佐川G・奥谷、デビュー戦でノーヒットノーラン!

2014.6.15佐川グローバルロジスティクス vs 蒼天

佐川グローバルロジスティクス vs 蒼天  (8-0)

2014年6月15日 大井ふ頭中央海浜公園野球場

担当:渡辺陽  撮影:知念駿太

1 2 3 4 5 6 7
0 1 0 0 0 1 6 8
0 0 0 0 0 0 0

 

サッカーW杯の日本代表の初戦が先程終わり、日本中が反省会となった日曜の午後。そんな空気は一切感じさせない、ブラジルに負けないくらい熱くなった大井ふ頭中央海浜公園野球場にて、デビュー戦となった佐川グローバルロジスティクス✖蒼天の試合が行われました。

1回表
二死ランナーなしで、3番大杉選手が四球、4番森選手も四球で盗塁とエラーで二、三塁のチャンスですが5番打者を三振で蒼天の先発打保投手は0点に抑えます。

1回裏
今日のヒーロー佐川グローバルロジスティクスの先発奥谷投手は、二ゴロ、右飛、空振り三振の8球で三者凡退。

2回表
一死から7番栗原選手がエラー出塁。8番奥谷選手の三ゴロが、一塁ランナーを送った形になり二死二塁のチャンス。9番吉田(郁)選手が追い込まれながらもセカンドとセンターの間に落ちる技ありヒットで1点先制します。果敢に吉田(郁)選手は二塁を狙いますが、そこは蒼天の前泊捕手がナイススローイングで盗塁阻止。簡単にはチャンスを広げさせません。

2回裏
4番からの攻撃でしたが、遊ゴロ。5番田中(亮)選手が四球で出塁するも、この回は6番打者が遊併殺打でこの回は、全てショートの須永選手がさばき、三者凡退。

3回表
この回、1番からの打順で打者の打球方向などを察し、ベンチの田中監督がレフトに「後ろへ下がれ!」の指示。それが的中し1番を左飛。的確な判断で打保投手は10球で初めて三者凡退に打ち取ります。

3回裏
先頭の7番四元選手に四球を与えますが、三者三振で、試合は投手戦になっていきます。

4回表
一飛、投飛、一邪飛のわずか8球で全て内野フライで蒼天の打保投手、ナイスピッチング!

4回裏
三振、二飛、三ゴロと奥谷選手も未だノーヒットで強豪蒼天打線を翻弄します。

  • 2014.6.15佐川グローバルロジスティクス vs 蒼天
  • 2014.6.15佐川グローバルロジスティクス vs 蒼天
  • 2014.6.15佐川グローバルロジスティクス vs 蒼天
  • 2014.6.15佐川グローバルロジスティクス vs 蒼天

5回表
二死ランナーなしで、9番吉田(郁)選手が左安打。行き詰まる投手戦に1人2安打と活躍が目立ちます。が、4人目が空振り三振でこの回も0点。
先発打保投手は5回を打者19人に対し、3三振、1失点、0自責と充分に先発の役割を果たしマウンドを降ります。

5回裏
6番打保選手がエラーで出塁。でしたが、7番打者を併殺打で三者凡退。

6回表
蒼天が桐生投手に代わります。
「初めてなので見てみたかった」と投手交代。2番打者から四球、死球でいきなりピンチを背負います。4番をサード谷戸選手が併殺打にさばきますが、その間二塁ランナーは三塁へ。5番鈴木選手が初球をライトへ運び、待望の2点目となるタイムリーヒット。

6回裏
8番からの攻撃。捕飛、二ゴロ、三振で三者凡退。佐川奥谷投手は最後まで蒼天打線に点を与えずノーヒットノーランで華々しくデビュー戦を飾りましたっ!

7回表(時間規定の為、最終回)
蒼天桐生投手はピッチングの流れを掴めず、この回一挙6点を与えてしまい、8-0で佐川グローバルロジスティクスが蒼天を下しました。

試合前から強いチーム同士のオーラが出ていて、見ているこちらが緊張してしまいました。
両チームのみなさん、暑い中、お疲れ様でした。

 

試合後インタビュー

佐川グローバルロジスティクス  奥谷辰徳 さん (渡辺陽より)

-G-LEAGUE初参戦でノーヒットノーラン-

Q.まず、ヒーローになった気分はどうですか?
A.今日は、野手がかなり頑張っていたので(自分ではなくて)野手陣の方が良かったのかなと思います。
Q.9番の吉田選手のバッティングも良かったので、ヒーローをどちらにしようか迷ったんですけど、奥谷投手はノーヒットノーランで投手戦という事もあり、とても粘り強いピッチングをされていたので選ばせて頂きました!
A.ピッチングを評価して頂いて嬉しいと思います。

Q.G-LEAGUE初戦を迎えてどんな気持ちでマウンドに立ちましたか?
A.最初は緊張してたんですけど、いつも通り、投げる事ができました。

Q.ナイスピッチングでしたが今日の調子はいかがでしたか?
A.調子は全く良くなくて死球も出して、四球もかなり多めだった。今度はストライク中心にしていきたいと思いました。

Q.では、次回に向けての意気込みをお願いします。
A.死球と四球が多かったので、次は打たせて取るピッチングを心掛けたいと思います。

佐川グローバルロジスティクス  伊藤剛 さん (渡辺陽より)

Q.G-LEAGUE初参戦で見事、勝利を収めました。
まず、試合を迎えるにあたっていかがでしたか?
A.いつも通りの試合展開を心掛けていました。

Q.試合を振り返っていかがでしたか?
A.もう少し前半、中盤に点数が欲しかったなと思います。

Q.9番の吉田(郁)選手が両チームで初安打先制点と2安打で良かったと思いますが?
A.そうですね。助っ人で来てもらったんですけど良かったと思います。

Q.次の試合に向けて意気込みをお願いします。
A.打撃のリズムがもう少し良くなってもらわないといけないので、練習をしっかりして次に臨みたいですね。

蒼天 石井等 さん (渡辺陽より)

Q.まず、今日の試合を振り返っていかがでしたか?
A.一言で言うと完敗です。

Q.途中まで投手戦で行き詰まる展開でしたが、コンディションはどうでしたか?
A.そんなに悪くはなかったが、相手の投手が良過ぎてしょ。

Q.6回に投手交代がありましたが、何かありましたか?
A.彼(桐生投手)は初めてだったので、見てみたいというのがあり中継ぎさせました。

Q.次回の試合に向けてお願いします。
A.打線が打たないと勝てないので、今度はそこらへんをなんとかしたい。

ありがとうございました。次の試合も頑張ってください。

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る