福田、先制2点適時打&完封の活躍で慶應Slayers勝利!

1351_DSC_0104

横浜アパッチ vs 慶應Slayers (0-6)

2014年5月18日 10:00- 天神第4野球場

担当:山口あずさ  撮影:知念駿太

1 2 3 4 5 6 7
0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 3 3 6

 

夏日となったこの日、見事な晴天の中、横浜アパッチvs慶應Slayersの試合が行われました。

第一試合、一回の表、アパッチの攻撃を三者凡退に抑えたスレイヤーズはその裏、いきなり1番村瀬選手の二塁打、そしてワイルドピッチでノーアウト三塁とします。しかしアパッチ小野投手、後続を断ち無得点。その後、二回、三回、四回と、ヒットは出るものの得点には至らず、0-0のまま緊迫した投手戦を繰り広げます。

五回表、アパッチは先頭吉田選手がヒットで出塁するも、次打者入江選手の放ったライナーでバックが遅れダブルプレー。なかなか得点に繋がりません。
試合が動いたのは五回の裏、スレイヤーズは小山選手が1アウトから出塁。続くバッターが打ち取られ2アウト一塁となりますが、2番川村選手もセンター前ヒット、そしてこの日まだ相手チームを0点に抑えている、ピッチャー・福田選手の当たりは右中間を越えるツーベースヒットとなり、スレイヤーズはこの日初得点となる2点を先取します。なおも4番下田選手の内野安打で1点を追加します。

スレイヤーズは攻撃の勢いそのままに、六回の表のアパッチを3人で抑えると、六回の裏、スレイヤーズ先頭バッターの伊藤選手はレフト方向にホームラン!その後もフォアボール、ヒット、内野ゴロで塁を進め、2アウト二、三塁から、川村選手の本日2本目となるヒットで2店を追加し、この回3得点とします。

最終回となる七回表、なんとか食らいつきたいアパッチは、1アウトから4番平山選手がフォアボールで出塁すると、2アウトから6番吉田選手・7番入江選手の連続ヒットで満塁のチャンス!しかし、あと一歩及ばず、6-0でゲームセットとなりました。

 

試合後インタビュー

慶應Slayers 福田李成 さん (山口あずさより)

―5回に先制打となるツーベースヒットを打ちましたが、その時の打席での心境は
「前の2打席で打てておらず、(この打席では)初球から甘い球がきたので、打ってやろうと思った」

―また、ピッチングでも7回完封というナイスピッチングでしたが、何か意識したことは
「前半はストレートが抜けていて、ボール先行になってしまったが、後半は変化球が決まるようになってきたので、リズムが作れた」

―今後の抱負を
「(チームに)入ったばかりで結果を残していかなければならないので、これからも頑張っていきたい」

慶應Slayers 下川泰平さん (山口あずさより)

―この試合を振り返っていかがでしたか
「(一試合目は)ベストメンバーではなかったが、みんなそれぞれ力を発揮して、元気良く思い切りの良いプレーをしてくれた。僕の指示通りに動いてくれたので、監督としては非常に心強かった」

―特に良かった点は?
「福田投手が思った以上の活躍をしてくれたこと。120%の力を出してくれた」

―前半の投手戦から一転、後半は大量得点につながりましたが、何か心がけた事は?
「相手ピッチャーの球に見慣れて、狙い球をしぼれたのが大きかった」

横浜アパッチ 小西 さん(山口あずさより)

―この試合を振り返っていかがでしたか
「前半は良い試合が出来たが、後半崩れてしまった」

―その前半と後半で、試合を分けたポイントは
「地力の差だと思う」

―試合を通して良かった点は
「特にミスなくやれてよかった」

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る