両チーム3本のHR!横浜IPSコールド勝ち!

20140720_和田町ヤンキース vs 横浜IPS

和田町ヤンキース  vs 横浜IPS (1-11)

2014年7月20日 上丸子天神第4野球場

担当:山口あずさ  撮影:松永英明 

1 2 3 4
1 0 0 0 1
6 2 0 11

 

雨も心配されましたが、そんな予報を吹きとばす快晴のもと、和田町ヤンキースと横浜IPSの試合がおこなわれました。

初回、和田町ヤンキース1番・岡村選手のセンター方向への初球ホームランで、この試合は幕を開けます。しかしその裏、横浜IPSも反撃します。一死から3連続四球で満塁とすると、5番渋谷選手の打球は相手エラーを誘い、2点を返し逆転に成功。さらに阿部選手の二塁打で1点を追加、そして7番・星野選手の初球はセンター方向への3ランホームランとなり、一挙6得点し、和田町ヤンキースを突き放します。
勢いそのままに、横浜IPSの松尾投手は、2回の表を0点で切り抜けると、2回の裏、横浜IPSは無死2・3塁から、3番岩渕選手の内野ゴロの間に1点、さらに4番土橋選手のセンター前ヒットで1点、この回2点をダメ押しします。
3回を両者無得点で終え、迎える4回表を無得点に抑えた横浜IPSは、その裏、先頭磯部選手が四球で出塁。一死のち、岩渕選手もヒットで出塁。そして二死から、渋谷選手が4球目をセンター方向に運び、3ランホームランで3点追加!11-1の4回コールドゲームで、横浜IPSに軍配が上がりました。


両チーム合わせて、3本のホームランが出るという、非常に珍しい試合となりました。
その中でもチャンスをしっかりとものにした、横浜IPSが大量得点につながったと思います。
暑い中でしたが、両チーム終始良い雰囲気で試合をおこなっていました。
お疲れ様でした。

試合後インタビュー

横浜IPS   渋谷浩平 さん (山口あずさより)

(コールドを決める3ランホームランを放つ)

―最後のコールドを決めたホームラン、打席ではどんな気持ちでしたか
『ホームラン自体は狙っていたわけではありませんが、まっすぐを狙って、思い切り振り抜きました。』

―普段からホームランは打つ方ですか?
『たまに打ちます(笑)』

―次の試合への抱負をお願いします
『疲れを見せずに、思い切り声を出してやっていきます』

横浜IPS  土橋裕太 さん (山口あずさより)

―試合を振り返っていかがでしたか
『最初の先頭打者ホームランは予想外だったが、その後みんなで打ち勝てたのでよかった』

―この試合ではホームランが2本も出ているが、長打のチームですか?
『決してそんなことはありません。今回はたまたまです。』

―(この日ダブルヘッダー)次の試合へ向けて一言お願いします
『繋いで(点を入れて)いくチームなので、それを続けていけるようにしたいです。』

和田町ヤンキース 森山和人 さん (山口あずさより)

―試合を振り返っていかがですか
『やっぱり、1回の裏の大量失点が痛かったです。』

―(この日ダブルヘッダー)打ち勝った1試合目とこの試合とで、何か違った点はありますか
『この試合では、相手が若いこともあって、少しびびってしまった。その結果、フォアボールでランナーをためて、長打で大量失点という風になってしまった。自分たちの野球が出来なかったのが、1試合目との違いだと思います。』

―投手交代のタイミングはどの辺りで考えましたか
『1人目が乱調だったので、(3回裏に)2人目に交代しました。』

―今後の抱負をお願いします
『勝っていきたいので、そのために当り前のことをやり、特にフォアボールやエラーは失点に繋がるので、そこらへんを修正していきたい』

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る