌードルズ・スパイダースともにチームの2014年最終戦を勝利で飾ろうと意気込む大宮健保でのダブルヘッダー第2戦。両者のプライドがぶつかり、またも3回まで2-2という接戦となりました。この試合を制したのは、終盤勝負強さを発揮した末廣ヌードルズでした。4回に2番斎藤選手のレフト前のタイムリーで勝ち越すと、5回には高橋選手が左中間へのソロホームランでダメ押し。末廣ヌードルズの2連勝で「冬の大宮決戦」は幕を閉じました。

■2回に着火!「強打の末廣」
第1戦終了後のインタビューで「末廣らしさ出していこう」と語った大澤監督。2点ビハインドで迎えた2回にその「末廣らしい」強打が炸裂します。先頭の4番五十嵐選手がフォアボールで出塁すると、続く石井選手が三遊間を痛烈に破るヒット。そして、ダブルスチール。高橋選手の豪快な犠牲フライ。鈴木選手のセンター前へ落ちるタイムリー。目にも止まらぬ「ラン&ガン」の攻撃で同点に追いつきました。

■毎回出すランナーを食い止めたスパイダースの堅守
毎回ランナーを許す苦しい展開も、スパイダースは野手陣の堅い守りでバッテリーを盛り立てました。特に3回4回と先頭打者を塁に出すも、サードの野瀬選手が合わせて4つの打球全てを落ち着いてさばきます。スパイダースの野手陣はこの試合、ノーエラーで試合のテンポを作りました。

■投げては6回完投、打っては豪快なホームラン!大活躍の高橋選手
この試合1番の輝きを見せたのは高橋選手でした。投げる方では初回こそ2点を許しますが、2回以降はランナーを許しながらも要所を締めるピッチングで無失点に抑えます。打っては2回の犠牲フライに続き、左中間を豪快に破る打球を放ち、一気にダイヤモンドを一周。G-LEAGUE自身初ホームランで試合を決定付けました。

 

試合後インタビュー

末廣ヌードルズ 高橋孝平 さん(吉田将来より)

■打ってはホームラン、投げては6回完投勝利

-ホームランの打席は何を考えていましたか?
基本何も考えていないです。0割台なので。

-来季へ向けて目標を一言!
来季に向けて打率を挙げられるように頑張ります。

-6回 安打2失点の好投の要因は?
基本スライダーがストライク入らないのと厳しいので、初回苦しんだんですけど、2回以降スライダーが入るようになったので良かったです。
ボクと対戦するバッターはスライダーだけ狙っていれば良いと思います。笑

-それはコメントに載せて大丈夫ですか?
大丈夫です!

末廣ヌードルズ 石井貴志 さん(吉田将来より)

-試合を振り返って
最終戦ということで勝ててよかったです。寒くて自分たちもスパイダースさんもやりづらかったと思うんですけど、怪我なくやれたというのが1番だと思います。

-2015年へ向けて一言
今年結構雨で試合がつぶれてしまったので、来年は天気に恵まれてやっていきたいなと思います。

スパイダース 竹淵大樹 さん(吉田将来より)

-試合を振り返って
まず、悔しいの一言に尽きます。先日まで地元のリーグでもG-LEAGUEでもチームの調子はよかったのですが、最後の最後で力の差を感じました。
やはりやっぱりミスが試合を決めたなと思います。末廣ヌードルズさんはボールを良く見て出塁したところを確実に捉えてくる。
付け入るスキがあった結果です。こちらも打ち勝つオーダーを組んだつもりでしたが最後は相手打線の厚みに負けたと思います。

-今後の試合へ向けて
強い相手に対してどれだけミスを誘ってそのミスをどう得点につなげるか。そして自分たちは最小限にミスを減らし、ミスのカバーをどう行うかがチームの課題だと思います。
チャンピオンシップ出場へ向けて、1月、2月からがんがん試合をし、ラストスパートをかけていきます!

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る