2回裏ビッグイニングでウィルゲート圧勝

20140831_マルサカスピリッツ vs ウィルゲート

マルサカスピリッツ  vs  ウィルゲート (3-21)

2014年8月31日 富士見球場

担当:清水宏美  撮影:松永英明

1 2 3 4
2 0 1 0 3
2 17 2 21

 

2回裏、ウィルゲートは、マルサカスピリッツ山崎投手が崩れたところを、容赦なく足で攻め立てる。打撃でも長打含むヒット3本が飛び出し、一気になんと17得点。試合を決めた。
4番中屋敷選手は、1回裏ライト越えの3塁打、2回裏センター越え2塁打と、長打2本の活躍を見せた。

■拮抗した1回
マルサカスピリッツは先頭打者山崎選手の右中間ヒットから幸先良く試合をスタート。4番五味選手がライト前ヒットで先制点、続く渡久地選手もセンター前ヒットと、2点を得点。
裏では、サイドスローの中畑投手がウィルゲート打線から早々に2アウトをとるも、中屋敷選手の3塁打と佐藤選手の相手バッテリーの隙をつく走りで同点となる。

■佐久間投手の好投からリズムをつくる
この日の勝利投手佐久間投手は、2回表、奪三振2とショートゴロで三者凡退に抑え、裏のビッグイニングへのリズムをつくった。4回で奪三振6をとり、好調なピッチングを見せた。

 

試合後インタビュー

ウィルゲート 中屋敷龍太郎 さん(清水宏美より)

(長打2本、打点4点の活躍)

ー1回裏3塁だを打たれたシーン、どのような気持ちで打席に入りましたか?
相手のピッチャーがサイドスローだったので、本来僕は右打ちなんですが、左打ちでいきました。球が見やすそうだったので。そしたら、上手くいきました。

ー2回裏でランナー2人を返したシーンではいかがでしたでしょうか?
いっこ前の打席で狙いやすい球を見定めていたので、それを待っていたらいけました。外に逃げる気味のゆるい球がきたのでバチコーンといきました。

ー普段バッティングで心がけている点を教えてください。
力む癖があるので、リラックスして打席に入ると調子がいいので、今日はそれを意識しました。

ウィルゲート 川口太希 さん (清水宏美より)

ーチームの出来はいかがでしたか?
ここ2試合勝ちがなかったので、まず素直に勝てて嬉しいです。その上で、2点良かった点があります。

まず、バッティングの面で、普段なかなかビッグイニングをつくれていないのですが、今日はビッグイニングをつくって、相手が崩れたのもあったのですが、しっかり4番の中屋敷選手が一発かましてくれてよかたです。

また、守りの面で言うと、普段はパスボール・フォアボールが多いのですが、今日は締めるところは締めて、3人で切る場面もできて、守りからうまくリズムをつくれたのではないかなと思います。

ー今後の抱負をお願いします。
今日始まる前、ランキング49位だったのですが、ここからいっこいっこ勝って順位を上げて、上昇軍団になれるようにがんばりたいと思います。

マルサカスピリッツ 本間 さん (清水宏美より)

ー試合をふりかえっていかがでしょうか。
予定通りでした!(笑)
うちの若いピッチャーが昨夜クラブにいってまして(笑)、不調でした。

ー今後に向けてどういった改善をしていかれますか?
もうちょっと基礎的な練習をして、エラーとミスがないようにやっていきたいと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る