和田町ヤンキース 最終回の満塁逆転のピンチを抑え、逃げ切り勝利

20141213_乱気竜 vs 和田町ヤンキース

乱気竜  vs  和田町ヤンキース (3-4)

2014年12月13日 多摩川六郷橋緑地野球場

担当:清水宏美  撮影:小池 栞

1 2 3 4 5 6
0 0 0 1 1 1 3
1 1 1 1 0 4

 

最終回、2点を追う先攻の乱気竜が、一死満塁のチャンスを作り出す。バッターは兵頭選手、カウントは1-3で和田町ヤンキースの松井投手を追い詰めた。ベンチから「狙い玉いっこでいいよ」の声が飛ぶ。松井投手、気迫のピッチング!も、ボール。フォアボール押し出しで同点!
逆転に王手をかけ、二死でバッターボックスに立ったのは、小畑選手。今度はカウント2-2で追い詰められた。そして、次の投球、バットが白球をとらえる!も、セカンドゴロで敢えなくアウト。和田町ヤンキース松井投手が打ち取って終了、逃げ切り勝利となった。

▪︎和田町ヤンキースの投手リレー
年内最終戦の今日、和田町ヤンキースは、投手を5人起用。来年を見据え、投手の駒を増やすのが目的とのこと。
栗栖投手・江川投手は安定のピッチングを披露。江川投手は、奪三振3つで5分でイニングを終わらせる好調ぶり。
4回に登板の寺本投手は大暴投が発生するものびのびと、5回の牛越投手はテンポの良いピッチングをみせた。
最終回を見事抑えた松井投手は、冒頭でも触れたように、ピンチを最終的にしっかり抑え、今後の活躍を感じさせて試合を締めた。

▪︎乱気竜 クリーンナップへの期待
打撃がなかなか奮わずの乱気竜だったが、最終回では3番若林選手・4番石川選手が連続でヒット出塁し、逆転へのチャンスメイクを行い、試合の見せ場をつくった。結果として今日は逆転叶わずだったが、次はさらも逆転までつなげる勝負強さを期待したい。

 

試合後インタビュー

和田町ヤンキース 牛越玄太郎 さん(清水宏美より)

ー初回の打席、見事先制点を決めました。どのような気持ちで打席に入りましたか?
ランナーが2人いたので、2人とも返そうと思っていました。

ー一巡目でしたが、狙い玉はありましたか?
相手ピッチャーのストレートを狙っていました。

ー三遊間で、サードがとれずに抜けました。球は狙い通りに飛んだのでしょうか?
はい。狙い通りでした。

ーバッティングの出来は総合的にいかがでしたか?
相手ピッチャーがよくてタイミングを取りづらかったのですが、粘ってがんばれました。

ー4枚目の投手としての登板もされました。ピッチングはいかがでしたか?
普段ピッチャーをやっていないので、やってみて、難しいなと思いました。
キャッチャーの構えたところに投げ切るのが難しかったです。

ー今後も期待できそうでしょうか。
たぶん今日のでクビだと思います(笑)。

ー今日で最初で最後かもしれないということですね。良かった点はありましたか?
テンポだけは割と良かったと思います。

ーでは、最後に喜びのコメントをお願いします。
今シーズンいい形で終われたので、来シーズンもがんばりたいと思います。

和田町ヤンキース 本郷友洋 さん(清水宏美より)

ー本日はおめでとうございました。勝因を教えてください。
相手のミスにもつけ込めて得点できたのが一点、守備位置をいろいろと試していく中で、しっかりノーエラーで終えられたことが一点です。

ー今日は、投手リレーや守備位置の配置換えを頻繁にされていましたが、意図や試したいポイントがあったのでしょうか?
今シーズンの最終戦ということと、来年に向けて投手の駒を増やすということと、複数ポジション守れる選手を増やす、という3点から色々と変えていました。

ー新しく投手として起用されそうな方はいましたか?
来年も栗栖と江川が中心になると思いますが、最後に投げた松井が短いイニングでも投げられるといいのかなと思います。

ー最後に喜びのコメントをお願いします。
もうちょっと得点できたかなと思いますが、攻守ともに鍛えて、2015年は去年獲れなかったタイトルも獲れるようにがんばりたいと思います。

乱気竜 若林輝樹 さん(清水宏美より)

ー本日の試合を振り返っていただけるでしょうか。
初回から点をとられてしまい、4回まで1点ずつとられてしまいましたが、うちのチームはピッチャーが少ない中で、橋元くんが頑張って投げてくれて、1点で抑えられたのはよかったです。
点とられたものの、最後満塁のチャンスをつくれたのはよかったです。

ー次にどのようにつなげていきますか?
今日、守備がぽろぽろとミスをしてしまったので、しっかり集中して、寒いですがウォーミングアップもしっかりして、やっていきたいと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る