7点差からの大逆転劇!高岡サヨナラ打で勝利のウィルゲート

20141116_武蔵野サイドウォーカーズ vs ウィルゲート

武蔵野サイドウォーカーズ  vs  ウィルゲート (8-9×)

2014年11月16日 篠崎公園野球場 A 

担当:大垣伸悟  撮影:川口浩輝

1 2 3 4 5
3 3 0 2 0 8
1 0 0 7 9

 

すっかり肌寒い季節になってきた11月のナイトゲームでしたが、ほとんど風がないために試合自体はプレーしやすいグラウンドコンディションに思えました。
11戦4勝5敗1分の武蔵野サイドウォーカーズ 対 7戦2勝5敗のウィルゲートの試合は照明が灯された中でのプレイボール、そして試合開始直後から得点の奪い合いで始まります。

<序盤から終盤まで盤石の試合展開の武蔵野サイドウォーカーズ>
初回、武蔵野サイドウォーカーズの攻撃、2安打 1四球で満塁の場面が出来上がると、四番楠井選手が2点タイムリーを放ち、守備の乱れの間にさらに1点を追加。大量得点になりそうな試合展開を思わせる立ち上がり。
その裏の攻撃のウィルゲートも先頭から2連打でランナーを貯め、ワンチャンスで得点できる場面を作り、この日四番に座った中屋敷選手が主砲らしくきっちり得点し1点を返します。
武蔵野サイドウォーカーズは着実に得点を重ね、四回までで5安打2二塁打で8得点と、塁に出ればきっちり返すという効率の良い点の取り方でこのまま優勢ペースで試合は盤石…かと思われましたが、四回の裏からその試合展開は一転します。

<四番への死球から試合展開は急転>
四回裏ウィルゲートこの回先頭打者の四番中屋敷選手に死球を与えると、武蔵野サイドウォーカーズ先発の山懸投手のペースに乱れが生じます。先頭打者への死球を含む3四死球で満塁の場面を作ってしまうと八番佐久間選手と九番高岡選手に連続2点タイムリーを打たれ一挙4失点。ウィルゲートはこの試合これまで好投した武蔵野サイドウォーカーズ先発の山懸投手をマウンドから降ろすことに成功しました。
そしてリズムを崩した武蔵野サイドウォーカーズ守備陣にもエラーがみられるようになり、ウィルゲート打線はこの回一挙7得点の反撃をみせ8-8の同点とし終盤ギリギリで試合を振り出しに戻しました。

<ウィルゲートの掴んだ流れそのままに劇的サヨナラ>
試合の流れを変えた起点となった八番高岡選手に最終回同点2アウトの場面で打順が回ってきたときには、最後の打者になる覚悟で臨む姿から、すでにウィルゲートに試合の決定権が委ねられているようでした。打球はレフトへの飛球。獲れば同点引き分けゲームセットになるボールをレフトのタイムリーエラーでこれが決勝点となりサヨナラゲームセット。試合開始時にはみられなかった終盤の寒さによる芝生のコンディションの悪化とナイターの照明の視界の悪さも、ウィルゲートの勝利に味方したようでした。
最後の最後にドラマチックな試合展開となった本試合。手に汗握るとはまさにこういった試合を言うのでしょう。寒さの中、怪我をしてしまった選手も若干名いらしたので治療していただいてまた万全の体制での再戦を見たいと思います!両チームの皆様お疲れ様でした!

 

試合後インタビュー

ウィルゲート 高岡洋平 さん(大垣伸悟より)

サヨナラ打者おめでとうございます

「ありがとうございます」

四回にも2点タイムリーありました。なにか今日は打てそうな予感とか、コツを掴んだとかあったんでしょうか?

「昨日バッティングセンターに行って打ち込んできました。エラーがあったんで取り返さなきゃなと思って臨みました」

今回バッティングが目立ちましたが、走塁面とか守備面とかバッティング以外での課題などあれば教えてください

「エラーの多いチームなんで守備練は合宿を組んで取り組んだんで、夏以降はそれがいい形になってきているかなと思います」

今後の抱負をきかせてください

「いい流れなんで年内にもう1勝2勝できればと思います」

ウィルゲート 川口太希 さん(大垣伸悟より)

サヨナラ勝利おめでとうございます。試合終盤山場がありましたがチーム内で話し合ったことはあったんでしょうか?

「エラーが多いチームなので、いかに守りでしめていいリズムを作って攻撃にいけるか、初回特に大量失点してビハインドになったんで、皆で意識していきました」

最後サヨナラという場面、何か作戦はあったんでしょうか?

「作戦は特にないですが、ただ勢いと流れがきていることを信じて皆で臨みました」

次回に向けて何か抱負をきかせてください

「格上のチームに勝てたので自信になったと思うので、このまま連勝街道いきたいと思います」

武蔵野サイドウォーカーズ 本土雄大 さん (大垣伸悟より)

本日の試合振り返っていかがでしたか?

「序盤の流れがすごく良かっただけに負けたのは残念でしたが、全体的にしまった試合ができたので、ナイスゲームでした。」

今回の試合でなにか意識付けとかありましたか?

「いつも通りの、先の塁にランナーを進める、ランナー三塁の状態を作る、ということを考えてサインプレーなど取り組みました」

終盤以降で急に試合の雰囲気や展開が変わってしまった印象がありましたが、選手交代、野手のけがなど、なにか課題点などありましたでしょうか?

「うちは基本的には、上手い人だけではなく全員が試合に出るスタイルなので、やっぱりチームには素人が多いので、底上げが必要だなと改めて実感しました」

最後同点で打たれたらサヨナラの場面、なにかチーム内で話し合ったことなどありましたか?

「うちは考えてもできないんで、特に声はかけなかったです。いつも通りやってくれればと」

次の試合に向けて何か抱負あれば聞かせてください

「次の試合もなるべく次の塁に進めていく攻撃をチーム全体で、守備はもうちょっと練習したいです(笑)」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

G-LEAGUE

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る