二塁打6本の打撃戦!和田町ヤンキースが制す!

20140720_和田町ヤンキース vs 原木三丁目

和田町ヤンキース  vs 原木三丁目  (8-5)

2014年7月20日 上丸子天神第4野球場

担当:山口あずさ  撮影:松永英明 

1 2 3 4 5 6
1 5 1 0 0 1 8
0 0 0 0 5 0 5

 

上丸子天神第4球場にて、和田町ヤンキースと原木三丁目の試合が行われました。

1回の表、和田町ヤンキースは、立ち上がり制球の定まらない原木三丁目の先発・笠原選手を攻めたて、四死球と盗塁で無死2・3塁とすると、3番・寺本選手のレフト前へのタイムリーで1点を先制します。その裏、原木三丁目も1死から1・2塁としますが、無得点に終わります。
2回の表、和田町ヤンキースは3連続四死球でいきなり無死満塁と、またもチャンスを作ると、2番栗栖選手の放った打球は相手のエラーを誘い、2点目。更に、初回にもタイムリーを放った寺本選手がセンターオーバーの二塁打を打ち、更に2点を追加します。2アウトとしたあと、6番・岡村選手も二塁打を打ち、更に2点。打者一巡の猛攻で一挙5点のビッグイニングとし、原木三丁目を突き放します。反撃したい原木三丁目ですが、その裏は無得点。
3回の表、原木三丁目は守備を変更し、竹野選手がマウンドに立ちます。が、和田町ヤンキースの先頭バッター長曽選手にいきなり二塁打を許すと、2番栗栖選手にも二塁打を許し、また1点。流れを止めることができません。
その裏、和田町ヤンキースも守備陣をがらりと変更。この日2本のヒットを放っている、寺本選手がマウンドに立ちます。しかし、四死球、盗塁、さらには自らの暴投もあり、二死満塁のピンチを迎えます。バッターは交代したばかりで初打席の竹野選手。初球を捕邪飛に打ちとり、このピンチを切り抜けます。


4回の表・裏は両者共に無得点。
5回の表、和田町ヤンキースは無得点。その裏、点を入れないとコールド試合になってしまう原木三丁目は、交代した相手ピッチャー・本多を攻め、一死満塁から7番石田選手の二塁打で2点を返し、コールドを逃れます。その後も四球が続き3点目を追加し、二死満塁で、ピッチャーは栗栖選手に交代しますが、なおも2番方山選手の二塁打で2点を追加し、この回一挙5得点。4回までの鬱憤をはらします!
しかし、最終回6回の表、和田町ヤンキースは二死2塁から、岡村選手の二塁打でダメ押しの1点。終始試合をリードしていた和田町ヤンキースが、8-5で原木三丁目に勝利しました。

二塁打が両チーム合わせて6本と、打撃戦となりました。また盗塁など、足を使った攻撃も多く、非常に積極的に点をとろうとする姿勢が見られ、良い試合でした。

試合後インタビュー

和田町ヤンキース   寺本良平 さん (山口あずさより)

―先制点と、2回にも打点を挙げて計3打点だが、その点はいつもと比べてどうでしたか
『三振するような球がなく、追い込まれても楽に打席に立てました』

―3回にはピッチャーとしてマウンドにも立ったが、その回はどうでしたか
『ストレートがばらついていたので、修正したい』

―今後に向けてどう活かしていきたいですか
『ストレートでポンポンとカウントがとれるようにしていきたいです』

―今後の抱負をお願いします
『(この日ダブルヘッダー)次のチームも強そうなので、頑張りたいと思います』

和田町ヤンキース  本多貴将 さん (山口あずさより)

―試合全体を通じて、雰囲気はいかがでしたか
『先週の試合が雨で流れてしまっていたので、今日は積極的に振っていこうと決めていました。初回もそれで先制点をとれました』

―今日はヒットが多く出たが、何か打撃面で意識したことはありますか
『積極的に振っていこうと話していたので、その点が良かったと思います』

―守備に関してはいかがですか
『全体的に守りはしまっていたが、一部のピッチャーが乱れてしまい、その点がもったいなかった』

―2試合目に向けて抱負をお願いします
『1試合目は良い感じに打ち勝てたので、2試合目も引き続き、良い球と悪い球を見極め、積極的に点をとっていきたいです』

原木三丁目 竹野豊 さん (山口あずさより)

―全体的に雰囲気はいかがでしたか
『もう少し声が出てもよかったかなと思うが、前向きな感じは出ていたと思います』

―良かった点、悪かった点は
『集中打が出たり、いろんな打順からまんべんなくヒットが出たりした点は良かったと思う。
最初に点をとられると追いかけるのが難しくなるので、立ち上がりをどうするかが課題です。』

―ピッチャー交代のタイミングはどのあたりで
『もう少し早く交代させようかとも思ったが、先発ピッチャー(の笠原選手)は期待して出したので、責任回数までは投げてもらおうと思って(3回の表で)代えた』

―今後の抱負をお願いします
『個人のプレーが段々と見えてきたので、より練習を増やすなどして、チーム全体でどう戦っていくか、というところを高めていきたい。まだ勝ってないので、一勝を目指して頑張っていきたい。』

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る