内田・吉田の好投に両チーム1点止まり!勝敗つかずに試合終了!

2014.5.24ジャンキーズB vs 芝中おーたず

ジャンキーズB vs 芝中おーたず (1-1)

2014年5月24日 大宮けんぽグラウンド

担当:清水宏美  撮影:蒔苗比呂志

1 2 3 4 5 6 7
0 0 0 0 0 1 0 1
0 0 1 0 0 0 0 1

 

ジャンキーズBvs芝中おーたず戦は、拮抗した戦いとなり、1-1で同点のまま終了となった。

立ち上がり、相手のエラーで早速出塁をするジャンキーズB。そこを、捕手の小平選手がいい送球で盗塁を刺す。対するおーたず、果敢にバッドを振り連続ヒットを出すも、内田投手が4番・5番を見事三振で押さえる。両者一歩も譲らない。

試合が動いたのは3回表、おーたず吉澤選手がサードのエラーによって出塁。盗塁によって2塁まで進み、森選手の打席で、センターのエラーをついて得点。おーたずが先制する。

  • 2014.5.24ジャンキーズB vs 芝中おーたず
  • 2014.5.24ジャンキーズB vs 芝中おーたず
  • 2014.5.24ジャンキーズB vs 芝中おーたず
  • 2014.5.24ジャンキーズB vs 芝中おーたず

両チームの締まった守備で、試合はテンポ良く進むが、6回表、ジャンキーズが逆転のチャンスを迎える。センター前ヒットで塁に出た内田選手を、3人目の小池選手がレフトヒットで、本塁に返す。その後も、柏崎選手がショートゴロで出塁、ワイルドピッチや盗塁で走者2・3塁のチャンスとなるが、4番と5番が打線をつなぐことができず、1点の計上で終わった。

その後も、両チーム、しっかり守り抜き、試合は同点にて終了となった。

この試合、両投手7回を投げ切った。両者、与四球なしでコントロールの良さを見せた投球だった。

試合後インタビュー

ジャンキーズB 柏崎修一 さん (清水宏美より)

ー試合を振り返っていかがでしたか?
ピッチャーががんばってくれて、1-1で同点とできたのですが、とられた1点もエラーの1点、終始うちがエラーでヒットがない状態で点を取らなければいけないところが、厳しい試合になってしまったかなと思います。

ー6回、惜しい場面がありました。
2アウト2・3塁になった状況で、三振は惜しかったです。
その前に4番が1・2塁でセカンドフライでしたが、それが6回で1点しか取れなかった大きな要因だったかなと思います。

芝中おーたず 小平謙伍 さん (清水宏美より)

ー試合を振り返っていかがでしたか?
普段、後半に集中が切れてしまうことが多いが、今日は最後まで保つことができました。
試合に臨むにあたり、試合前のアップなどできちんと準備を出来たのがよかったのだと思います。
ただ、打線がつながらず、いくつかあったチャンスをものにできずで、ピッチャーを助けられずでした。バッティングセンターでの打ち込みだけでなく、ピッチャー相手のバッティング練習もして、生きた球を打てるようになっていきたいです。

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る