ワイルドキャッツ山田 毎回奪三振で勝利!

20140706_ワイルドキャッツ vs 大田レッドボンバーズ

ワイルドキャッツ vs 大田レッドボンバーズ  (3-1)

2014年7月6日 平和島公園野球場

担当:藤田 昂毅  撮影:川口浩輝

1 2 3 4 5 6
1 0 0 2 0 0 3
1 0 0 0 0 0 1

 

梅雨も終盤、そろそろ蚊が漂いだす季節になり久々のナビゲーターの仕事をしている中でいたる箇所を蚊に刺されてしまった。ワイルドキャッツ、大田レッドボンバーズともにG-LEAGUE2試合目であった。ワイルドキャッツは社会人のチーム、大田レッドボンバーズは大学生のチーム構成であった。
試合はナイターで行われた。

 試合は初回から動いた。ワイルドキャッツ1番柴田選手がセンターへのヒットで出塁すると、2番の高橋選手もレフトへのヒットで続き、さらに四球で無死満塁とすると4番山崎選手がセンターへ犠牲フライを放ち先制。この後もチャンスは続いたがこの回は1点どまり。
 続く裏の大田レッドボンバーズの攻撃。先頭の1番鈴木選手が9球粘った末四球。その後牽制エラーや内野ゴロが絡み1点を返し、早い段階で同点に追いついた。
 2回、3回ともにワイルドキャッツは得点圏にランナーを進めるも、大田レッドボンバーズ先発の唐澤選手の粘りの投球で無得点。大田レッドボンバーズはワイルドキャッツ先発の山田選手の前になかなかチャンスが作れなかった。

 

 再び試合が動いたのは4表。ワイルドキャッツこの回先頭の6番渡部選手がショートへの内野安打を放つと、続く7番岩田選手もセンターへのヒット、さらには8番山田選手も死球で無死満塁となった。ここでワイルドキャッツはスクイズ。フォースプレー覚悟の一点を取りにいく作戦でここで9番水嶋選手がキッチリと決め一点を追加。さらには2番高橋選手がこの日マルチ安打となる2本目のヒットで追加点。この回二点を追加した。


 ワイルドキャッツ山田選手は毎回奪三振で(最終回は三者連続三振)に切って取り5回、6回と危なげないピッチングをしていた。コメントでもあるように確かに終盤は調子が悪かったのかなと思えるようなミスがあった。ところが序盤からスライダーが切れていて的を絞らせない投球を最後まで行っていた。大田レッドボンバーズ唐澤選手はピンチになるも粘り強い投球で完投。球数が多くなってしまったところが4回の二失点につながってしまったのでは、と思った。


 どちらのチームも試合内容としてはとてもしまった試合をしていたのではないか。最後の気持ちとしてそれが勝ったのがワイルドキャッツだったのではないか。
 両チームの皆さんお疲れ様でした。次戦の健闘を祈ります。

 

試合後インタビュー

ワイルドキャッツ  山田翔太 さん (藤田 昂毅より)

(6回92球9奪三振(毎回奪三振)被安打1 勝ち投手)

―今日の試合を振り返って―
 球数も多く、内容自体も納得できないよくないものであったが、何とか1点に抑えることができてよかったと思う。

―今後に向けて―
 今日の反省を生かし、来週の大会に向けてしっかり調整していきたいと思う。

ワイルドキャッツ 西澤監督藤田 昂毅より)

―今日の試合を振り返って―
 1か月ぶりであったので丁寧に試合を展開していった。その中で一人一人が自分の役割を果たせていたのがよかった。

―今後に向けて―
 いつも通り、社会人なので個々が平日の過ごし方をしっかりしてこれからの試合に備えたいと思う。

大田レッドボンバーズ 西田航 さん (藤田 昂毅より)

―前回の初試合と振り返って―
 相手投手を最後まで攻略することができてなかった。守備面では前回と比較するといいプレーが出てよかったと思うから、あとは打力ではないだろうか。

―今日の試合を振り返って―
 走塁はかなり動かすことができていたと思う。打力に関しては五分五分だったのでは。最後の守備力の差が勝敗を分けたと思う。

―今後に向けて―
 流れを引き寄せられる打撃を一人一人が目指していきたい。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る