投手4人を投入。yawaraka今日も守備で勝つ

20141124_フロンティアーズ vs yawaraka

フロンティアーズ  vs  yawaraka (2-6)

2014年11月24日 多摩川ガス橋緑地野球場

担当:渡辺陽  撮影:大木洵人

1 2 3 4 5 6 7
0 0 0 0 2 0 0 0
y 1 3 0 1 0 1 6

 

土日の快晴とは違って、厚い雲の隙間から晴れ間がたまに差し込む天気の中、4/29以来のG-LEAGUE参戦とるフロンティアーズと、Wヘッダー1試合目のyawarakaが対決。

先攻はフロンティアーズ。1回先頭打者の遠山選手が打った4球目。ショートとレフトの間に落ちヒットで出塁。しかし、すぐにyawarakaはゲッツー体制。2番打者を投ゴロでピッチャー迷わず二塁へ送球。1-4-3と渡り注文通りにゲッツー。ランナーを出しても堅実な守備を武器に立ち上がりを4人で抑えます。
そのyawarakaの1回の攻撃。1番坪井選手がエラー出塁すると、二盗、三盗を決めチャンスメイク。一死三塁で3番小山選手のショートゴロでしたが、エラーが出て三塁走者生還して1点先制!
味方のエラーで先制点を奪われたフロンティアーズの川上(拓)投手。続く4番、5番は投ゴロ、投飛で抑えマウンドさばきを魅せます。
その後、ヒットとエラーで点を加えていくyawarakaが5回にピンチを迎えます。この回先頭の6番川上(俊)選手。『還暦前のいい記念になった』とライトへクリーンヒット。7番山口選手、8番西原選手が四球とエラーで2人還り、3点差にします。6回には5番福田選手がセンターへクリーンヒットを打ちますが、yawarakaの小刻みな投手継投にリズムが掴めず。最後は小山投手が三者凡退で締め、6-2でyawarakaがWヘッダー1試合目を白星スタート。

〈ギリギリの人数の中でも勇気あるプレー〉
今日一番印象に残ったのが、今日のヒーローyawarakaの先発大西選手の2回の打席。一塁へのゴロでしたがヘッドスライディング。結果、内野安打でその後の得点につながりました。『今日は、一生懸命やるのが目標』と一塁ベースで叫んでいる姿が輝いていました。投手としても3回を投げ1安打2奪三振。1回に併殺を完成させ、大きな体でも機敏なフィールディングを魅せました。

〈攻撃的守備〉
野球にこういう表現があるか分かりませんが、yawarakaの魅力の一つとして守備力があります。例え、ランナーを一塁に置こうがすぐにゲッツー体制。ランナーが盗塁すれば、小山捕手が刺す。ランナーが三塁にいようがお構いなしで、最後はホームクロスプレーでアウトを捕る。塁上に人がいればいる程、yawarakaの好プレーが見られます。

〈好投川上(拓)投手と西原キャプテン〉
久々の試合との事で、守備の不安定さが序盤に出てしまったフロンティアーズ。そこをしっかり踏ん張っていたのがサウスポーの川上(拓)投手。ミスで点を取られても崩れる事なくゲームを作り7回を完投しました。ナイスピッチングでした。そのチーム全体を引っ張っていたのが、先発マスクの西原捕手。投手に負担がかかる状況に一球一球「いいボール!」など声をかけ励ましている姿を見て本職が捕手でないのは驚きでした。また、ミスした守備陣にもしっかりとフォローで声がけをしてチームの不穏になりがちな空気を払拭。最後までプレーを、楽しめる空気作りをしていたのはプレーヤーとして、キャプテンとして素晴らしかったです。

〈ゲッツー返し〉
守備に苦戦するなか、一人もくもくと来た球を処理するショートの遠山選手。守備機会が多かったのですが安定していました。2回にはショートライナーを捕って飛び出した三塁走者をアウトにする併殺も完成させ、1回のダブルプレーのお返しをしていたところが良かったです。

 

試合後インタビュー

yawaraka 大西勇人 さん(渡辺陽より)

■まず、Wヘッダー1試合目のヒーローは、一塁への気迫が伝わるヘッドスライディングで内野安打で1得点と、投げても3回を無失点に抑えました、大西選手に来ていただきました。

Q.まず、先発投手として振り返っていかがでしたか?
A.先発を言われたのが30分前で、なんの準備も出来ていなくて、どうしようかと思ったんですけど、それが逆に力まなくて良かったと思います。
Q.出来は何%くらいでしたか?
A.ストライクも入ったので70%くらいです。
Q.2回に気迫が伝わるヘッドスライディングの結果、内野安打となりましたが何か考えていたことはありますか?
A.前回の海族王戦とその前のトンネルズ戦で考え過ぎてうまくいかなかったケースがあって、今日は、思い切り振ろうと決めていました。思い切りやった結果ボテボテになってその勢いで頭からいったって感じですね(笑)
Q.投手で今日は、9人しかメンバーがいないという状態で、ヘッドスライディングは勇気がいったと思いますが?(大笑)
A.何も考えてなかったですね(笑)
Q.全体的に試合を振り返っていかがでしたか?
A.福田将平と小沢といない中で、どうにかまわしていかないといけないところでうまく回せたのはチームにとって良かったと思います。
Q.ご自身で印象に残っているプレーはありますか?
A.(2回の)松本監督のセンターフライ。あれはさすがに抜けたと思ったので、本当に助けられました。
Q.試合で心掛けてることはありますか?
A.僕は中心選手の様な存在ではないんです。打率を稼いだりホームラン打てるわけでもないので確実にできることを確実にすること。例えば、打率2割5分でヒットを打つよりも8割の確率で内野ゴロを打って1点取った方がいいケースって絶対あると思うんですよ。そういうところで絶対できることを失敗しないと言う事。
Q.守備ですが、トンネルズ戦でライトを守ってましたよね?そこでも矢の様な送球でいいプレーが見れましたが?
A.元々ファーストなんですけど、渡邉大貴がいる関係で中学校2年以来の外野で素人に近いんですけど。
Q.本当ですか?あのプレーはとても印象に残っていて、今回、ヒーローとしてお話させてもらえてよかったです。
A.そう言ってもらえるのは有り難いです。
Q.熱く語って頂いてとても勉強になりました。では、次の試合に向けての意気込みをお願いします。
A.次の試合(Wヘッダー2試合目)も先発という事で、試合を壊さないように、バックを信頼して、(打撃では)打てるように頑張ります。

yawaraka 松本修太郎 さん(渡辺陽より)

Q.Wヘッダー1試合目、またも勝利で飾りました。おめでとうございます。
A.ありがとうございます。
Q.試合を振り返っていかがでしたか?
A.ピッチャーを何人もつぎ込んだんですけど、その中でも追加点をちょこちょこ取って行けたのが良かったんだと思います。
Q.勝因は何かありますか?
A.エラーがほとんどなかったので今日も守備から入ってきたのかなぁと(リズムを作って攻撃に繋げた)
Q.いつも監督が仰っている『守りから流れをつかんで勝った』という意味が少しわかりました。守備のうまさは強みなんだなぁと思いました。
A.ありがとうございます。
Q.相手がエラーをして失点するところをyawarakaさんは守り切る。逆に相手のミスや自分たちの攻撃で点を取るって事なのかと思ったんですけど‥‥
A.そうですね‥‥はい(苦笑)
Q.打撃に関してはいかがでしたか?
A.左ピッチャーとの対戦がなかなかないので打ち倦んでいたのと、途中からみんな大振りになっていたところを2試合目に修正したいと思います。
Q.今、順調に勝ち進んでますが理由は何だと思いますか?
A.レギュラー争いも激しいので、みんな必死になってやっているところと、試合をコンスタントに組めているので試合勘を保ててるのが大きいのかなと思います。
Q.ご自身は今日は本業のセンタースタートで、ナイスプレーがありましたが?
A.大きいのが飛んできてビックリしたんですけど、あれを捕らないと役目がなくなってしまうので、捕れて良かったです。
Q.いつもいないポジションをご自身で埋めたり大変だと思いますが、監督業で大変な事はありますか?
A.一番大変なのはメンバーの日程調整です。
Q.最後は捕手に入ってましたが、別のポジションに入ることは大変ではないですか?
A.緊張するんですけど、楽しんでやっています。
Q.わかりました。では、この後2試合目が待ってますが意気込みをお願いします。
A.次もうちらしさ(守りからリズムを作る)出して勝っていきたいと思います。

フロンティアーズ 川上俊郎 さん (渡辺陽より)

Q.今日の試合を振り返っていかがでしたか?
A.最終戦だったので、楽しくやれたかなと思います。ケガなく終われて良かったです。
Q.先発の川上(拓)選手が好投されてましたが?
A.最近投げてないので、最後の方はスピードが落ちたかなと思いますけど、出来としてはいいんじゃないですか(笑)
Q.最初の方は守備の乱れがありましたが、途中から併殺をとったり守備が安定してきて良かったと思いますが?
A.1ヶ月程試合をしてなかったので、試合勘が戻るのが遅すぎたと思います。
Q.打線はいかがでしたか?
A.相手ピッチャーの制球が良かったのでなかなか難しかった。
Q.ご自身は5回に先頭打者でライトへヒットを打ってますが?
A.あれはまぐれで(笑)久々にランナーにで出て息切れしました。
Q.打席に立った時はいかがでしたか?
A.久々だったので来たものを打とうと思いました。
Q.いい当たりでしたが?
A.ヒット打ったなって感じでした(笑)ラッキーでした。
Q.その後、ホームまで還ってきましたが?
A.ランナーに出るのも久々だったので足がもつれてました(笑)もうちょっとで60(歳)になるので、還暦前の最後のヒットだったかと思います。
Q.監督のヒット皮切りにそこから2点取ってますよ!いい記念になりましたね?
A.そうですね(笑)
Q.監督として今日、良かった選手はいますか?
A.しいて言えばピッチャーですね。でもみんな楽しくやってもらったので、全員が良かったと思いますよ。
Q.遊撃手の遠山選手も、先発捕手の西原選手も良かったと思いますが?
A.そうですね、キャッチャーの子は普段外野なんですけど、今日はキャッチャーがいなかったのでやってもらいました。
Q.声も良く出ていてムードメーカー的な感じがしましたが?
A.チームのキャプテンなんです。
Q.では、今日は試合納めとの事で、来年に向けての意気込みをお願いします。
Q.今日は、10人で老体もいたんですけど(笑)もうちょっと試合数を増やして、試合に慣れて、楽しくできればいいかなと思います。レギュラー陣も揃えながら頑張っていきたいと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る