新人・大和山の逆転二塁打が旭化成のデビュー戦を勝利で飾る!

20140923_武蔵野サイドウォーカーズ vs 旭化成川崎野球部

武蔵野サイドウォーカーズ  vs  旭化成川崎野球部 (1-5)

2014年9月23日 富士見球場

担当:渡辺陽  撮影:松永英明

1 2 3 4 5
1 0 0 0 0 1
0 1 0 4 0 5

 

初回、サイドウォーカーズが先制。中村投手も完璧に抑え上々の立ち上がりでしたが、後半、旭化成の猛攻で5-1。旭化成がサイドウォーカーズを下しました。

【旭化成のデビュー戦の立ち上がりを攻めたサイドウォーカーズ】
チャンスは試合開始後すぐに訪れました。1番重田選手がフルカウントまで粘って四球。2番宇田川選手がバント。その後2連続四球で満塁になると5番兼光選手の三ゴロの間に1人還ります。サイドウォーカーズの忠実に次の塁を狙う姿勢が実り先制します。
旭化成はデビュー戦という事もあるのか、序盤は全体的に固さを感じました。
【中村投手の独特なピッチング】
その裏のサイドウォーカーズの守り。先発の中村投手は投球のモーションから投げるまでのタイミングが取り辛い投手で打者を翻弄。10球で三者凡退。最高の立ち上がり。

【平岡投手の笑顔の理由】
一方、旭化成の平岡投手の2回は、この回先頭の7番辰巳選手を初球死球。9番レクァンフィジュン選手を四球。1番重田選手は右前へ安打。一死で今日は2回目の満塁。突き放されるピンチなのにマウンド上での笑顔を絶やしません。全く投手心理がわからないまま続く2番、3番打者を高めのボール球を有効に使い2連続三振。このピンチを脱しました。
2回裏。その平岡投手からの打席。ボール球を1球見送って2球目。サードゴロかと思われましたが、走ってみると俊足で内野安打。圧巻の走りで自ら塁に出ます。5番多賀選手は技ありのプッシュバント。多賀選手も俊足で一塁へ全力疾走で内野安打。これが、相手の悪送球も誘いその間に二塁走者は三塁へ。あっという間に得点のチャンス。三塁の平岡選手は目前にしたホームベースにテンションを抑えられないといった感じで、三塁から相手バッテリーに走る素振りでプレッシャーをかけます。その平岡選手を見て7番品田選手の打席。「今、俺が打ってやるから待ってろ」という様な動作で平岡選手を落ち着かせ、打った打球はタイムリー左安打。あっという間に同点に追いつきます。
3回表。あれだけ走った平岡投手はこの回を三者凡退で抑えます。

【キッカケはまたこの選手】
4回裏1-1。一死で回ってきたのはまた、4番平岡選手。追い込まれながらも打った打球は遊ゴロ。さっきの足の早い印象があったせいかショートは処理を急ぎます。が、記録は内野安打!次の5番多賀選手を四球で出し、その後2連続四死球で今度は旭化成が満塁のチャンス。
【嬉しい誤算】
そして今日のヒーロー7番大和山選手。「無我夢中だった」と5球粘って6球目。打球はレフトへ。これが二塁打になり2人生還で逆転に成功。「人数が多かったので経験させる為の起用」と旭化成の山田監督。途中から守備交代で出場。チャンスとはいえ野球未経験には重過ぎる満塁という場面を経験し、旭化成野球部のデビュー戦を、勝利に導くこれ以上ない野球人生をスタートさせましたっ!

【終わりに】
まさか、ヒーローが野球未経験とは驚きました。打席が回ってくれば誰にでもチャンスがあるんだと思いました。
それと、旭化成の平岡投手。俊足を活かし一つのゴロから内野安打。そして積極的な走塁魂でチャンスを自分で作ってきっちり自分で2得点していたのが印象に残りました。
一方、武蔵野サイドウォーカーズは中村投手も野球経験が少ないとの事ですが、初回見事な立ち上がり。2回は同点に追いつかれましたが、内野安打構成で精神的に苦しい場面だったと思いますが、1点で抑えていたので、本土監督の「中村君はゲームを壊さない」と言う監督の信頼感に納得しました。次回の登板に期待したいと思います。
それに一塁コーチャーズボックスでの声出しが良かったと思います。特に誰か1人という訳ではなく、コーチャーズボックスに入ったらみんなが同じ様に、声を出していたところが、チーム全体で徹底されている感が伝わり好感を持てました。二塁にランナーが進塁した時はセカンド(orショート)がどの位置にいて、牽制はあるのかを声で伝えていてランナーはいつでも走る体制が意識づけられて、いいと思いました。

 

試合後インタビュー

旭化成川崎野球部 大和山誠司 さん渡辺陽より)

Q.途中、守備からの出場で、4回裏。一死満塁の大チャンスで逆転のタイムリーツーベース。2打点と活躍されました。まず、そのチャンスに打席に入った時の気持ちはいかがでしたか?
A.野球経験がなく、初めての試合であの(チャンスの)打席だったので緊張しました。

Q.全くの未経験ですか?
A.はい。サッカーをやっていました。

Q.とても未経験とは思えない大きな活躍でしたが?
A.前の(打席の)大久保君が打ってくれると思ってたのでリラックスしていましたが、突然回ってきた大きなチャンスに無我夢中でした。

Q.打った瞬間はどうでしたか?
A.とりあえず、レフト方向に飛んだのは分かったので、夢中で走りました。

Q.活躍して今、ヒーローという立場になった気持ちはいかがですか?
A.率直にうれしいです。

Q.これから野球をやって行くにあたって伸ばしていきたいところは何ですか?
A.今日は守備で打球が来てないんで、たぶん、それ来てたら怒られたと思うんで、(守備を)これから練習します。

Q.野球をやり始めようと思ったキッカケは?
A.サッカーも好きなんですけど、違うスポーツをやってみたくて。野球は細かくは見てないですけど、小さい時から見るのが好きだったので始めようと思いました。

Q.そうなると、幸先よく野球人生が始まったと思うのですが、次の試合への意気込みをお願いします。
A.まず、しっかり練習して今は人数合わせにしかなってないと思うので、戦力になれるように頑張りたいと思います。

旭化成川崎野球部 山田嗣 さん渡辺陽より)

Q.デビュー戦を見事、勝利で飾りました。まず試合を振り返っていかがでしたか?
A.最初の方は、ちょっと早打ちが目立って凡フライとか多かったのでそこは反省しなきゃいけないと思います。

Q.毎回、円陣を組んでましたが、作戦などありましたか?
A.グラウンドが硬かったので、たたきつけるバッティングを心掛けるのと、ミスしてもいいから思い切って行くという事です。

Q.今日は7安打と活躍されてる方が多かったんですが、監督的にはどの選手が良かったと思いますか?
A.やっぱり、大和山君かな。練習には、ちょこちょこ顔を出してくれているんですけど、彼は入ったばっかりで野球の経験もないとの事で、意外や意外って感じでした。

Q.同点のヒットを打った品田選手に代えての守備からの起用でしたが?
A.今日は人数も多く、なるべくみんなに経験させようと思っての起用でした。満塁の場面だったので、「思い切って振ってこい」とアドバイスだけしたらパコーンと(大きな当たりを)打ったので、みんな驚いてました。

Q.そうなると、次からの大和山選手のレギュラーっ獲得もありえますか?
A.まだ、守備とかも未知数なので練習とかの様子を見たい感じですね。

Q.投手の平岡選手についてはいかがでしたか?
A.球は早いんですけど、だいたい最初は四球とか不安定な状態で、それをひきずるか切り替わるかって投手です。

Q.バッティングでは2安打でいずれも内野安打と足も早い印象でしたが?
A.バッティングはピカイチなので任せています。

Q.今日、勝ちました。次の試合に向けての意気込みをお願いします。
A.今日みたいな感じでもいいんで、最終的にはミスを少なくしてやっていきたいと思います。

武蔵野サイドウォーカーズ 本土雄大 さん (渡辺陽より)

Q.まず、今日の試合を振り返っていかがでしたか?
A.チャンスを何回か作れたんですけど、最後の1本が出ず、(チャンスをいかせなかった事が)もったいなかったと思います。でも相手チームにうまい人が多い中、経験が少ない自分達としてはいいゲームができたと思います。

Q.初回、四球で出たランナーをバントで送ってチャンスをつなげて1点先制と、理想的な攻撃だったと思いますが、バッティングはどうでしたか?
A.相手の投手のボールが早くて、早いボールに慣れていない為、高めの球を空振りしない事と、ストライクゾーンに来たボールは積極的に振りに行くことを心がけました。

Q.良くサインを出してましたが、作戦はありましたか?
A.チームの攻め方としていかにランナーを三塁に進めていくかを常に考えているので、バントや盗塁で先の塁を狙うというところを心掛けていました。

Q.投手に関しては?
A.最初の方はいいリズムで3回まで(球数が)30球以下で良かったです。ただ、2巡目からとなると、相手がうまかったので捕まってしまいましたがよく投げてくれました。

Q.今日の投手の起用に関しては?
A.中村君はゲームを壊さないので、中継ぎ抑えで使う事が多い。今日は久々に先発をやらせてみようと思って。それにしてはいい立ち上がりでしたよね。

Q.投げ方が変わってますよね?
A.彼は未経験者なんですけど、自分なりに工夫してやってくれています。タイミングが取りにくい投手なので、自分としては嫌いなタイプです(笑)

Q.4回表のピンチの時にマウンドに集まってましたが、何をお話されてたんですか?
A.バントがあったらの守備の確認と、元々ピッチャーを4回から代える予定で続投させるかの確認です。中村君の調子が良かったのでそのままいったのですが、延ばした結果ピンチになってさぁ、どうしようって事になりました(笑)

Q.どこか強化していく部分などはありますか?
A.バッティングは水ものなので、守備と走塁は伸びしろがあると思うので、練習で伸ばしていこうと思います。

Q.お話を伺っていて、野球熱心なところがすごく伝わりました。次の試合に向けてどうしていきますか?
A.最後の一打を打つ為には個人でも練習してもらう必要がある。みんなで意識を高めて素振りとかバッティングセンターに行って、次の試合に備えたいと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る