芝中おーたず 安田初勝利!

20141130_芝中おーたず vs 蒼天

芝中おーたず  vs  蒼天 (3-0)

2014年11月30日 大宮けんぽグラウンド

担当:清水宏美  撮影:大倉慶亮

1 2 3 4 5 6 7
1 2 0 0 0 0 0 3
0 0 0 0 0 0 0 0

 

序盤で点を挙げ、試合が進むにつれ守備の調子を高めた芝中おーたずが、逃げ切り勝利した。
安田投手は7回を投げきり完封、リーグ初勝利を飾った。

▪︎クリーンナップが序盤から機能した芝中おーたず
初回、ダブルヘッダー1試合めでもヒットを打ち好調な吉田選手が出塁したところを、4番小平選手が宣言通りの(宣言はホームランではあったが)タイムリーヒットで先制点をあげる。順調なクリーンナップは、2回にも3回森選手のセンターを大きく超える二塁打で、2打点。森選手は貪欲に三塁まで走ったが、あえなくアウト。

▪︎試行錯誤の蒼天
蒼天も、2回に満塁のチャンスをつくるなど、追い上げを狙う。しかし、もう1本がなかなか出ずに苦戦。3回以降は、芝中おーたずの守備になかなかランナーが進まなかったが、田中監督の「いろいろ試している」という言葉通り、チーム内で声を掛け合いながら試合を進める様子が伝わってきた。

 

試合後インタビュー

芝中おーたず 安田優作 さん(清水宏美より)

■本日完封の安田投手にヒーローインタビューです。

ー本日の完封勝利おめでとうございます。ピッチングを振り返ってどこら辺が良かった点でしょうか。
あと一本を打たれなかったというところと、あとは守備のおかげです。全然自分は何もやっていないです。

ー後半すごく調子が出てきましたね。ストライクもどんどん入って。
キャッチャーの指示に従って投げていました。あとは守備に助けられました。
普段は守備から崩れてしまうことが多いのですが、今日は守備が良かったので、投げやすかったです。

ー打撃の方ですが、途中犠牲フライならずの惜しいシーンがありましたが、あの時はどのような気持ちで打席に入りましたか?
ランナーがちょっと無理してくれたので、もう少し遠くに飛ばせればと思います。

ーG-LEAGUE初勝利ですね。
防御率だいぶよくなったかなと思います。

ー最後に、喜びのコメントをお願いします!
連敗から脱出して、こういう野球ができるチームなので、最後まで集中を切らさずにがんばります!

芝中おーたず 小平謙伍 さん(清水宏美より)

■芝中おーたずの小平さんにお話を伺いました。

ー今日の勝因を教えてください。
第一に、ピッチャーです。ダメ元のような感じで投げさせたのですが、それが意外とハマって新発見でした。

ー安田さんは普段あまり投げないのでしょうか。
はい。1人予定していた投手が「肩が痛い」と言いだしたので、安田いってみようということになりました。

ー安田さん、後半から調子が出てきましたね。
最初は緊張してたんじゃないかなと思います。

ー周りの声がけや、野手のファインプレーが助けたということでしょうか。
いや、あくまで本人ががんばったのだと思います。野手は当たり前のことをしただけなので。今日のピッチングが出来たのは安田のすごさだと思います。

ー打撃の方がいかがでしたか。
それはやはり、期待に応えましたね。僕が打ったので。初回に。

ー見事なタイムリー二塁打でした。
あれが決め手かなと思っています。狙い通りでした。

蒼天 田中亮 さん (清水宏美より)

■蒼天の田中監督にお話を伺いました。

ー試合を振り返っていかがでしたか。
最近は、先行されて後から追いつくというパターンが意外と多かったので、今日も諦めてはいなかったのですが、ちょっとツキがなかったかなという感じです。

ー得点圏にランナーを送ったり、満塁のチャンスをつくったりもありましたね。
序盤ですよね。そこで1点でも入っていて、後が0点に抑えられてれば、なんとかなったと思うのですが。

ー今回はそこの部分で一歩及ばず、ということですね。
そうですね。

ー投手が2人登板しました。出来はいかがでしたか?
1人目は、もともと浮き沈み激しいので、あんなもんかなと。2人目はけっこう収穫でした。意外と相手がタイミング合っていなかったので、また投げてもらえればと思います。

ー年内もう1試合考えられているということで、意気込みをお願いします。
今いろいろと試しているところなので、勝ち負けのみにこだわらず、若い人も結構入ってきているのでうまくはめていって、守備からリズムをつくって、打撃もよくして、つくりあげていきたいです。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る