初回ビッグイニングから引き締まった投手戦!ジャンキーズB vs 神田レボリューション

20140913_ジャンキーズB vs 神田レボリューション

ジャンキーズB  vs  神田レボリューション (5-5)

2014年9月13日 江戸川河川敷グラウンド 京成鉄橋上流(小岩緑地)

担当:亀山美波  撮影:清水宏美

1 2 3 4 5
4 0 0 1 0 5
5 0 0 0 0 5

 

試合は両チームとも初回から大きく動いた。乱打戦になるかと思われたが、両チームの投手が2回以降は締まった試合を展開した。両チーム守備・攻撃とも大きな声で試合を盛り上げ、はつらつとした非常にいい試合となった。

<ジャンキーズB 初回の猛攻>
1回表、ジャンキーズBが一気呵成の攻撃。2番山田選手、3番柏崎選手が内野安打で出塁、6番冨樫選手のフォアボールで2アウト満塁にすると、6番平林選手の内野の間を抜くヒットで2得点。続く7番山田選手が勢いのまま右中間への2ベースヒットを放ち、この回4得点とした。

<神田レボリューション 5得点での逆転!>
本日がリーグデビュー戦、後攻の神田レボリューションは1番松下選手のデッドボールと3番福本選手のフォアボールでランナーを進め、2アウトから5番久木野選手のライト前ヒットで2点を先制。その後も相手のエラーやフォアボールを絡め、貯まったランナーを9番石橋選手のレフト前ヒットで返し、この回一挙5得点とし、逆転を果たす。

<膠着状態から同点へ>
1点を追うジャンキーズBは2回3回とランナーを得点圏まで進めるも、神田レボリューションの好守備に阻まれなかなか得点に結びつかない。一方の神田レボリューションも追加得点はなく、一時試合は膠着状態となる。
しかし4回、ジャンキーズBが相手エラーで出たランナーを3番柏崎選手がレフト前ヒットで返し、試合を振り出しに戻した。
続く5回は両チームとも無得点に終わり、時間制限のため5対5の引き分けとなった。

 

試合後インタビュー

ジャンキーズB 柏崎修一 さん貝崎弘章より)

ー本日引き分けでしたが、攻撃面と守備面について、監督の見解を聞かせてください。

攻撃は初回、相手のミスにうまくヒットも重なって大量点を奪えたのですが、2回目以降3回4回とチャンスをつくった後に1本でなかったところが、反省かなと思います。
守備では、初回のピッチャーがなかなかストライクとれず安定せず、それにポテンヒットが絡まって大量点・・・ピッチャーがすべてかなと思います、守備においては。

ーそういう面では、初回の大量点はプラスの要因でしたね。
そうですね。長打もあったので、今日は楽な試合になるかなと思いもしたのですが、そう甘くもいかなかったですね。

ー4回に追いつきました。先頭バッターの吉田選手が足をつりながら力走を見せました。
先頭バッターで、時間的にも最終回かどうかというイニングだったので、何とか塁に出てほしいと思っていました。よくやってくれたと思います。

ー柏崎選手ご自身が同点のタイムリーヒットを打ちましたが、どのような気持ちで打席に立ちましたか?
前の2番バッターが、セーフティ気味ですけども送られて、自分が結果を出さなければいけない場面だったので、1アウトだったので、外野フライを打つつもりでうまく拾えたかなと思います。

神田レボリューション 梅本昌弘 さん (茂木麻実より)

一回裏の打撃奮起について

「とにかく後ろへ繋ぐことしか考えていなかった。なんとか1点でも返そうと思い、それがうまく繋がった。」

自チームの投手について

「球が散らばりまとまりに欠けていた。相手の勢いをつけないために、先頭バッターをなるべく出さないようにした」

デビュー戦を終え今後の目標について

「いろんなチームと対戦していき、自分のチームにないところを吸収していきたい。」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る