投打ガッチリDickies

20141012_Dickies vs スパイダース

Dickies  vs  スパイダース (3-1)

2014年10月12日 大宮健保グラウンド

担当:富田隆  撮影:蒔苗比呂志

1 2 3 4 5 6
D 2 0 0 0 0 1 3
0 0 0 0 1 0 1

 

さいたま市・大宮けんぽグラウンドで行なわれた試合は昨年11月以来2度目の顔合わせ。効果的に先取点・ダメ押し点を奪ったDickiesが前回に続いて僅差で勝利した。望月投手は完投での白星。スパイダースは雪辱かなわず。2敗はいずれもDickies戦。

■ Dickies吉田、先制の長打
 Dickiesは初回、先頭 藤川選手が四球で出ると続く森田選手はバントを2度ファールした後、レフト前に流し打ち。一・二塁として1死後、4番吉田選手がレフト線に2ベースを放ち、2点を先制した。

■ 東タイムリーで迫るスパイダース
 2点を追うスパイダースは五回に反撃。2死から2番金森選手がセンター前ヒットで出塁し、すかさず二盗。続く東選手の打球は二塁手の右に落ち、これがタイムリー内野安打となって1点を返した。

■ 左腕・望月、投打で光る
 Dickiesは最終回、柿木選手・吉田選手の短長打で無死二・三塁と攻め、次打者は先発投手の望月選手。センターへの当たりは犠牲フライとなり、自らのバットで貴重な追加点を挙げた。
 サウスポー望月投手は6イニングを投げ切って被安打3・与四球1のナイスピッチング。

 

試合後インタビュー

Dickies 吉田恭兵 さん(富田隆より)

初回の先制タイムリーがそのまま決勝点に。
「1番と2番がチャンスを作ってくれた。僕は普段2番なんですけど(今日は)4番を打たせてもらったんで、『ここはランナーを返そう』という気持ちで振り抜きました。詰まりましたけど」

Dickies 北村颯 さん(富田隆より)

「ウチの目標である先取点を取れたことと、(中盤に)0行進が続いてから最後 最終回にダメ押しの1点を取れたことが大きかった」

― 攻撃面では何かチームとしての指示はあったんですか?
「特になくて、選手個々に任せてました。でも高めのボールをしっかり見極めるっていうのがあまりできてなかったのと、バントがうまく決まらなかったのが今後の課題かな」

スパイダース 竹淵大樹 さん (富田隆より)

「完敗ですね。チームとしての力も全然なくて、厳しかった。打順がもうちょっとうまくつながればなあってところでしたが、そこは打順を組んだ僕の責任です。今日の負けは僕の責任になると思います」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る