ライジングサンズ初の連勝!5回、つないだ5得点!

20141108_ライジングサンズ vs 泉州電業

ライジングサンズ  vs  泉州電業 (5-3)

2014年11月8日 猿江恩賜公園野球場(都立)

担当:清水宏美  撮影:川口浩輝

1 2 3 4 5 6
0 0 0 0 5 0 5
1 0 0 0 2 0 3

 

泉州電業を相手に、先制点こそ許したものの、繁田投手の好投により、4回までを1点に抑えたライジングサンズ。その繁田選手のセンター前への二塁打を皮切りに、フォアボールをきっちり選び満塁のチャンスをつくった5回。二死の場面で三平選手が放った打球は大きくセンターを越え、一気に走者3人をホームに返した。その後、泉州電業は逆転を試みるも追いつけず、試合を決めた5回となった。

■泉州電業、4点差を詰められず
泉州電業は、5回裏、フォアボール押し出しによる1点を得た。さらにその場面に1回で初球から二塁打を放った貫禄の4番、渡辺選手が立つ。ここで再度4回までを投げた繁田投手が登板。ショートゴロで1点を渡したものの、続く打者をファーストフライで押さえ、ピンチを見事乗り切った。

■光った繁田投手の好投
繁田投手は、試合を通してコントロールよく、変化球を交えた配球でバッターを次々に内野ゴロに打ち取っていた。最終回に登板した内田投手も、奪三振2できっちりと守り切り、見事に役割を果たした。

 

試合後インタビュー

ライジングサンズ 三平敬祐 さん(清水宏美より)

■三平監督に、監督&本日のヒーローとしてお話を伺いました。

ーまずは、チーム名とお名前からお願いします。
FA宣言中で所属チーム未定の新井貴浩です(笑)。(※インタビュー時点でカープ復帰は決まっていません)

ーは、はい。笑
あ、シリーズ化させてるんですけど(笑)。(※10/11・10/25の試合レポートをご参照ください)
ライジングサンズの三平です。

ー今日の勝因はなんでしょうか。
最初から相手が強いチームだと伺っていたので、どうなるかと思ったが、その分ちゃんと集中してできたかなと思います。

ーピッチング良かったですね。
ピッチャーの繁田、文句無しでした。気合いが入っていました。低めにまとまっていましたし、変化球もきっちり決まって、セカンドから安心して見ていました。

ー打線はどうでしたか?
打線は初回からチャンスはつくれていたので、ボールは見えていたのですが、あと一本が出ませんでした。なので、いつものパターンでいってしまうな〜というところでした。

ーそのような中、三平さんが見事、5回満塁のシーンで満塁打を打たれました。どのような気持ちで打席に入りましたか?
前のバッターの今井がフォアボールを選んで同点になってくれたので、2アウトだったので、開き直って一発狙いでした。楽しんでいきました。三振かホームランかで思いっきりいきました。狙い通りの長打出たのですが、足がついていかず・・・(笑)。この間の試合と一緒で、足が・・・。ただ、今回の試合では3塁まで走れたので成長したかなと思います(笑)。(※前回の試合では2塁打でした)

ー走り込み等、されたのでしょうか?
アレから実は、恥ずかしかったので、走り込みをしました。

ー早速成果が出たのですね!そして、その後、ピンチを迎えましたが、2点で押さえました。チームの守備面はいかがでしたか?
守備に関してはけっこう僕は心配をしているので、誰かがエラーしても誰かがカバーできるように心がけています。今日はピッチャーの伊藤も気合いが入っていたのですが、久しぶりの登板が緊張になったのかと思います。でも次投げたいと言っているので。

ー次に期待ですね。最後に一言お願いします。
ボールがよく見えていたかなと思います。つないでつないで、後ろのバッターを信頼してできていて、雰囲気がよかったです。連勝できて嬉しいです!

泉州電業 六反悟 さん (清水宏美より)

ー試合を振り返っていただけるでしょうか。
全員が振れていないこと、ピッチャーが非常にださかったこと・ボロかったこと、が、大きいです。

ー厳しいコメントになりますが、どのように改善されていきますか?
とにかく、ヘタクソは使わない。上手いヤツだけを使っていきます。

ー次への抱負をお願いします。
とにかく底上げをしてがんばりたいと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る