BITE、新体制での初戦を白星スタート!

20141108_ITCPP vs BITE

ITCPP  vs  BITE (1-3)

2014年11月8日 月島運動場

担当:渡辺陽  撮影:清水宏美

1 2 3 4 5 6 7
I 0 0 0 0 0 1 0 1
B 0 3 0 0 0 0 3

 

大学生チームであるBITE。4年生と1年生の入れ替わりで新チームで臨んだ初戦。
試合前に少し雨が降って、不安定な曇り空の下。冬の寒さを感じさせる午前中の月島運動場A面にてITCPP✕BITEの試合が行われました。

両チームの先発、BITE永幡投手、ITCPP小俣投手共に1回は見事な立ち上がりで三者凡退に抑えます。
先制は2回のBITE。死球、野選、牽制エラーがあり二死二、三塁で8番畑田選手。『何としても点を取ってやろう』という意気込みで立った打席。打ったボールはセカンドの後ろにうまく落ち、走者2人還って2点先制!記念すべき新チーム初打点を挙げます。更にエラーでこの回3点。
一方、6回ITCPPの攻撃はこの回先頭の3番鈴木(仁)選手がエラー出塁。処理の間に二塁へ。三盗、暴投で1点入り2点差で追い上げムードと行きたいところでしたが、最終回、永旗投手が再登板で抑えのマウンドに上がりきっちり3人に抑え、新生BITEの未来に、明るい新時代の兆しが見えました。

〈センター伊藤(圭)選手のビッグプレー〉
それまで四球1つ以外ランナーを出していなかったBITEの永旗投手が、打撃妨害、死球、2番石塚選手のライトへのクリーンヒットで一死満塁の大ピンチ。『一番苦しかった場面』と、運命の打席。3番打者の打ったボールは大きく伊藤(圭)選手の待つセンター所へ。犠牲フライで1点を覚悟した瞬間、そのボールはさっき打った打球の勢いと同様、矢の様な送球でホームへ返ってきます。三塁ランナーがホームへ向かいクロスプレー…結果はアウトでダブルプレー!!新体制になって大事な試合だと誰よりも感じていた監督自らが、最大のピンチを救いました。

〈一人二役〉
先発のBITE永旗投手。途中で交代し最終回に抑えで再登板したのですが、全くの別人。序盤に変化球主体で投げていた姿はどこにもなく、最後はサイドから繰り出される威力のあるスピードボールがITCPPの最後の攻撃の根を絶ちます。三振、三振、投ゴロで二役を演じ切り驚きも加えた見事なピッチングでした。

〈ベテランの安定感〉
こちらも先発のITCPP小俣投手。2回に守備の乱れから3点取られ、尚も満塁のピンチでしたが、気持ちを切らすことなく、3番をストライク先行で三ゴロで抑え、攻めの気持ちを忘れないナイスピッチングでした。また、バッターとしても6回に二塁ランナーだった鈴木(仁)選手が三盗する場面では盗塁を助ける空振りなど、何気なく細やかなプレーを魅せていました。

〈一つのプレーが空気を変える〉
6回、3番鈴木(仁)選手の第3打席。その前の2打席はフライで打ち取られていたせいか、誰も予期しませんでした。この打席でゴロを打った瞬間に全ての空気が変わりました。打って一塁へ猛ダッシュ。その足の早さに周りがついていけませんでした。結果、サードの送球エラーを呼び処理する間に二塁へ進塁。その後、三盗。そのスピード感に投手の動揺を誘ったのか暴投があり1点。疾風の如くダイヤモンド一周しました。足のある選手はゴロでもチャンスになると感じられたプレーでした。今日は捕手で先発しチーム劣勢の状態でも大声で指示を出しチーム全体の雰囲気を保ち続けました。
そして投手として4回から登板し3回を全て3人で切って、3奪三振。投げる方でも打者を圧倒。マルチな活躍を魅せました。

 

試合後インタビュー

BITE 永幡知晃 さん(渡辺陽より)

Q.今日は、先発で4回と最終回の1回を無失点で抑えました“投”のヒーロー、永幡投手に来て頂きました。ナイスピッチングでした。
A.ありがとうございます。
Q.まず、試合を振り返っていかがでしたか?
A.新チームになって初めての試合だったので、打線が弱いって事もあり自分が頑張らなければいけないという気持ちで投げました。
あまり球が走ってないっていうのがあったので、変化球主体で投げたんですけど甘く入ってしまったところがありました。
Q.最終回で再度登板して、その時は別人の様に速いボールでの勝負で、いいボールが来ていたと思いますが?
A.自分の中ではサイド(スロー)の方が球が速いので、抑えの時はサイドで投げます。
Q.今日は、投げていて苦しかった場面とかありましたか?
A.一度、ランナーが満塁になった時(3回の一死満塁)に抑えきれないというのがあったんですけど、センターの好プレーで0点に抑える事ができました。
Q.そういった苦しい時はどんな気持ちで乗り越えますか?
A.周りが助けてくれるんで、仲間を信頼して自分も頑張ろうという気持ちで投げます。
Q.G-LEAGUEでは2度目のヒーローインタビューで活躍されてますが、いつも試合をする上で心掛けていることはありますか?
A.自分が崩れたら周りもみんな崩れる様な感じなので、しっかり気を引き締めて、緊張感を持って投げています。
Q.では、次の試合への意気込みをお願いします。
A.新チームになって勝ったので、次も勝ちたいと思います。

BITE 畑田稜太 さん(渡辺陽より)

Q.今日の“打”のヒーローは、2回に2打点となる先制のタイムリーヒットを打たれました畑田選手です。
まず、二死二、三塁のチャンスでしたが、打席にはどの様な気持ちで立たれましたか?
A.なんとしても点を取ってやろうという気持ちで打席に入りました。
Q.打った瞬間はどうでしたか?
A.セカンドフライかなぁとは思ったんですけど、何とか落ちてくれて良かったです。
Q.今日の調子はいかがでしたか?
A.調子はあんま良くなかったですね。いつもはピッチャーなんですけど、今、肩が悪いのでファーストとかライトで入っています。(今日入っていたファーストは)慣れてないポジションなので練習が必要だと思いました。
Q.ご自身では今日は、何か良かった事はありましたか?
A.新チームになって初打点だったので嬉しかったです。
Q.では、次の試合に向けての意気込みをお願いします。
A.次の試合も打撃で貢献できたらいいと思います。

BITE 伊藤圭 さん(渡辺陽より)

Q.新体制(4年生と1年生の入れ替わり)になって初戦、初勝利という事でおめでとうござぃます。
A.ありがとうございます。
Q.その大事な試合を勝利で飾った今の気持ちをお願いします。
A.前のチームは先輩がほとんどレギュラーで、その主力がガッツリいなくなってしまって、色んな迷いとかもあり、打てなかった反省点もあったんですけど、勝てて本当に良かったと思います。
Q.新チームで試合に臨むにあたっての手応えみたいなものはありましたか?
A.投手は整っていると思うので、そこは予想通りだったんですけど、打撃の方が練習してきた事がまだ出来てなかったのでまだ甘いなと思いました。それと途中に中だるみの所があったので、それをなくしていきたいと思います。
Q.投手に関しては?
A.永幡も頑張って投げてくれたんですけど、(途中から登板の)大杉というピッチャーは元々ショートで新しく入った1年生で(良く投げてくれて)新たな収穫が出来たんで良かったと思います。
Q.打撃面はいかがでしたか?
A.2安打ってとこで、あんまり良くないなと思いました。これから打撃向上していきたいと思います。
Q.BITEさんというと投手力のイメージがありますが、新チームとしても今まで通りの投手主体でやっていくんですか?
A.そうですね〜…理想としては打撃で打って勝っていけるチームになる様にレベルアップしていくのと、機動力野球を目指しているので、盗塁、バント、エンドラン。色々な攻撃が出来る様なチームを作っていきたいです。
Q.今日は、ご自身、センターでの好プレーを魅せてくれましたよね?永幡投手も満塁のピンチを助けられたと言ってましたが?
A.あの場面は点をやりたくなかったので、0点に抑えられたのは良かったと思います。でも、捕球体勢が良くなかったので個人の反省点です。
Q.え?!本当ですか?!いいプレーの中にも反省点があるんですね?
A.はい。100点ではなかったと思います。
Q.ご自身の調子はいかがでしたか?
A.守備では貢献できたと思うんですけど、1番打者としての役割は何もできなかったので頑張っていきたいです。
Q.今、5勝1敗でいい感じで来てますが、次の目標などあればお願いします。
A.優勝しか目指してません。上に行けるように勝っていきたいと思います

ITCPP 長南恒次郎 さん (渡辺陽より)

Q.今日の試合を振り返っていかがでしたか?
A.一言で言うと打てなかったですね。うちのチームは打線が弱い所があるので、合宿でここ数年でそれなりにレベルアップしてきたんですけど、まだ波があって今日は残念ながら打てずに負けてしまいました。
Q.投手に関してはいかがでしたか?先発のエース小俣投手も、途中登板の鈴木(仁)選手も良かったと思いますが?
A.うちの投手は2枚看板なんですけど、安定していて良かったと思います。小俣は技巧派。鈴木(仁)はまだ若いので技術もありますが、力で押すタイプです。今日の様な学生の若いチームにも通用する事がわかったので、投手に関しては自信になりました。
Q.今日は、何か作戦などはあったんですか?
A.今日は、特になかったんですよ。チームとしての方向性は今まですり合わせて来てるので、みんなチームのコンセプトはわかってるのでその上で、あえてフリーでやってみようと思っていました。でも、今日は、うまくいかなかったです。
Q.チームのコンセプトとはどんなものですか?
A.基本は守備をしっかりしていくところと、バッティングは引きつけてミート中心で打っていくというところ。セーフティーバントでもいいから次につなげるバッティングをするという事です。
Q.今まで2試合されてますが、それと比べて今回の試合はどうでしたか?
A.前回は集中力が欠けて負けてしまったんですけど、それに比べると今日は、気持ちが引き締まっていた。G-LEAGUEの雰囲気にも少しづつ慣れてきて、自分たちはこれからどんどん楽しみながらやっていけるかなって感じですね。
Q.そうなると今日の試合は負けてしまいましたが、次につながる試合だったんではないですか?
A.そうてすね。ピッチャーには申し訳ない試合になってしまったんですけど、チーム力はついてきてると思います。10年前、5年前と比べて少しずつ個々の実力が上がってきてそれぞれがそれを実感している状態。このままG-LEAGUEにお世話になりながら、自分達は平均年齢が40歳前後なんですけど、若いチームともたくさん対戦させもらってまだまだ伸びていけると我々自身が自分達に期待しているので次も頑張りたいと思います。
Q.長南監督が期待する選手はいますか?
A.もちろん、全員に期待してるんですけど、セカンドの鈴木(隆)です。ピッチャーの鈴木の父親なんですけど、野球経験なく50歳前後で野球を始めてメキメキ上達しています。
A.(鈴木選手が)皆勤賞だけ狙ってます。
Q.(笑)
A.このまま伸び続けて物凄く動ける60のおじいちゃんになれるのを期待してます。
Q.では、そんな期待を抱きながら、次の試合に向けての意気込みをお願いします。
A.3戦させてもらっててまだ全敗なので、そろそろ1勝したいなと思いますね。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る