逆転成功!流れをつかんだ乱気竜!

20141011_乱気竜 vs 旭化成川崎野球部

乱気竜  vs  旭化成川崎野球部 (9-2)

2014年10月11日 多摩川六郷橋緑地野球場

担当:藤田 昂毅  撮影:松永英明

1 2 3 4 5 6
0 0 5 3 0 1 9
2 0 0 0 0 0 2

 

 私自身久々の担当試合となった。正直久々で運営がうまくいくか自信なかったが両チームの選手のおかげで無事試合を進行、終了させることができた。
季節も秋。風が冷たくなってきたが、この日は日中太陽が昇り、丁度よい気候の中で試合が行われた。

 試合は初回から動いた。一回裏、旭化成川崎野球部の攻撃。二死後、三番美濃選手(28)が九球粘った末に四球を選ぶと、ワイルドピッチで二塁に進塁した。続く四番平岡選手(18)がショート後方にヒットを放ち先制。さらに五番漆原選手(13)は初球をしっかりととらえセンターオーバーのスリーベースで二点目。ホームを狙うも好返球に阻まれチェンジ。

 再び試合が動いたのは三回表の乱気竜の攻撃。この回先頭の一番朝倉選手(1)が四球を選んで出塁すると、二番山崎選手(25)への初球にすかさず盗塁を決め、無死二塁。山崎選手は追い込まれたのち右方向を意識したキッチリとしたバッティングでライトオーバーのツーベースで一点差。続く三番石川選手(20)もセンター前ヒットで繋ぎ、無死一・三塁。四番戸谷選手(24)のサードゴロエラーの間に同点。さらに相手のエラーが絡み無死満塁とすると、七番乙二選手(2)の押し出し四球で逆転。さらに八番若林選手(30)の押し出し四球、九番北村選手(7)のセンターへの犠牲フライでこの回一挙五点を奪い試合をひっくり返した。 

 流れは完全に乱気竜。四回表の攻撃では、この回先頭のここまでマルチ安打を放っている二番山崎選手。絶好調とはこういうことを言うのかと言わんばかりセンターへのツーベースでこの試合猛打賞。無死二塁とチャンスメイクをすると続く三番石川選手もセンターへのクリーンヒットで無死一・三塁。初球にすかさず盗塁を決め、無死二・三塁とチャンスを広げた。四番戸谷選手、五番橋元選手(18)の連続四球により一点追加。六番兵頭選手(10)のサードゴロエラーの間にさらに一点追加。七番乙二選手はキッチリとセンターへ犠牲フライを放ちこの回三点目。

六回表には乱気竜四番戸谷選手が完全にダメ押しとなるホームランを左中間に放ち試合を決定づけた。

 投げては乱気竜先発の橋元選手が初回二安打された以降四回までノーヒットピッチングで勝ち投手。旭化成川崎は打線が相手ピッチャーの前に沈黙してしまったことと要所での守備の乱れが敗因につながってしまったのではと見てて感じた。
 要所の大事さというものを実感できた試合であった。両チームの皆さんお疲れ様でした。次戦の健闘を祈ります。

 

試合後インタビュー

乱気竜 山崎康平 さん藤田 昂毅より)

(三打数三安打猛打賞 打のヒーロー)

―ポイントとなった二打席目を振り返って―
最近調子が下がっていたが一打席目のセーフティーバントで吹っ切ることができ、思い切って振ったらきれいに風に乗って飛んでくれた。
―今日の試合を振り返って―
試合を毎週行っている中で試合ごとの反省を次の試合に生かしていこうという意識で毎打席に立っていたのがいい結果に繋げることができた。
―今後に向けて―
大量得点はなかなかないので次回以降の試合では少ない試合をものにして勝っていきたい。

乱気竜 若林輝樹 さん藤田 昂毅より)

―今日の試合の自身の反省―
 初回にフライを落としてしまって流れが相手に向かいかけたがチーム全員で声出して守り切れてよかった。
―今日の試合を振り返って―
 チーム全体夏以降バッティングの調子を落としていたものの今日の試合で練習の成果を出すことができてよかった。
―今後に向けて―
 今日の試合のリズムが良かったため、これを次の試合以降継続していきたい。

旭化成川崎野球部 山田嗣 さん藤田 昂毅より)

―今日の試合の自身の反省―
 一打席だけであったが、打たされてしまった。守備については機会自体そんなになかったから…なんとも。
―今日の試合を振り返って―
 三振は仕方なかったもののフライが目立ってしまったから転がす意識というのを今日の反省として今後徹底していきたい。
―今後に向けて―
 今日は初めて守ったというポジションでエラーを目立たせてしまった。そこで今後は誰がどのポジションかの適性を見極めて守備を改善していきたい。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOMv

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

G-LEAGUE

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る