最終回2者連続HRでダメ押し!NEO UNIVERSE10連勝の快挙!

20140809_NEO UNIVERSE vs ワイルドキャッツ

NEO UNIVERSE  vs ワイルドキャッツ  (4-1)

2014年8月9日 浮間公園野球場(都立)

担当:松川達也  撮影:竹淵大樹

1 2 3 4 5 6
N 0 2 0 0 0 2 4
0 1 0 0 0 0 1

 

台風の迫る中行われたNEO UNIVERSEとワイルドキャッツの試合、先制したNEO UNIVERSEが終盤の連続本塁打で粘るワイルドキャッツを振りきった。

ワイルドキャッツは初回、1、2番の連打で1・3塁のチャンスを作り4番山崎選手がライトへの飛球。犠飛で先制かと思われたがNEO UNIVERSEの右翼手文選手が好返球で本塁封殺し、先制点を許さない。
NEO UNIVERSEは2回、先頭の大竹選手が四球を選び盗塁などで3塁へ進むと、続く豊田選手が二塁打を放ち先制。相手失策で豊田選手も追加点をあげたNEO UNIVERSEだが、ワイルドキャッツもその裏にすかさず反撃。先頭の山田選手が内野安打で出塁し、渡部選手の左中間二塁打で本塁へ還り1点差とする。

ワイルドキャッツは3回以降、先発の山田投手が3イニングを1安打に抑える好投を見せるが、対するNEO UNIVERSE小久保投手もランナーこそ出すものの、山田捕手の盗塁刺もあり3イニングを無得点に抑える。

緊迫した試合が動いたのは6回。NEO UNIVERSE5番の大竹選手が左翼に柵越えの本塁打を放つと、続く6番豊田選手も左中間に柵越えの本塁打。2者連続の本塁打でリードを広げたNEO UNIVERSEは最終回のワイルドキャッツ攻撃を3人で打ち取り、G-LEAGUE10連勝を飾った。

 

試合後インタビュー

NEO UNIVERSE   豊田真之 さん (松川達也より)

3打数2安打2打点ということで、いいところで打ててよかった。

(2者連続となった本塁打について)
前の打者がカーブをホームランにしていたので、ストレートを狙っていたがそのストレートをいい形で打てた。今後の試合の中でも活躍して連勝を続けられたらと思う。

NEO UNIVERSE  窪寺健太 さん (松川達也より)

ピッチャーの小久保が久しぶりに来て試合を作ってくれたので、そこに打線が応えられたといういい流れで試合が運べたと思う。

(これで10連勝だが)
特に意識することなく、また1勝ずつ積み重ねていきたい。

ワイルドキャッツ 西澤監督 (松川達也より)

(試合会場の前のコマを練習のために抑えて)ウォーミングアップを確実にやっていたが、それが試合に生かせなかったのが残念。打線がちょっとつながらなかったところがあったので、しっかりとその辺をつないでいくような野球を次に向けてやっていきたい。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る