シーソーゲームを制したマガジンズが初白星!

20141004_インスパイア vs マガジンズ

インスパイア  vs  マガジンズ (6-9)

2014年10月4日 大宮健保グラウンド

担当:川田麻美子  撮影:吉田将来

1 2 3 4 5 6
1 3 1 1 0 0 6
5 0 1 0 3 9

 

秋晴れの強い日差しの中で行われたインスパイアvsマガジンズの試合は、初回から点を取り合うシーソーゲームとなった。両チームHRが飛び出すなどどちらも譲らぬ勢いだったが、同点で迎えた5回裏、満塁のチャンスをものにし、追いすがるインスパイアを一気に3点突き放したマガジンズが、G-LEAGUE2戦目で見事初白星を飾った。

■初回から打者一巡で一挙5点のマガジンズ
1回表でいきなり先制されたマガジンズだったが、その裏先頭・團野選手、2番・岩本選手の連続安打で同点とし、すぐ様試合をふりだしに戻した。その後、2死2、3塁から、7番・浅野選手がレフトオーバーの3ランを放ち一挙5点。この初回でチームに勢いがつき、その後の試合展開でも劣勢の雰囲気にはならなかった。

■何度も見られたインスパイアのファインプレー
2回表、先頭打者の5番・小出選手はソロHRで反撃開始。その後守備ではヒット性の打球をセカンドゴロにしファインプレーを見せた。また、他の内野陣にもファインプレーが多く、守備のリズムからいい流れで攻撃に入るといった場面が多く見られた。

■両チーム光るサインプレー
両チームとも、ベンチからのサインが多く見られたこの試合。シーソーゲームだったため、常に点差を気にしながらの攻撃だったが、野球がチームプレーということをたくさん気付かせてくれた試合だった。

 

試合後インタビュー

マガジンズ 森本辰也 さん(川田麻美子より)

(5回裏1死満塁からダメ押しの2点タイムリーヒット)

ー前の打者が死球で勝ち越した直後のいい流れでの打席でしたが、狙っていた球はあったのですか?
「最初は真っすぐを狙って打席に入ったんですけど、1球目2球目が真っすぐで追い込まれたので、次はタイミングを外してくるだろうと思い、狙い球を変化球に切り替えて打ちました」
ーベンチからのサインはありましたか?
「自分の狙い球を絞っていけ!っていうサインでした。狙い通り打てたので、ヤッタゾ!!と思いながら走りました。」
ー今日は9番打者でしたが、チームでの打撃でのポジションは?
「いつも下位打線の方なんですが、つなげるということと、粘って球数を投げさせるということを意識しています」
ー次に向けての抱負を聞かせてください
「次も活躍したいです!!」

マガジンズ 菊池健生 さん(川田麻美子より)

ーG-LEAGUE2戦目で見事勝利となりましたが、今日の勝因は?
「粘り強く戦えたということですね」 
ー初回に先制されてもすぐに5点取って試合をひっくり返しましたね。
「初回の立ち上がりは、初めて参加する選手もいたのでまだ緊張が取れない状態だったのですが、シーソーゲームになって徐々に緊張がほぐれました」
ーチャンスでは一球ごとにサインを送ってましたね。
「普段からサインを出してチーム攻撃をしています」
ーシーソーゲームとはいえ、一度も勝ち越されることはなく試合を進めていけましたが、このチームの特徴は?
「守備や走塁はおざなりになってしまう部分もあって…結果的に打撃のチームみたいになっちゃってます(笑)
ー下位打線の活躍も目立ちましたね!
「今日はたまたまです(笑)けっこう波があるんですよ。ちょっとタイミングを外すのがうまいピッチャー相手だと打てなくなったりするので、その時はサインプレーをして足で点を取るような攻撃をしたりします」
ー守備時にも声が出てていいムードでしたね。
「守備が弱いチームなので、ムードメーカーの岩本が盛り上げてくれました。彼は面白い人でギャグワークなんですよ。今日はセカンドでしたが、普段はサードランナーコーチをやっています。」
ーサードの小林選手の守備は素晴らかったです。
「彼が主軸なんです。4番も務めてもらってます」
ー監督から見て今日の投手はどうでしたか?
「悪い中でもしっかりまとめてくれた。味方のエラー時にも集中を切らさずにやってくれたので、調子は悪かったがよく試合を作ってくれたと思います」

インスパイア 中山亮 さん (川田麻美子より)

ー今日の試合を振り返ってどうでしたか?
「初回の失点が大きく響いてしまった試合だったかなと思います」
ーずっと追いかける展開でしたね。
「消極的なサイン出しもしてしまったので、もうちょっと行けるところは行くべきだったかなと反省しています」
ー守備面では本当に素晴らしいプレーが多かったですね。
「守備は若い子で内野を固めたのが良かったです。おじさん達が若い子に引っ張られてるチームなんで(笑)」
ー守備もよかった小出選手ですがHRも決めてくれましたね!長距離打者なのでしょうか?
「そういうことにしておきましょう!!たまに長打を打つのでいい打者です」
ー4回に(牽制で誘い出されて)ピンチをチャンスに変えて同点に追いついたときについては?
「チームは追い越せのムードだったのですが、追いつくためのサイン攻撃しかしていなくて、そこが消極的だったかなと思います。サインはほぼ僕が出すんですけど、(前の試合に来れなくて)自分自身試合が三週間ぐらい空いてしまったので、サイン出しもちょっとうまく出来なかったです」
ーとはいえ、とてもいい内容の試合だったと思いますが、監督から見て今日の試合は何点くらいですか?
「いい内容でしたが、サインミスもあったので前回同様80点くらいですね」
ー今日の試合を踏まえて、次の試合への抱負を聞かせてください。
「来るメンバーを固定して、ちゃんと試合に臨みたいです。今日も来るはずだったヤツが寝坊していまだに来ていないので、ポジションとかずれちゃったので…監督の人望で選手層は厚いんですけどね(笑)」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る