海族王vsTslugger 凝縮された4回までの攻防は時間との戦い!

20141214_海族王 vs Tslugger

海族王  vs  Tslugger (1-1)

2014年12月14日 多摩川ガス橋緑地野球場

担当:渡辺陽  撮影:小池 栞

1 2 3 4
1 0 0 0 1
T 0 1 0 0 1

 

グラウンドに霜が降りる、早朝のガス橋緑地野球場。
何も遮る物がない球場の上には、雲一つない青空が広がり、澄み切った空気の中で海族王✕Tsluggerの試合が行われました。

3番キャプテン国松選手の特大ホームランで1点先制した海族王。先発の上野投手も速球と変化球を投げ分けTslugger打線を翻弄する。2回裏、そんな上野投手のわずかなスキをTslugger・6番梅島選手が見逃さず、真ん中に来たボールをライトへ。ライトからの中継プレーに勝った梅島選手はホームイン。ホームランをランニングホームランで返し同点。最終回もその梅島選手がエラー出塁で見せ場を作りますが、あと一歩及ばず、1-1の同点で両者に決着つかず。

〈海族王・3番国松選手の特大アーチ〉
海族王の1回の攻撃は、一死で2番上野選手がストレートの四球で出塁しますが、盗塁失敗で二死。海族王に攻撃の焦りを感じます。しかし、そんなプレーも3番国松選手が吹き飛ばします。2ボール1ストライクで打った4球目。レフトへ大きく飛んでいき河川敷の奥の草むらに放り込む一発で、文句なしのホームラン!破壊力抜群のパワーで1点先制!
1点もらったその裏の海族王上野投手。
『今日はピッチャーが良かった』とキャプテンが言う様に、初回2三振を奪う好投で三者凡退。

〈ホームランにはホームランでっ!〉
2回裏Tsluggerの攻撃。一死で5番梅島選手の2ストライクで追い込まれた3球目。ライトへの当たり。
『とにかく1点取ろうとガムシャラだった』と猛ダッシュ。ライトの吉野選手も慣れないポジションながらも後ろに逸らす事なく、落ち着いて捕りうまく中継プレーに結びつけます!しかし、梅島選手の足が勝りホームイン!!執念のランニングホームランで同点に追いつきます。
そして、その後もエラー出塁、7番鈴木選手の中安打、四球で満塁の大チャンス。…が上野投手は相手打者を翻弄するスローボールなどを織り交ぜ、遊ゴロでホームホースアウト。最後は三振でピンチを大胆に切り抜けスリーアウト。

〈サイドスローの梅島投手〉
2回途中から代わった梅島投手は、強襲の当たりを2、3本されますが、打たせて捕るピッチングとTsluggerの危なげない守りでその後はヒットを1本も許しませんでした。

〈最後は、時間との戦いっ!〉
『やるからにはちゃんとやりたい(記録を残したい)』
とTsluggerの島田監督。どうにか試合を成立させたい、そして勝ちたい。チーム全員の気持ちが伝わってくる最終回(試合成立が4回の為)
この回先頭の5番梅島選手。初球がショート強襲でエラーを誘い出塁。6番稲田選手の2球目は一塁への牽制。Tsluggerベンチ全員が『おおーーーっ!』と大きな声。盗塁のタイミングを読まれたせいだったのか、なんとか一塁走者がセーフで大歓声。稲田選手は凡打の間に走者を二塁に進めます。一死二塁で7番鈴木選手の打席。1ボール2ストライク4球目に二塁走者が三盗成功。得点する条件が揃った5球目。鈴木選手がバットを振り、空振りっ!しかし、ボールが後ろに逸れたっ!ホームはガラ空き。そこに突っ込んで来た梅島選手っ!!!頭からホームへ飛び込んだっ!国松捕手からボールが送られた上野投手は走者にタッチ!ホームへは20センチ程及ばず…タッチアウト。惜しくも点にはならず。その後の8番打者も三振に終わり、3アウト。時間規定により4回終了でドロー。海族王も土壇場のピンチを見事に回避しました。

〈Tslugger梅島選手・チームみんなの気持ちを乗せて〉
2回のランニングホームランも激走で、良かったのですが、最終回の出塁してからホームに至るまでのプレー。チーム全体を一体にしていました。梅島選手のプレーがチームみんなの気持ちであり、チーム全体の気持ちが梅島選手のプレーであり。結果、ホームでアウトになってしまいましたが、結果ではない、人を惹きつけるものってこういうプレーにあるんだなって思いました。

〈敬意を払って〉
試合前のTsluggerさん。サード側の線の外でノックをしてたんですけど、相手チームを待っている時間にしびれを切らせてシートノックやりたいなって雰囲気に。キレイにラインを引いてくれた審判さんに申し訳なさそうに『シートノックしてもいいですか?』って断ってたところが印象的でした。若くてノリのいいチームなのに礼儀がちゃんとしていて好印象でした。

〈海族王・上野投手のマウンド度胸〉
2回の満塁のピンチで、超スローボールを投げていたところが印象的でした。ボールの威力とスピードがあったので、効果的な1球ではあったと思いますが、あの場面で投げるには勇気がいるのではないでしょうか?

〈海族王・9番ライト〉
チーム事情で急遽出場した、海族王さんのライトの女性選手はとても良かったです。ライトでの守備機会が1度あったのですが、中継プレーにスムーズに繋げていたところ。バッターボックスで構えている姿もカッコよかったです。あの姿を見て、他の女性も『私もやりたいっ』て思うんじゃないでしょうか?

〈プロの技〉
スポーツに欠かせない審判さん。この試合担当の審判さんはソフトボールの全日本の試合にも参加した事があるらしく、高山樹里選手のボールもジャッジしていたとか。グラウンドのラインを糸巻きみたいな道具でくっきりキレイに引いて下さり、審判とはの極意を色々と教えてもらいました。G-LEAGUEで会う審判さんは個性豊かで面白いです。

 

試合後インタビュー

Tslugger 島田拓実 さん(渡辺陽より)

Q.試合を振り返っていかがでしたか?
A.試合の開始が遅れたのもあって、平常心ではなかったのですが、そんな中でも(みんな)準備してくれていいゲームができたと思いました。
Q.球場に来てから試合開始までの時間が長かったと思いますが、気をつけていたことはありますか?
A.とりあえず、体だけは冷やさない様にノックとかして体を動かしていました。
Q.2回に梅島選手が同点ホームランを打って活躍されました。監督的には誰かいい選手はいましたか?
A.僕の中では高崎君が一番良かったと思います。
Q.どんなところが良かったですか?
A.初心者なりに頑張ってくれた所と、選球眼が良かった。あとランナープレーがわからないのに(僕を)頑張れって応援してくれた所も良かったです(笑)
Q.今日は同点という事で連勝にはならなかったのですが、いいゲーム展開でした。次に向けてどう戦っていきますか?
A.ホームランをもっと打って、(相手には)打たれない様に頑張りたいと思います。

海族王 国松省弥 さん(渡辺陽より)

Q.お疲れ様でした。同点試合となりましたが、キャプテンとして試合を振り返っていかがでしたか?
A.今日はピッチャーの調子が良くて、全体的に良かったと思いますけど、レギュラー陣が来れなかった事もあり守備もあまり良くなくて、人数がいなかったのも残念でした。
Q.チーム事情もあり急遽、女性のスタメン起用となりましたがいかがでしたか?
A.ライトフライの落下点に入れたので良かったと思います。
Q.その後の中継プレーもスムーズでしたよね?
A.良かったですね。
Q.何点くらいあげられそうてすか?
10点満点中、9点ぐらい。
Q.打撃陣も好調に見えましたし、ご自身もレフトへ大きなホームランを打ってましたよね?
A.(打席では)打てる気しかしてませんでした。
Q.打った感じはいかがでしたか?
A.来たなーって思いました。
Q.以前、宍倉監督が国松選手の事をエースだと言ってましたが、最近、捕手が多い印象ですが?
A.今日はキャッチャーがいないのと、今は肘の調子が良くないので、とりあえず、ピッチャー控えめで行きたいかなと思ってます。
Q.では、次の試合に向けての目標などお聞かせ頂けますか?
A.今年はこれで終わりなので、来年のG-LEAGUEでは活躍してみんなで勝ちたいです。
Q.肘を早く治してまた、エースとしてのピッチングを楽しみにしています!

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

G-LEAGUE

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る