最終回追いつくもIPS-サイドウォーカーズ決着つかず!

20140720_横浜IPS vs 武蔵野サイドウォーカーズ

横浜IPS vs 武蔵野サイドウォーカーズ (4-4)

2014年7月20日 上丸子天神第4野球場

担当:山口あずさ  撮影:松永英明 

1 2 3 4 5 6
1 1 0 0 2 0 4
0 0 0 0 0 4 4

 

日差しも強くなり、気温も上昇してきた正午、横浜IPSと武蔵野サイドウォーカーズの試合の火ぶたが切って落とされました。

1回の表、横浜IPSは、ダブルヘッダーとなる前の試合の勢いそのままに、4番岩渕選手のレフト方向への二塁打で1点を先制します。2回表にも、武蔵野サイドウォーカーズのエラーもあり、さらに1点を追加し、試合の主導権を握ります。その裏、武蔵野サイドウォーカーズも2アウトから重田選手が四球で出塁、なおも2盗塁で二死3塁としますが、無得点。その後、両チーム守備も安定し、3・4回と無得点のまま5回に進みます。
5回表、武蔵野サイドウォーカーズは控え選手を出し、がらりと守備を交代します。代わりっぱなを攻めたて、8番佐藤選手、1番磯部選手がヒットで出塁し、2番安田選手の打席での牽制エラー、さらに暴投で1点を追加します。そして安田選手も右中間を破る二塁打でもう1点。4-0と武蔵野サイドウォーカーズを突き放します。5回裏、反撃したい武蔵野サイドウォーカーズですが、一死満塁からダブルプレーでチャンスをものにできません。


時間上最終回となった6回表、横浜IPSを三者凡退に抑えると、その裏武蔵野サイドウォーカーズの猛攻が始まります。この回からマウンドに上がったピッチャー渋谷の連続四球で、一死1・3塁とすると、本土選手の打席でダブルスチールを決め、1点を返します。なおも四球が続き、ピッチャーは渋谷選手から磯部選手に交代。満塁からショートゴロの間に1点を追加。さらに二死2・3塁から8番中村選手の二塁打で2点を追加し、最終回で同点に追いつくという粘りを見せます。

結果として4-4の引き分けに終わりましたが、終始緊迫した試合で、最後まで盛り上がっていたのが印象的でした。暑い中、特にダブルヘッダーだった横浜IPS、お疲れ様でした。

試合後インタビュー

横浜IPS   土橋裕太 さん (山口あずさより)

―試合を振り返っていかがでしたか
『人が足りない中で上手く回していたが、勝てなかったのは悔しいです』

―守備交代も多くされていましたが、どのような意図がありましたか
『今日はいろいろなポジションを試して、どのポジションが出来るのかという挑戦をしてみました』

―守備交代のタイミングはどのようなところで
『基本的にはピッチャーのいけるとこまでやってもらって、それを見計らって交代しました』

―最後に、今後の抱負をお願いします
『しっかりと勝てること、あとは楽しむことがこのチームの形なので、(今日のように)みんながいろいろなポジションをやっていけるようにしたいです。』

武蔵野サイドウォーカーズ  本土雄大 さん (山口あずさより)

―試合を振り返っていかがでしたか
『相手チーム(横浜IPS)が上手い人ばかりで、最初は圧倒されたが、こちらも頑張って、粘って、最後の最後で追いつくという最高の試合ができました』

―追いついた最終回、雰囲気はいかがでしたか
『とてもよかったと思います!(笑)何回も満塁があり、良い野球ができました。楽しかったです。』

―盗塁が多かったように思うが、普段から足を使った攻撃をするチームですか?
『サインプレーをしっかりして、盗塁などの成功率を高めるためのことはしています』

―今後の抱負をお願いします
『ここ数試合雨で流れて、フラストレーションがたまっていたので、これからG-LEAGUEでたくさん試合をして、順位をどんどん上げていきたいと思います!』

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る