湘南ZATTSがドラマチックな逆転サヨナラゲーム

20140921_横浜IPS vs 湘南ZATTS

横浜IPS  vs  湘南ZATTS (1-2×)

2014年9月21日 岸根公園野球場

担当:渡辺陽  撮影:松永英明

1 2 3 4 5 6 7
0 0 0 0 0 1 0 1
0 0 0 0 0 1 2

 

湘南ZATTS先発の河居投手。「悪いながらもよくもってくれた」と北村監督代行。初回はボール先行。四死球6つ出すもヒットは4回の不運な内野安打だけ。
一方、横浜IPSの先発松尾投手は球威・コントロール共に良く5回まで打たせて取るピッチングで味方の援護を待つ。
試合が動いたのは6回。四球で先頭打者が出塁、暴投で二塁まで行くと相手のエラーから横浜IPSが待望の1点を先制します。しかしその裏。1番打者始まる打順。「ヒットでもいいから(打って)チームの悪いムードを変えたかった」と石川選手。2ボール2ストライクの平行カウント。打ったボールは晴れ渡った大きな空へ勢い良く飛んで外野の柵を越えました。打った本人はそれと分かる当りにゆっくりベースを回ります。沈んでいた湘南ベンチに同点ホームランをプレゼントします!追いついた次の守り、河居投手は三者凡退で終わらせ、最終回への攻撃に望み託します。湘南ZATTSの攻撃はこの回先頭の横田選手が8級粘って放った打球はサードへ。サード金子選手も必死に追いますがこれが内野安打となります。逆転のランナーが出たところで、横浜IPSの内野陣がマウンドに集まります。
「とにかく1個ずつ丁寧にアウトを取っていく事を伝えた」と土橋監督。暴投があり7番浅田選手は中安打。無死一、三塁とすると、代打に三上選手がコールされます。
「ここで一発打ってやろう」と臨んだ打席。追い込まれながらも4球目。レフトの頭上を越えそうな打球は犠牲フライには充分。三塁走者がホームに還り、行け行け押せ押せムードに乗った湘南ZATTSがドラマチックな逆転サヨナラゲームで横浜IPSを下しました。

河居投手の我慢のピッチング

河居投手は立ち上がり、ボール先行で不安定さがありましたが自らの牽制で2つアウトを取るなどピンチを凌いでいました。1安打されるも打ち取った当たりで、太陽の光で野手がボールを見失っての不運なものでした。リードする和田捕手もワンバウンドのボールを良く前で止めていたと思います。

投手の頑張りに報いた2人のヒーロー

6回同点ホームランの石川選手。数秒、球場が無音になる様な感覚があった、素晴らしいバッティングでした。そして、最終回の代打サヨナラ弾の三上選手。「自信を持たないと雰囲気にのまれそうで」と言うコメントからも、好機ではありましたがそれに伴うプレッシャーもはねのけてのナイスバッティングでした。

いつもの変化球に球威も加わり好投

横浜IPSの松尾投手。打たせて取るピッチングに球威もあり5奪三振。
土橋捕手が要所でマウンド行ったり投手に声をかけ好サポートでした。

セカンドとサードの好守備

バッテリーもですが、セカンド福田選手の軽快な守備とサード金子選手の力強いファーストへの送球が目を惹きました。

終わりに

全体を通して見応えのある試合でした!お金を払わなくてもこんな面白い試合が観れるという、少し得した気分でした。中でも、同点で迎えた7回は、見ている方もハラハラ緊張する程で、今日はギャラリーも7人いたので、その人達にもいい試合をお届けできたんではないでしょうか?
野球がうまい事もそうですが、両チームとても爽やかで、スポーツマンシップがありました。個人的には、バット引きが印象的で、打った後、グラウンドに残ってるバットはなく、走塁の邪魔にならない様にどちらのチーム関係なく落ちたバットを拾っていた事です。細かい事ですが、ケガ防止にもなるし、気にする審判さんも多いので試合進行する上ではとても大事な事だと思いました。

 

試合後インタビュー

湘南ZATTS 石川大樹 さん(渡辺陽より)

6回に同点のホームラン

完璧な当たりで、球場が劇的な雰囲気になりました。ナイスバッティングでした!

Q.まず打席に立った時の気持ちをお願いします。
A.前の回にエラーで失点(先制されて)してしまって、チームの雰囲気も悪かった。(次の回の)先頭が自分で、シングルヒットでもいいのでなんとか一打でムードを変えたいと思った結果がああいう形(ホームラン)でした。

Q.狙ってましたか?(笑)
A.ホームランも打てればとも考えましたけど、自分らのチームはバッティングがいい人が揃っているので、とにかくヒットを打ってつなげればとなんとかなるかなと思いました。

Q.打った後、ゆっくりダイアモンドを走ってましたが、手応えはいかがでしたか?
A.打った瞬間にいい感触したんで、気分が上がっちゃいましたね。

Q.文句なしのホームランでしたね。
A.はい。文句なしでした。

Q.今日の調子はいかがでしたか?
A.先週も試合したんですけど、2安打打って最近調子が上がってますね。

Q.いつも試合するのに心がけてることはありますか?
A.1番を打つ事が多いんで、四球でも相手のエラーでもいいので出塁することですね。

Q.次の試合に向けての目標をお願いします。
A.今日の勝ちでチームがすごく良い雰囲気になったと思います。この調子を続けてまた次の試合も勝ちたいのと、個人的には、安打数を増やせるように頑張りたいと思います。

湘南ZATTS 三上康光 さん(渡辺陽より)

代打で逆転サヨナラの犠牲フライを打ち、見事勝負を決めた

Q.同点で迎えた最終回、無死一、三塁でサヨナラの場面。代打という大きな役割を背負っての打席だったと思いますが、どんな気持ちで臨まれましたか?
A.僕の長所は長打しかなかったので、ここで一発打ってやろうかなという気持ちでバッターボックスに立ちました。

Q.結構、自信をもって打席に立った感じですか?
A.そうですね。自信を持っていかないと雰囲気にのまれるかなと思ったので(笑)

Q.いつも試合で心掛けている事はありますか?
A.いつも気持ちはホームランを狙っています。三振か長打かというところはあるんですけど、思い切りの良いバッティングが持ち味です。

Q.誰か目指している野球選手とかはいらっしゃるんですか?
A.目指してはないんですけど、高橋由伸選手が好きです(笑)

Q.高橋選手の魅力はなんですか?
A.堂々としているというか、ここぞというところで頼れるバッターっていうところが憧れます。

Q.そんな、ホームランにこだわりを持っている三上選手。次の試合もやっぱり?
A.1番はチームに貢献する事で、ホームランを打ちたいというのは自分の目標です。

湘南ZATTS 北村彰一郎 さん(渡辺陽より)

Q.5回までどちらも譲らず、緊張感のある試合展開でしたが、最後、劇的なサヨナラ勝ち。今日の試合を振り返っていかがでしたか?
A.相手のピッチャーのコントロールが良くて、途中までヒットがなかなか打てなかった。先にエラーで1点取られてチームも沈んでいた。先週も同じ様にミスで点が取られて、また同じ事の繰り返しかなと思ったんですけど、ピッチャーがよく踏ん張ってくれて、打線もなんとか2巡目3巡目でポイントを掴んで、最後うまく(打てて)逆転できたと思います。

Q.作戦などはありましたか?
A.いつもフリーで好きにやってるんですけど、基本に忠実に打って最後までボールも良く見えてたと思います。

Q.チームの調子はいかがでしたか?
A.凡打は多かったんですけど、バッティングはまあまあ良かったと思います。ピッチャーは思った以上に悪かったと思います。それでも、尻上がりに調子を上げて、本人も不調だったと思うんですけどその中でもよく投げてよくもってくれたと思います。

Q.1本出ればサヨナラという最終回はどんな気持ちで臨まれましたか?
A.今日は後攻だったので、同点に追いつき負けがなくなったっていうので思い切り行こうと思いました。

Q.結果、最高の勝ち方ができましたね?
A.行け行け、押せ押せのいつものいい野球ができたと思います。うまく行けばこうやって勝てる日もあって、うまく行かない時がうちのチームの課題だと思います。

Q.三上選手の代打起用も当たりましたね!
A.久々だったのでどうかと思いましたが、ずっと準備してましたし、無死一、三塁のチャンスというのもあり、体もデカイので打ってくれると思いました。それ以上の結果を残してくれました。

Q.湘南ZATTSさんはG-LEAGUEで多く試合を組んで頂いてますが、その度にメンバーが違う印象があります。チームをまとめるのは大変じゃないですか?
A.仲はいいのでその点(チームワーク的に)は楽ですが、その時々で来れる来れないメンバーがいます。主力はある程度決まっていて、その人達が来ないと困るんですけど、そんな中でも今日は、控えのメンバーが活躍してくれたのが大きかったと思います。

Q.今日はチームがとてもいい雰囲気で勝てました。次の試合に向けて意気込みをお願いします。
A.先週、上位対決で負けてしまって、今日もいいチームと戦えて、今日はうまく勝てました。来週もバッティングがカギになると思うので維持できればいいかなと思います。

横浜IPS 土橋裕太 さん (渡辺陽より)

Q.まず、今日の試合を振り返っていかがでしたか?
A.ピッチャーは頑張ってくれたんですけど、みんな打てなくて、つながなきゃいけないところもつなげず、最後は守備でも崩れてしまってもったいない負け方だったと思います。

Q.何か作戦はありましたか?
A.今日は打てない分、足とか動かして点を取っていこうと思ったんですけど、それも形にはまらず、散々な結果になってしまった。

Q.先発松尾投手の球威、球速ともに良かったと思いますが、捕手として受けていてどうでしたか?
A.ストレートもキテましたが、もともとは変化球を軸にしてコントロールでカウントを取っていくピッチャーなのでいつも通りにストレートをうまく組み合わせて配球しました。

Q.守備も良かったと思います。個人的には、二塁手の福田選手と三塁手の金子選手の守備が軽快で見ていて気持ち良かったですが?
A.セカンドは守備の要で、うちの戦力。いつも通りかと思いますが、金子君は今日は頑張ってくれて、予定以上に活躍してくれました(笑)

Q.監督が推している選手はいますか?
A.今日だとライトの佐藤(颯)に期待していますが、監督という立場なので、みんなを信頼してやっています。

Q.同点で迎えた7回裏の最終回。大事な場面だったと思います。無死でサヨナラのランナーを出したところで、全員をマウンドに集めてましたが、何をお話されてたんですか?
A.こうゆう展開なのはしょうがないので、1個ずつ丁寧にアウトを取っていこうと話しました。

Q.また次に試合があるかと思いますが、それに向けての意気込みをお願いします。
A.今日は打ち負けたという部分があるので、やっぱり打たないと点は入らないので打って行きたいと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る