相手の立ち上がりを見切ったインスパイア、初回6得点で勝負を決めた

20141122_インスパイア vs ライジングサンズ

インスパイア  vs  ライジングサンズ (8-0)

2014年11月22日 多摩川緑地野球場

担当:渡辺陽  撮影:松永英明

1 2 3 4 5
6 0 1 0 1 8
0 0 0 0 0 0

 

河川敷には珍しく無風で、好天に恵まれた秋空の下。インスパイア対ライジングサンズの試合が行われました。

『相手のピッチャーが温まる前だったので噛み合った』とインスパイア中山監督。
試合は開始4分後に動きました。先攻のインスパイア。不動の1番打者、俊足の早崎(貴)選手がエラーで出塁すると次の打者の初球で盗塁を決めます。捕手の二塁悪送球の間に三塁まで進塁。インスパイア強みの1番バッターが今日も魅せます。そして、今日のヒーロー2番佐々木選手。『先制点を意識し当てにいった』と0ボール2ストライクで追い込まれながらも大きな当たり。右中間を抜け、三塁走者の早崎(貴)選手はそのボールを眺めながらゆっくりとホームインで1点先制。ここまでわずか4分の出来事。その後も打線は途切れる事なくつながり、この回5安打、打者一巡で6得点を挙げます。
初回から味方の援護をもらった、インスパイアの先発水谷投手。打たせて捕るピッチングで立ち上がりを三者凡退。大量点関係なく自分のペースで打者に向き合い、3回までノーヒットピッチング!選手それぞれ、与えられた仕事をしっかりとこなします。

一方、『慣れない守備に戸惑った選手が多かった』とらしくないプレーが目立ったライジングサンズ。この状況を何とかしたい4回。いつも気持ちのこもったプレーでチームを引っ張っている5番大竹選手の打席。2ボール1ストライクで引っ張った当たりはライトへ真っ直ぐ飛んで、ぬけるような青い空へ吸い込まれていきます。打った本人も完璧に捕らえた事を確信したのか、打ったバットを高く放り投げ飛球を目で追いながらも懸命に走り、三塁打!気合いが伝わってきた場面でした。コールドを免れるには1点欲しいところ。しかし、後が続かずライジングサンズは好投水谷投手にこの1安打のみ。
打撃力に投手力も兼ね揃えたインスパイアに敵無し。無失点、無失策試合で完全に相手チームを封じ込めました。

〈1安打完封、打っても3安打1打点〉
インスパイアの水谷投手、無傷の4連勝。
時折、笑顔を見せるその穏やかなマウンドでの表情からは想像が出来ない大活躍。三塁に走者を置いてましたが、全く動じずマイペースが長所の1つだという印象でした。打席でも3安打。4回には相手の守りの隙をつく盗塁で攻撃でも魅せました。今日は、インスパイア初の連勝に貢献しました。

〈出塁率通算6割超え〉
今日はエラー出塁2つと内野安打で全打席出塁。塁に出てない日はない、活躍しない日も見た事がないインスパイアの1番早崎(貴)選手。塁に出してはいけないのはもちろんで、ゴロも打たせてはいけない選手です。今日も素晴らしい活躍でした。

〈今日1番の好プレー〉
5回に2番代打で登場のインスパイア、伊藤選手。三塁へ転がす絶妙なバント。捕手が捕球した時には一塁はセーフで投げれず
『打球(の勢い)を殺し過ぎたかなぁ』と伊藤選手。間近であんな完璧なバントを見たのは初めてでした。何かやってきそうだな…と予感できてるのに阻止できない選手っているんですよね。

〈監督不在のライジングサンズ〉
皆さん口を揃えて言っていたのが、
『今日は監督がいなかったから乗り切れなかった』と監督冥利に尽きる言葉。ムードメーカーでもある三平監督。今日は、お休みでした。最近はプレーでも活躍を魅せ本領発揮していましたが、チームの精神面も担っていた事がよくわかりました。次からはちゃんと出席願います(笑)

〈名誉挽回〉
慣れない河川敷に苦戦を窺い知れたライジングサンズ。その影響を受けていたのか大竹捕手。今日は珍しく守備の乱れがありました。2回の守りで再びやってきたキャッチャーフライ。仰向けになって体全体でボールを覆う様に『絶対落とさない』という気持ちが伝わってくるプレーでした。4回にも三塁打を放ち、いい選手は必ず名誉挽回をすることを印象付けられました。

 

試合後インタビュー

インスパイア 佐々木悠 さん(渡辺陽より)

Q.今日のヒーローは、試合開始わずか4分で先制の三塁打を打ちました、インスパイアの佐々木選手に来ていただきました。
まず、いきなりのチャンスでしたが打席に入った時は、何を思っていましたか?
A.とりあえず初回だったんで先制点をと思って、当てにいったらいい所に飛んでくれました。
Q.とてもいい弾道で飛んでいきましたが、狙い球などはありましたか?
A.特になく、来た球を打っただけですね。
Q.打った瞬間はいかがでしたか?
A.右中間だったのでラッキーだと思って走りました。
Q.4回には守備(ショート)でもピッチャーの守備範囲のフライを前進してよく追いついて捕球してました。
A.ピッチャーが(守備を)サボってたんで自分が捕りに行きました(笑)
Q.今日は守備も打撃も良かったと思いますが、自分的にはどちらが得意ですか?
A.日によりますね(笑)守備はあまりうまくないです。
Q.え?!本当ですか?そんな風には見えませんでしたけど
A.捕るのはいいんですけど投げるのが不得意です(笑)
Q.いつも試合をするにあたって心掛けてることとかはありますか?
A.楽しんでやるだけです。
Q.では次の試合に向けての意気込みをお願いします。
A.次もチームが勝利できるように、一人一人自分の仕事をこなして頑張っていきたいと思います。

インスパイア 中山亮 さん(渡辺陽より)

Q.今日は初の連勝となりました。まず、試合を振り返っていかがでしたか?
A.1回(大量6得点)が全てでした。
Q.大量点につながった要因は何でしたか?
A.相手のピッチャーがまだ温まる前だったので、噛み合ったのかなぁと思います。その後の回からは向こうが調子を上げてきたのでコンスタントには点が取れなくなりました。
Q.今日は作戦はありましたか?
A.1回に得点出来たので、今日はフリーにやらせてみました。
Q.今日、良かった選手はいますか?
A.9番の姉崎君は1安打打ってるし、1番に繋げるバッティングをしたんじゃないかと思います。打順を間違えたなって感じです(笑)
Q.以前、出る予定の捕手が出れず急遽捕手に据えたのが姉崎選手だったと記憶してますが、そこから正捕手になったんですか?
A.彼は元々ピッチャーなんですけど、正捕手が年くってきてすぐにバテちゃうんで若いのに変えてます。バッテリーを若くすればじじい共が頑張れるんで(笑)
Q.今日勝ってG-LBAGUE初の2連勝となりましたが、次に向けての意気込みをお願いします。
A.『柏の葉スタジアム』という千葉の素晴らしい球場で来週、試合の募集をかけているので是非G-LEAGUEで相手を見つけて今年の締めくくりにしたいなと思います。

久々に中山節が聞けて良かったです。
柏の葉スタジアムはプロ野球の2軍、高校野球の予選などで使われる立派な球場みたいなので、加盟チームの方々、是非、ぜひ、対戦相手の応募をお待ちしております!

ライジングサンズ 織田計紀 さん (渡辺陽より)

Q.まず、試合を振り返っていかがでしたか?
A.人数が揃わなくて慣れないポジションをやっていたのもあって、守備が乱れたりで難しかったと思います。
Q.河川敷で試合をしてる印象がなかったのですが、慣れない中大変だった事はありますか?
A.みんな、土が柔らかいとか言っていたのでそこは影響があったかと思います。
Q.連勝が途切れてしまったのですが、次の試合に向けての意気込みをお願いします。
A.次は人数を揃えて、ムードメーカーでもある監督が来てくれれば大丈夫だと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る