BITE太田ノーヒットノーラン!

20140719_横浜アパッチ vs BITE

横浜アパッチ  vs BITE  (0-7)

2014年7月19日 浮間公園野球場(都立)

担当:清水宏美  撮影:松永英明

1 2 3 4 5 6
0 0 0 0 0 0 0
B 3 0 0 1 0 3 7

 

G-LEAGUE3試合ぶりの登板となったBITE太田投手。5回表のフォアボール以外、横浜アパッチを塁に出すことなく、ノーヒットノーランを達成した。攻撃においても初回先頭バッター柿崎選手のレフト前ヒットを皮切りに、1回表でヒットが4本飛び出し勢いに乗ったBITE。投打で横浜アパッチを圧倒しコールド勝ちとなった。

■左投げの多彩な変化球で8奪三振

BITE太田投手は、全7回を投げ切り、66球で試合を終えた。インコースとアウトコースを投げ分け、8奪三振。野手もエラーのない堅守を見せ、太田投手をしっかりとバックアップした。

■チャンスをすべて活かした打線

1回裏で自身のG-LEAGUE初ヒットを放ったBITE柿崎選手は、4回裏でもフォアボールで出塁したランナーを犠打で返し、打点を計上、好調ぶりを見せる。6回裏では、センター前ヒットで塁に出た勝又選手が、2盗で積極的に塁を進めワイルドピッチで隙をつきホームイン、後続のランナーもワイルドピッチを逃さず追加点を上げ、相手のミスを容赦なく活用し、コールドとした。

■新人参入に湧く横浜アパッチ

横浜アパッチは、コールド負けとなってしまったが、ベンチは終始声をかけ合いいいムードだった。若い新人も入ってきているタイミングとあり、今回がG-LEAGUE初の選手もちらほら。チームとしての勢いもますます増してくるだろうことに試合が持てる一戦であった。

 

試合後インタビュー

BITE  太田海斗 さん (清水宏美より)

ー素晴らしいピッチングでした。要因を教えてください。
今日良かった点は、変化球でストライクがとれたことと、コントロールよく投げれたことかと思います。

ーキャッチャーとのやり取りはしているんですか?
あまりしていないです。自分が投げたいボールを投げさせてもらっている感じです。

ー普段、ピッチングで心がけていることはありますか?
基本的には低めに投げることを心がけています。

ーそれできちんと押さえているんですね。今日も四球1つでした。
はい。

ー次戦に向けての抱負をお願いします。
次回の登板もこのようなピッチングが出来ればと思うので、低めを心がけながら投げていければと思います。

BITE 伊藤剛史 さん (清水宏美より)

ー本日の良かった点を教えてください。
ピッチャーがよく、いい流れをつくってくれたので、点もしっかり取りにいくことができました。

ー太田投手は普段からコントロールが良いのでしょうか?
そうですね。インコース、アウトコース投げ分けれるいいピッチャーだと思います。

ー今日は守備もよかったと思います。
前回ひどかったので、今回は守れてよかったです。

ー打線の評価はいかがですか?
もともとあまりヒットが出ない打線で、相手のミスで乗じて点を取るのがうちのスタイルですが、今日はそれをきっちりできたかなと思います。

ー次への抱負で締めていただければと思います。
ランキングがあるので、なるべく上にいけるようにがんばりたいと思います!

横浜アパッチ 北村 さん (清水宏美より)

ー今日の試合を振り返って一言お願いします。
負けてても元気にチームプレーができたのが良かったです。後は、楽天のまーくんと巨人の菅野に良く似てるって言われます(笑)

ー相手チームさんはどこら辺が良かったですか?
ピッチャーが良かったです。左投げ、すばらしかったです。

ー次の試合に向けて抱負をお願いします。
160キロ出します!

ー出してくださいね!よろしくお願いします。
がんばります!

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る