クライマックスは最終回に。真っ向勝負の劇的幕切れ

20141124_yawaraka vs 松岡シーレックス

yawaraka  vs  松岡シーレックス (3-3)

2014年11月24日 多摩川ガス橋緑地野球場

担当:渡辺陽  撮影:大木洵人

1 2 3 4 5 6 7
y 0 1 2 0 0 0 0 3
1 0 0 1 0 0 1 3

 

1回の松岡シーレックス鈴木(誉)投手の立ち上がりは、全て投手がさばく三者凡退で完璧に抑えます。そして、その裏の攻撃は先頭打者の武藤選手が8球目をライトへ安打。次の打者の3球目で盗塁。2番川原(靖)選手は四球を選び、そのボールが暴投で一、三塁。次の打者の1球目で川原(靖)選手が二盗。無死二、三塁のチャンス。3番平山選手がフルカウントまで粘って6球目がサードゴロ。走ってきた三塁走者をホームアウトで一死。…が、4番松岡選手をストレートの四球。これで満塁。迎えたバッターは5番鈴木(誉)選手。4球目打ったボールはセンターとライトの間に転がりタイムリーヒット。1点先制されます。まだ一死で満塁。6番矢吹選手が4球目を打つ。投手の前に短く飛んだ当たりっ!大西投手が河川敷の土に足をとられながらもキャッチ。三塁ランナーが飛び出している。不安定な体勢でしたが、サードへすぐ送球しダブルプレー。満塁のピンチを守備能力の高さでカバーします。
2回表、yawarakaは塁に出るも得点圏にランナーを置けないまま二死。ここで、1試合目のヒーロー、7番大西選手。初球をセンターへ弾き返しヒット。足の早い一塁走者の松本選手は三塁へ進塁で一気に一、三塁。8番小山選手も初球を打ってサードゴロでしたが、エラーが発生し同点に追いつきます。9番前田選手の打席で暴投があり二、三塁。4球ファールを打って粘りますが7球目を三ゴロでスリーアウト。シーレックスも1点しかやりません。
追加点を取ったのは3回のyawaraka。打順が一巡して1番歌津選手が死球で二塁。暴投があり、二死三塁。ここで、頼れる4番打者が帰ってきました。渡邉(大)選手がライトを超えるタイムリー二塁打。チャンスをガッチリ掴みます。その後もエラーで得点でこの回2点。
2回から代わったyawarakaの小山投手を前にシーレックスは二回、三回を三者凡退に抑えられましたが4回。一死で前の打席に先制打を打っている5番鈴木(誉)選手が四球。6番矢吹選手の1球目で盗塁。そしてエラーが発生し、処理の間に二塁走者は生還で1点差っ!
5回は四球で出塁しては盗塁、ダブルスチールを成功。打席では最低でも3球は投げさせる徹底ぶりと、6回は7番橋本選手の8球粘って三塁打と三塁までは行くものの点が取れず。守りでは4回から登板の池田投手が内角攻めでまともに塁に出さずいい流れを呼び、いよいよ決着は最終回の攻撃のみ。力と技の勝負が始まります。
早速、先頭9番梅田選手がライトへ二塁打で同点のランナーが出ます。1番武藤選手が打った初球をセカンドが触れますが捕れず……!ライトへボールが転がりヒットで一、三塁。ここで松本捕手がタイムでマウンドに行き、一つの決断をします。『小山のフォアボールはないだろう、という絶対の信頼があった』と松本捕手。迎えるは2番川原(靖)選手。まさかの敬遠の満塁策にシーレックスベンチが騒然…。構える川原選手も人生初の敬遠で心高ぶりながらも一塁へ進塁。どっちが優勢なのか劣勢なのかわからなくなった空気の中。3番打者に対してファール、空振り、ボールで4球目。ショートへの当たり。三塁走者が駆け込んで来てホームへバックホー厶!審判の右手が、上がりアウト!何度も繰り返されてきたホームで仕留めるyawarakaの守備力がここでも発揮されます。それでもまだ一死になっただけで満塁の状況は変わらず。4番打者を迎えファール、ボールと続いた3球目。シーレックスも仕掛けてくる!エンドランっ!バッターは空振り、松本捕手は突っ込んできた三塁走者に自らタッチしアウトで二死。ムダな動きは一つもなく、信じられないプレーの連続。二死になって両チーム五分五分。ここに目に見えない空気が漂った。走者一、二塁に変わって4球目。池田選手が打ったボールは前に守っていたセンターを越え二塁打。二塁走者生還で同点!後一人が還ればサヨナラっ!一塁走者が三塁を回ろうとした時、外野からボールが返される。センター安藤選手の懸命なバックホー厶で何とか何を逃れる!尚も二、三塁でバッテリーの判断はここでも敬遠。誰もがフォアボールと思った2球目。バッターは5番鈴木(誉)選手。ボール球を振ってストライク!まさかの挑戦状。ここで、受けて立たない小山ー松本バッテリーではありません。お互いに勝負に行った3球目!小山投手のストレート、鈴木選手のバットにボールが当たる……飛んだボールは、今日、再三キャッチャーフライを捕りあぐんでいた松本捕手上へ。短いフライとなりましたが慌てず捕ってスリーアウトっ!全力で戦った両チームに勝ち負けはなく、7回引き分けでこの戦いの幕引きとなりました。

最後に真っ向勝負があったせいか、逆転できたかもしれなかったシーレックス、リードを守り勝てたかもしれなかったyawarakaの間には不思議とわだかまりもなく、清々しい風が流れていました。松岡シーレックスさんが『ありがとうございました。またお願いします!』とグラウンドを後にされたのを見て、改めていい試合だったと確信しました。

〈松岡シーレックスの粘りと機動力野球〉
上記のレポートでシーレックスさんの攻撃だけ何球目に打ったかと盗塁したタイミングを書きました。打者一人一人が粘り、投手に多く球数を投げさせていたかと、塁に出てはすぐ盗塁を徹底していた事がわかりました。これだけ緊迫したゲームになった大きな要因だと思いました。チーム全員が素晴らしかったです。

〈登板した二人の投手〉
シーレックスの先発鈴木(誉)投手、4回から登板の池田投手。松岡監督の言っている通り、投手の自責という点数の取られ方ではなかったと、相手に流れを与えないナイスピッチングでした。
打撃でも1回の鈴木選手の先制打。最終回の池田選手の土壇場で同点に追いつく二塁打と鈴木選手の敬遠の場面でバットを振り、勝負を要求した姿は最高にカッコよかったです。

〈チャンスに点を与えなかった守備力〉
外野も内野も大忙しだったyawaraka。何度か外野にボールが飛んでは、失点するのではないかという思いがあったのですが、懸命のバックホー厶により阻止していました。外野って内野に比べなかなか好プレーのタイミングが少ないですが、外野も含めてよく守ったと思います。
ホームクロスプレーも2回あっていずれもアウト。三塁にランナーがいてもお構いなし、難しいプレーが何度も当たり前に行われていました。

〈最終回の敬遠策、そして真っ向勝負〉
最終回の無死一、三塁。
『一塁ランナーが走るのはわかってたので、塁を埋めた方が守りやすいと思った。』と松本捕手。敬遠で満塁策をとる。守備に自信があるからこその大胆な決断。
そしてその、作戦はズバリ的中。小山投手と守備陣に対しての信頼感が伝わりました。更に驚きはそれだけではなく、鈴木選手の打順の敬遠の場面にバットを振って、そこから真っ向勝負に切り替えたところが、男同士の戦いの素晴らさを感じました。両チームの一体感を生んだ重要な場面だったと思います。

 

試合後インタビュー

yawaraka 松本修太郎 さん(渡辺陽より)

Q.本日、Wヘッダー2試合目となりました。お疲れ様でした。
A.お疲れ様です。
Q.2試合目は同点でしたが、試合を振り返っていかがでしたか?
A.緊迫感のあるゲームができて良かったなと思います。ピンチが多かったんですけど、要所、要所で締めて、しっかり守備をして失点を防げたところも良かったのかなぁと思います。
Q.初回に先制されて、相手投手も良かったですし苦しい試合展開が予想されましたが?
A.すごいリズムが悪かったんですけど、満塁から1点にしのげた(1回に1点先制された場面)所が大きかったのかなと思います。
Q.最終回の守りで1点差、無死一、三塁の絶対絶命のピンチに敬遠という選択をされましたが?
A.一塁ランナーが走るのはわかってたんで、どうせ二、三塁になるなら一塁を埋めて満塁にした方が守りやすいかなと思って。後、小山(投手)はフォアボールがないだろうという絶対の信頼があったので埋めちゃいました。
Q.小山投手の球を捕手として受けられていてどうでしたか?
A.今日は、ちょっと変化球がイマイチだったのかなと思って。でも、ストレートはキレがあって構えた所にボールがくるのでキャッチャーやってて面白かったです。
Q.1試合目も7回まで試合をして2試合目と、疲れはなかったですか?
A.試合中はみんな集中してたので、なかったのかなぁと思いますけど、終わってすごい疲れたかなぁと思います。
Q.2試合目も同点で負けではないんですが、勝った試合と負けた試合の違いは何ですか?
A.メンバーが違うのもあるんですけど、勝てない時は打てない事が多いのかと思います。あまりヒットが出るチームではないので、何とか塁に出るという事が出来るか出来ないかが得点に関わってくるのかと思います。
Q.今日は久々に渡邉(大)選手が二塁打の活躍でしたが?
A.この前も調子が悪くて1試合目も良くなかったんですけど、ヒットが出てこれから調子が良くなってくんだと思います。
Q.今日、ご自身も捕手としていい動きをされてましたが?特に、最終回は三塁走者を刺して二死に追い込み、最後の打者の捕飛とってましたよね?大事な場面でのファインプレー、見事でした!
A.もっと前のを(何度か同じ捕手へのポップフライ)捕りたかったんですけど、ようやく捕れました。
Q.捕手というポジションは体にボールが多く当たったり、大変だと思うんですけど?
A.なかなかやる機会がないんですけど、やってみると楽しいので良かったです。
Q.では、次の試合に向けての意気込みをお願いします。
A.今日はWヘッダーで1勝1分けで、次も自分達の野球をして勝てたらいいなと思います。

松岡シーレックス 松岡忍 さん (渡辺陽より)

Q.今日は、緊迫した試合展開になりましたが、まず試合を振り返っていかがでしたか?
A.今日は、ピッチャーがとにかく良かったですね。ほとんどピッチャーの自責点という点の取られ方はしてないので、よく踏ん張ってくれたと思います。
初回はもうちょっ点がとれると思ったんですけど、1点で終わっちゃったんで苦労をかけたんですけど、よく抑えてくれたと思います。
Q.その投手陣に守られながら、打撃では何回もチャンスがありましたが?
A.そうですね。あと1本が出なかったのが厳しい試合になったんだと思います。
Q.作戦はありましたか?
A.今日は、足でなんとかかせいでこうと思っていて、走るサインとかエンドランを出してたんですけど、相手ピッチャーが良くてカウントがなかなか悪くなってくれなくて。
Q.最終回、池田投手も4回を無失点で抑え、逆転するにはいいムードでしたが?
A.そうですね。ノーアウト満塁だったんでもう少し何かできたのかと思います。とにかく相手のピッチャーのコントロールが良かったので、作戦がとりにくかったです。
Q.その中でも敬遠という珍しい場面がありましたが?
A.初めて見ましたね(笑)
Q.では、次の試合に向けての意気込みをお願いします。
A.久しぶりにG-LEAGUEの試合に参加したんですが、次はぜひ、勝ちたいと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

G-LEAGUE

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る