横浜IPS佐藤(颯)ノーヒットノーラン!

横浜IPS vs 横濱マリーンスターズ  (7-0)

2014年5月25日 上丸子天神町第4野球場

担当:亀山美波  撮影:小池栞

1 2 3 4 5
I 0 4 0 2 1 7
0 0 0 0 0 0

 

横浜IPSと横濱マリーンスターズの試合は、IPSの先発・佐藤(颯)選手がノーヒットノーランを達成し、横浜IPSの勝利となった。

IPSの先発・佐藤選手はストライク先行の投球を続け、5回を投げて9奪三振。佐藤選手の投球に応えるように打線も好調。安打自体は7本と多くはないものの、一試合で8つの盗塁を決めるなど、足を絡めた果敢な攻撃で7得点とした。

 

マリーンスターズの先発・嶋田選手も落ち着いた投球を見せるが、味方のエラーや走者を置いた場面での捕逸や暴投が絡み、悔しい結果になってしまった。

 

試合後インタビュー

横浜IPS  佐藤颯 さん (亀山美波より)

(毎回三振、計9奪三振の投球について)
キャッチャーとは日頃の練習からコミュニケーションがとれていた。三振には拘っていなかったが、初球ストライクが入れば有利になれるので、自分から先に勝負を仕掛けた。

(これからの抱負)
ピッチングもバッティングも両方で活躍できる選手になりたい。

横浜IPS  上畠良介 さん (亀山美波より)

(試合を振り返って)
投手が何人かいるなかでも飛び抜けている佐藤が、とてもいいピッチングをしてくれた。攻撃では、足を使った攻撃を意識して常に次の塁を狙っていたのが結果につながった。当たり自体は大きいのを狙い過ぎてフライが多かった。

(これからの抱負)
これまで三試合やって全勝しているので、継続していきたい。

横濱マリーンスターズ 井上 慎 さん (亀山美波より)

(バッティングについて)
相手投手がエース級のとてもいい投手で、ストレートも変化球もよく、コントロールに加え上手く散らしてくるので、みんな打ちづらそうだった。

(投手と守備について)
先発・嶋田がいつも通り上手くゲームを作ってくれた。初回に点を取られなかったのは自分たちにとって大きいことなので、今後も初回を封じられるよう、守備も練習していきたい。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る