雷雨にも負けず武蔵野サイドウォーカーズ逆転サヨナラ!

20140727_我がレジェンズ vs 武蔵野サイドウォーカーズ

我がレジェンズ  vs 武蔵野サイドウォーカーズ  (5-6×)

2014年7月27日 大宮けんぽグラウンド

担当:河島あす美  撮影:川口浩輝

1 2 3 4
3 2 0 0 5
1 0 1 6

 

梅雨明けの強い日差しの中開始した試合も、中盤からは雷雨にみまわれ、なんとか成立することができた。

1回表、我がレジェンズは1.2番が四球で出塁すると、盗塁を重ねてランナー2.3塁から3番中田選手がレフト前へタイムリーヒット。1点を先制する。その後4番が四球で出塁し、ノーアウト満塁から5番川久保選手がセンター前へタイムリーヒットを放ち2点目。その後も1点を追加し、初回から3点を取る。
その裏の武蔵野サイドウォーカーズの攻撃。1番名川選手が四球で出塁すると、2盗3盗し、1アウトランナー3塁から3番重田選手の打球をレフトが失策し、1点を返す。
2回表、我がレジェンズは四球を重ね1点を追加すると、2アウトランナー3塁から5番川久保選手が2本目のタイムリーヒットを放ち、さらに1点を追加する。

その後3回裏に武蔵野サイドウォーカーズは1点を返し、迎えた4回、我がレジェンズが無得点に終わると、その裏3回を追う武蔵野サイドウォーカーズは5番福島選手が相手の失策で出塁。6番並木選手もバントヒットで出塁するが、続く7番8番が三振に倒れる。しかし、ツーアウト2.3塁から途中出場の9番山縣選手がライトオーバーのタイムリースリーベースを放ち2点を返す。その後、ワイルドピッチでランナーがホームに帰り、同点に追いつくと、1.2番が四球で出塁し、3番重田選手がレフト前へタイムリーヒットを放ち、逆転。試合時間の都合により、4回サヨナラゲームとなった。

両チームとも投手の制球が定まりにくく、四球の多い試合となったが、要所要所で好守、好打が見られた。
中盤から雨も降りプレーしにくい状況の中、活気のある試合となった。

試合後インタビュー

武蔵野サイドウォーカーズ   山縣洸貴 さん (河島あす美より)

-2打数2安打2打点という活躍
そうですね。途中からの出場ということは決まっていたので、負けていましたので、なんとか塁に出てチームに勢いをつけられたらなと思って打席に立っていました。

-スタメンではなく途中出場 どのような気持ちで
2番手でピッチャーで入る予定だったので、ピッチングに集中しようと思っていたんですが、チャンスを頂いたのでなんとかそこで塁に出たいなという気持ちで。

-次の試合に向けての抱負
前の試合引き分けで、今回サヨナラ勝ちということで、だんだんチームに粘りが出てきたと思うので、次の試合はもう少し早めに点を取って、ピッチャーを楽にしたいなと思います。

武蔵野サイドウォーカーズ  石井敬比古 さん (河島あす美より)

-4回サヨナラ勝ち
前回も引き分けだったんですけど、今日も我慢の展開が続いて、相手のバッテリーも良かったんで盗塁とかも刺されてたんで、どう打ち崩すかというのを考えながらサインを出していたんですけど、最後は塁出て走って足を絡めて最後ヒットという形で、良い形でサヨナラにできたので良かったと思います。

-次の試合に向けての抱負
やっぱり今日みたいに、しんどくても粘って守り抜いて、チャンスをものにするという形の野球ができたらいいかなと思います。

 我がレジェンズ 中田拓哉 さん (河島あす美より)

-今日の試合の反省点
今日はピッチャーの松村が非常に良いピッチングをしていたんですけども、守備の乱れで失点を許してしまったので、そこが反省点だと思います。あと打撃もチャンスがあったんですけど、大事なところで一本がでなかったのが残念でした。

-次の試合に向けての抱負
やはり守備が課題ですので、各自が練習して課題を克服していくこと。あとはやはり大事なところで一本がでるように、試合を意識したバッティング練習をしていきたいと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る