ヤンキース 見せた終盤の集中力!

20140914_和田町ヤンキース vs 湘南ZATTS

和田町ヤンキース  vs  湘南ZATTS (7-2)

2014年9月14日 多摩川ガス橋緑地野球場

担当:富田隆  撮影:川口浩輝

1 2 3 4 5 6
2 0 0 0 0 5 7
1 0 0 0 1 0 2

 

暑さの残る大田区・多摩川沿いで行なわれた試合は、4thシーズン現在1位・湘南ZATTSと同3位・和田町ヤンキースの対決。五回にZATTSが追いついて2-2としたが、六回(最終回)にヤンキースが3本のタイムリーヒットなどで一挙5点を奪い、そのまま7ー2で勝利した。

■ 4番岡村の2点二塁打でヤンキース先制
 ヤンキースは初回にチャンス。四球のシノハラ選手と左前安打の本郷選手を置いた1死二・三塁の場面で、4番 岡村選手はライト右への二塁打。2人を還し先制点を挙げた。

■ ZATTS北村、自ら同点打
 ヤンキース1点リードのまま迎えた五回裏。ZATTSは横田選手・平本選手の安打などで2死満塁とし、打者は今日の先発投手・北村選手。打球は二塁手の頭を越え三塁走者が還り同点、しかし二塁走者は本塁で刺され逆転はならず。

■ 適時打3本で勝負決める
 追いつかれたヤンキースは六回、1死一・二塁から果敢に重盗。これが相手失策を誘い1点を勝ち越した。続くチャンスで栗栖選手が前進守備の一二塁間を破る2点適時打、更に本郷選手と岡村選手にも適時打が出てこの回5得点、勝負を決めた。

 

試合後インタビュー

和田町ヤンキース 栗栖伸隆 さん富田隆より)

― 最終回に勝利をぐっと引き寄せる2点タイムリーヒット。

「前の打席までは引っ掛けてしまっていたので、右方向を意識した。(走者を)還すというよりは つなげていく意識で打ちました」

和田町ヤンキース 本郷友洋 さん富田隆より)

「今日は相手が強いということが事前にわかっていたので、1点を争う試合になると思って臨みました」

― 送りバントやスクイズなど、監督から頻繁に指示が出ていたように見えました。
「先週くらいからサインを交えて攻撃することを意識して取り組んでいる。こちらから仕掛けていくということを試合前から意識していて、今日たまたまですけど
いい結果が出た。その姿勢がよかったかな」

湘南ZATTS 平本明寛 さん (富田隆より)

「バッティングは、チャンスは作れても(タイムリーが)1本出なかったりとか、ホームでアウトになったのが2回もあったりして、ちょっと無駄な攻撃があったなと思う。守備では要所々々でエラーが出てしまって・・・まあ負けてもしょうがないかなという内容でした」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る