乱気竜初回から流れ作り、無失点で快勝!

20141025_乱気竜 vs ITCPP

乱気竜  vs  ITCPP (10-0)

2014年10月25日 多摩川六郷橋緑地野球場

担当:方便遥  撮影:知念駿太

1 2 3 4
5 0 2 3 10
I 0 0 0 0 0

 

気持ちの良い秋晴れの中六郷橋緑地で行われた試合は、初回から乱気竜7番朝倉選手の二塁打含む連打で一挙5得点。この流れが以後の攻守に繋がり、ITCPPをコールドゲームで下した。

・乱気竜初回から流れを作る
乱気竜は初回から先頭打者の山崎選手がセンター前ヒットで出塁。相手エラーと盗塁で1点得ると、その後もヒットで繋ぐ。満塁の場面で7番朝倉選手がセンターを越える二塁打を放ち、この回計5得点を先制した。

・隙を逃さず、追加点を狙う
初回に一挙5得点を得た乱気竜だが、攻撃の手は辞めない。相手のエラーやボールが逸れた隙を見逃さず、積極的にホームを目指す。この得点への執念で、三回には2得点、四回には3得点とITCPPを突き放す。

・勝利に向けて
ITCPPはこの試合がGリーグ二戦目。初勝利を目指し臨み、 毎回ランナーを塁に出すものの得点に繋げることはできなかった。試合を行うことで課題や反省点が見つかる。Gリーグで試合を重ねることで、勝利へ繋げていってもらいたい。

 

試合後インタビュー

乱気竜 山崎康平 さん(方便遥より)

〈二打数二安打、二盗塁と勝利に貢献!〉

今日の試合を振り返って
ーあまり打つチームではないが、相手のミスを見逃さず次の塁を狙い、バッティングも繋ぐことが出来た。チームとして良い雰囲気で出来た。

今後の試合に向けて
ー一個一個の試合を振り返って、成長していきたい。

乱気竜 若林輝樹 さん(方便遥より)

今日の試合を振り返って
ー今まで中々バッティングが繋がらなかったが、今日の試合は上手く繋ぐことが出来た。ピッチャーも完封で抑えてくれたのも、勝因だと思う。

今後の試合に向けて
ー今日の流れを大切にして、ピッチャー陣・野手陣、バッティング含め頑張っていきたい。

ITCPP 堀井達也 さん (方便遥より)

Gリーグ二戦目だったが、どのような気待ちで臨んだか
ー一戦目は負けてしまったので、何が何でも勝つという気持ちだった。だがメンバーが遅れて試合ギリギリになり少し動揺した面もあった。

今日の試合を振り返って
ー初回から点を取られ浮き足立っていて、点を取ることがてきなかった。点を取られても冷静に対応しないといけないと感じた。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る