流れを変えた山中の4回零封!末廣ヌードルズが接戦を制す

20141214_末廣ヌードルズ vs スパイダース

末廣ヌードルズ  vs  スパイダース (5-2)

2014年12月14日 大宮けんぽグラウンド

担当:吉田将来  撮影:大倉慶亮

1 2 3 4 5 6
2 0 0 0 3 0 5
1 1 0 0 0 0 2

 

G-LEAGUE11勝2敗の末廣ヌードルズと5勝2敗のスパイダース、強豪同士の対決となった大宮健保でのダブルヘッダーの第1試合。末廣ヌードルズの照井投手・山中投手とスパイダースの植竹投手、それぞれが粘りのピッチングを見せ、2-2の同点のまま試合は終盤へ。守備から流れを作った末廣ヌードルズは5回表、四球と相手のミスを逃さず、3点を奪いこれが決勝点に。5-2で末廣ヌードルズが1戦目を制しました。

■末廣ヌードルズ、鮮やかに初回先制!
初回、スパイダースの植竹投手の立ち上がりを攻め、1、2塁のチャンスを作ります。このいきなり訪れたチャンスを逃さず、5番奈良選手が右中間を破るスリーベースを放ち、2点を先制します。先手必勝が定説の軟式野球で、経験豊富な末廣ヌードルズが鮮やかな先制劇を見せました。

■スパイダース、果敢に走ってチャンスメーク!
打力が武器の末廣ヌードルズに対し、スパイダースは機動力で応戦します。初回から果敢に走ってチーム全体で5盗塁。1番須藤選手は1回2回と出塁し、すかさず盗塁で次の塁を奪います。この須藤選手を確実に返し、同点に追いつきました。

■流れを変えた技巧派リリーフ山中
4回零封! 末廣ヌードルズは2回に同点とされ、直後も3人で攻撃を終えます。そんな嫌な雰囲気を断ち切ったのは、3回からリリーフした山中投手でした。スローボールで打者の内気を逆手にとるピッチングで、4回をわずかヒット1本に押さえます。3回4回と打者6人をパーフェクトに押さえ、5回の勝ち越しをアシストしました。

 

試合後インタビュー

末廣ヌードルズ 山中大輔 さん(吉田将来より)

■2番手ピッチャーとして4回無失点の好投

-今日の好投の要因は?
球が遅かったところですね(笑)
いつもはちゃんと投げているんですけど、ちょっと肩が痛かったので…コントロールを心がけました。
ボールが多かったのですが、相手がどんどん振ってくるチームだったので打ち取っていけました。

-次の試合へ向けて一言!
なるべく肩を直してしっかり投げれるようにしたいです。
少し申し訳ないことしたなという感じがするので、ちゃんとした野球ができるようにしたいです。

末廣ヌードルズ 大澤照明 さん(吉田将来より)

-今日の試合の勝因は?
お互いミスがでた中で、こっちは上手くミスにつけ込み得点できました。本来はうちは打撃のチーム。まだまだこんなもんじゃないので、また日々練習していきます。

-今日の継投について
始めから先発は3回までと決めていました。後は継投で山中の方でいけるところまでいこうと。
調子が悪い中でよく抑えてくれたと思います。
-ダブルヘッダー第2戦へ向けて一言!
引き続き「末廣らしさ」を出していきます!

スパイダース 竹淵大樹 さん(吉田将来より)

-今日の試合の勝負を分けたポイントは?
攻撃面は2番手のピッチャーを打ちあぐねてしまったのが1番大きかったです。
守備面はピッチャーのフォアボールが多い所ですね。1試合9個は多いです。そこで点を取られてしまったのが勝負を分けました。

-ダブルヘッダー第2戦へ向けて一言!
末廣ヌードルズさんは強いチームと前々から知っていて、目標としているチームです。今の試合ではヌードルズさんの力を感じました。
この後の試合ではヒットを重ねて、一点一点と点を重ねていきたいです。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る