2度の逆転劇の末に勝利を呼び込んだ和田町ヤンキース

20140726_和田町ヤンキース vs Tslugger

和田町ヤンキース  vs Tslugger  (7-5)

2014年7月26日 上丸子天神第4野球場

担当:清水宏美  撮影:鈴木 

1 2 3 4 5 6 7
0 0 1 2 1 3 0 7
T 0 0 5 0 0 0 0 5

 

3回裏、一気に5点を得点され逆転された和田町ヤンキースだったが、チームの士気はまったく衰えなかった。打線・守備ともにギアが入り直り、相手のミスも容赦なく点につなげ、再度の逆転を果たし、勝利を飾った。

■和田町ヤンキース本郷、先制の二塁打
3回表、2巡目の本郷選手、初球から打ちにいき、レフトオーバーの二塁打を放つ。フォアボールで出塁していた中村選手が本塁を踏み、和田町ヤンキース先制。

■3回裏、Tslugger打線爆発
その裏、Tsluggerは打線が爆発。北川選手のヒットに野手の悪送球を絡め2点を得点し逆転。さらに武田選手の満塁の場面での二塁打で、一気に3点得点。このとき、ホーム帰還3人目の稲田選手は見事にヘッドスライディングを決めた。この回でヒット5本を量産する。

■和田町ヤンキース再び逆転
しかし、その後、和田町ヤンキース栗栖投手が、打ち取るピッチングで追加点を許さず、こつこつと点を取り返した和田町ヤンキースが再び逆転、勝利を飾った。

 

試合後インタビュー

和田町ヤンキース   栗栖伸隆 さん (清水宏美より)

(自責点1、後半を守り抜いた)

ー本日のピッチングの良かった点を教えてください。
3回の大量失点以降は、打たせていくピッチングで、押さえることができました。

ー前回のヒーローインタビュー時に「フォアボールをなくしていきたい」との意気込みがありましたが、その点はいかがでしたか?
今回も少し出してしまったのですが、低めを意識しつつ、少しずつ改善できているかなと思います。

ー次回に向けて抱負をお願いします。
理想はフォアボールを出さないことなので、0を目標にしてやっていきたいと思います。

和田町ヤンキース  森山和人 さん (清水宏美より)

ー今日の試合の勝因を教えてください。
逆転されてから、バッティングの集中力が増したのがよかったかなと思います。

ー打線がよかったということですね。
前半はあまりよくなかったが、点差が開いてからは集中してボールを見れていてよかったです。ボールをよく見極められていました。

ー栗栖投手の出来はいかがでしたか?
ストレートがかなり走っていました。コントロールも、絶好調の時には及ばないものの前回よりもよくなっていました。

ー次回の抱負をお願いします。
次回は、今回とは違って、もっと楽に試合運びができるように、勝ったままの状態で逃げ切れることを目指したいと思います。

Tslugger 島田拓実 さん (清水宏美より)

ーよかった点を教えてください。
3回に5点とったのですが、チャンスの時にイケイケのムードをつくれて、みんなでつながって打てたのが良かったです。

ー敗戦の要因を教えてください。
ピッチャーの継投のタイミングが悪かったです。もっと早いところから変えていれば、点数をとられないで勝てる雰囲気をつくれたのではないかと思います。

ーそれぞれのピッチャーの登用の意図を教えてもらえますか?
久保田投手は打たせてとるピッチングができるピッチャーで、北川投手は三振がとれるピッチャー、伊藤投手はマルチに三振もとれ打たせてもとれ、変化球も良いので、対応しやすい投手です。

ー最後まで粘ったものの、逆転に一歩及ばずでしたが、何が足りなかったのでしょうか?
もっとみんなが野球を知っていればよかったかなと思います。好きなときにバンバン打ってしまい、あげちゃったりしてたので、もっとつなげればよかったかなと思います。相手を助けてしまいました。今後の課題です。

ー次回の抱負をお願いします。
ピッチャーと守備でリズムをつくって攻撃につなげられるような野球をできればと思います。 

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る