豪速球ピッチャーに満塁ホームランでG-RANGER鮮烈デビュー!!Dickiesが食いつき同点!

20141116_Dickies vs G-RANGER

Dickies  vs  G-RANGER (4-4)

2014年11月16日 平和島公園野球場

担当:清水宏美  撮影:鈴木

1 2 3 4 5 6 7
D 0 0 1 0 0 2 1 4
G 0 0 4 0 0 0 0 4

 

終始白熱し、7回を戦いきったこの試合。3回満塁ホームランで一気に突き放したG-RANGERに、Dickiesが執念の追いつきを見せた。

▪︎豪速球投手、デビュー
パーン!とキャッチャーミットを鳴らすG-RANGER東投手の速球に、湧き立つDickies。1回三者凡退、2回は3奪三振で抑える圧倒のピッチングで試合は始まった。しかし先制点はDickies。立花選手がセンター越え2塁打でランナーをホームに返した。

▪︎G-RANGER3番鹿児島選手の満塁ホームラン
その裏、G-RANGERは四死球で満塁のチャンスを得る。打席に立った鹿児島選手は、敵味方からの歓声の中、冷静にライト奥深くに流し、走者一掃。G-RANGERは一気呵成に盛り上がり、守り抜く体制に入る。

▪︎Dickies単打でつないだ同点
4回・5回と反撃を許さないG-RANGERだったが、3巡目のDickies打線が、当たりを見せ始める。ヒット5本に加え「よく走ったな」と味方からも胆力を褒める声が上がった立花選手の盗塁など足も絡め、見事同点に追いつき、7回裏を迎える。G-RANGER菅井選手がショートの頭を鋭く超えるヒットを打ち、サヨナラ勝ちに王手をかけるが、あと一本が出ず、引き分けで終了となった。

 

試合後インタビュー

Dickies 北村颯 さん(清水宏美より)

■北村監督にコメントをいただきました。

ー本日の試合のよかったところを教えてください。
先制点を取れたのが大きかったです。その後点を取られましたが、ムードを悪くせずに、走塁を絡めて単打で点をつないで同点まで持ち込めたのがよかったと思います。

ー相手のピッチャーの球が速かったですが、最初てこずられましたか。
ものすごくいいピッチャーで、最初うちの打線が全然手が出ない状態で、危ないなと思いました。大きな当たりは要らないから細かくつないでいこう、高めのボールの見極めなどを意識しよう、と臨みました。

ー今日の試合の総括をお願いします。
点を取って逆転されてその後0点が続いてしまいましたが、その後同点まで持ち込めたのは大きかったなと思います。

G-RANGER 荻沼茂紀 さん (清水宏美より)

■荻沼監督にコメントをいただきました。

ー本日の試合のよかったところを教えてください。
前半の守備が非常によかった。よいピッチャーで抑えられました。

ー勝ちに向けて足りなかった点は何でしょうか。
後半にスタミナが落ちてきた部分と、打線がうまくつながらなかったところです。打線の強化をしていきたいと思います。

ー満塁ホームランの鹿児島選手の活躍もありました。
普段からクリーンナップのひとりとして活躍しています。

ー東投手、豪速球でした。非常によいピッチャーですね。
非常に防御率がよく、エースとして活躍してもらっています。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る