飯塚・新井の完封リレーで末廣ヌードルズが接戦を制する!

1350_IMG_0936

Brothers vs 末廣ヌードルズ (0-2)

2014年5月18日 錦糸公園野球場

担当:渡辺陽  撮影:ヘング ウェズナ

1 2 3 4 5 6
B 0 0 0 0 0 0 0
0 1 1 0 0 2

 

朝8時にも関わらず、球場に隣接されている公園には楽しく遊ぶ家族連れの姿が多く。歩いて2,3分の錦糸町駅からは大きなスカイツリーが見えるスッキリ晴れ渡った錦糸公園野球場で、G-LEAGUE初参戦のBrothers✕末廣ヌードルズの試合が行われました。

1回表
末廣ヌードルズの先発飯塚投手の立ち上がりは、遊ゴロ、投飛、三振と三者凡退。

1回裏
2番斎藤(喬)選手がエラーで出塁。すかさず盗塁成功。3番杉本選手の一ゴロの間に三塁へ進塁。チャンスを作りますが、続く打者が遊ゴロに倒れます。

2回表
二飛、三飛、四球、遊ゴロで4人で終了。

2回裏
この回先頭の5番石井選手が二内野安打。すかさず盗塁。6番飯塚選手の右飛でタッチアップし三塁へ進塁。1回に続き足を絡め貪欲に三塁まで進みチャンスを作ります。
『変化球を待っていた』と今日のヒーロー7番山下選手。狙っていた変化球をうまくセンターへ運び、タイムリーヒット。今度はチャンスを生かし1点先制します。その後、二塁へ盗塁しゴロの間に三塁までいく3回目のチャンスを作りますが、Brothersの田丸投手が後続を断ちます。

3回表
二死で1番阿倍選手が右二塁打を打ちますが、後が続かず4人で終了。

3回裏
1番高橋選手がエラー出塁。またも盗塁で2塁へ。今日は出塁したら次の初球を盗塁で得点圏にランナーを置く。全ての選手が実行しています。そして2番斎藤(喬)選手がレフトへタイムリーツーベースヒットで2点目。レフトの悪送球の間に三塁まで進塁。更にチャンスを広げます。三塁ランナーも還そうと粘るヌードルズ。田丸投手に27球投げさせますが、その後3人は遊ゴロ、三振、三振で討ち取られます。

4回表
何とか1点還したいBrothers。チームの明るいムードは衰えず、先頭の3番田丸選手が9球粘り執念を感じますが、出塁できず。二死から打席に立ったのは、背中に“フナッシー”の名前が刻まれた背番号5番船越選手。
『初球から打っていくタイプ』と自分を語るフナッシー選手は1打席目から初球打ちを貫きます。そして注目の2打席目の初球。センターへクリーンヒット!今、日本中の人気を一身に受ける男が見事に打席でも結果を出します。しかし、その後二ゴロで後が続かず0点で終えます。
先発の飯塚選手は4回を2安打無失点と好投を魅せました。

4回裏
三振、三振、二ゴロで三者凡退。

5回表
この回からヌードルズの投手は新井投手へ代わります。
投ゴロ、四球でランナーを出し暴投で二塁へ進めるも、続く打者のセンターへの打球。高橋選手が前進してダイレクトに取り、飛び出していた二塁ランナーが戻れずダブルプレー。

5回裏
遊ゴロ、三ゴロ、二ゴロで三者凡退。
いい流れで最終回の攻撃につなげます。

6回表(最終回)
Brothersはこの回、1番から始まる好打順。一死で2番代打の藤原選手。二内野安打で出塁。暴投もあり二塁まで進みますが1本が出ず三振、三ゴロ。
6回表、時間規定によりゲームセット。
末廣ヌードルズが再三のチャンスを作って生かし勝利をおさめました。

勝った末廣ヌードルズさんですが、攻撃面ではチャンスを待つのではなく、作り出す。積極的な姿がとても良かったです。守りも無失点に抑えた飯塚投手、新井投手の投球も然ることながら捕手の斎藤(喬)選手のリード。投手を粘り強く励まし声がけする姿が印象的でした。打撃でも1安打1打点。3打席中、2打席出塁で三塁まで行ってチャンスメイクとプレーが光りました。
一方のBrothersさんは、終始明るいベンチと本格派のバッテリーが良かったです。今回は相手チームのランナーが三塁にいる事が多く、通常凡打でもホームインのパターンがよく見られるのですが、ショートの星選手が三塁ランナーを目で殺し簡単には点を与えない守備力の高さも感じました。
次回の活躍に期待ですっ!

 

試合後インタビュー

末廣ヌードルズ 山下 さん (渡辺陽より)

1安打1打点1盗塁と活躍

Q.まず、2回の先制点を打った打席はいかがでしたか?
A.前のバッターの情報で、変化球を待つ感じしました。初球はいいスライダーが来て、2球目がストレート。(3球目に)1球目に比べてキレのない変化球が来たので打ちました。

Q.何かサインがあったんですか?
A.細かいサインというよりは、打撃の方針ですね。こういう投手にはこういう気持ちで行こうとかですね

Q.野球はいつから始めたんですか?
A.高校の時からです。

Q.今まで、先制点取ったりとか、こういった機会はありましたか?
A.いや〜、全然ないですね〜。こういうのは無縁の感じの選手だったんで。

Q.では、これをきっかけに次も?
A.そうですね。できるといいですね。

Q.そうしましたら、次の試合に向けての意気込みをお願いします。
A.今の自分の選手としてのいい所というのが、興味のあるバッティングに出ていると思うので、次の試合も1本でも多くヒットを打てるように頑張ります。

ありがとうございました。次も期待しています。

末廣ヌードルズ 五十嵐ユキさん (渡辺陽より)

Q.今日は2-0で見事、勝利されましたが、まず、勝因をお願いします。
A.いいとこでヒットが出たところです。

Q.バッティングに関して今日はどうでしたか?
A.一時の悪い時よりはちょっと戻ったと思います。

Q.今日はファールが多く全体的に粘りの打席が多かったと思いますがどうでしたか?
A.特に作戦はありませんが、それぞれに自分の打席を全うしようという気持ちが出たんだと思います。

Q.投手に関して、まず、先発飯塚投手が4回2安打無失点。5回から新井投手が2回を1安打無失点と好投で、2人を継投されてたんですが投手に関してはいかがでしたか?
A.ピッチャーがリズムを作ってくれたんで、リズムさえ良ければ打線も活発になると思うので、今後の自分たちに期待したいと思います。
継投に関しては、予定通りで、もう少し時間があればもう1人投げさせたかった。

Q.では、次の試合も勝つための意気込みをお願いします。
A.前回、負けたりもあったので出直しと思ってひとつひとつ、一戦一戦やっていきたいと思います。

Q.ありがとうございました。

Brothers 船越 さん(渡辺陽より)

Q.今日はG-LEAGUE初戦でしたが、試合を振り返っていかがでしたか?
A.何もかも手探りの状態でしたが、野球経験者がほとんどなので、なんとかなると思っていました。バッテリーは良かったが、打つ方が打てなくて点がとれず負けてしまいました。

Q.監督さんは、2打席目に1安打されてますけど打席に立った時のお気持ちはどうでしたか?
A.僕は個人的には初球からいい球が来たら打つタイプで、だいたい初球はいい球がくる確率が高いので1打席目も初球を打って2打席目は打ったらたまたま当たったって感じです。

Q.チームのモットーとかありますか?
A.小中高の同級生で地元が一緒で作ったチームです。チーム名がBrothersなので、ブラザーを大事にしていこうというモットーです(笑)

Q.みんな仲良く?(笑)
A.はい、そうです。

Q.では、次の試合に向けて意気込みをお願いします。
A.今日は負けてしまったんですが、作戦会議して、キズナをしっかり強めて
Q..深いですね(笑)
A.バッティングセンターに行って全部の試合勝てる様に、頑張りたいと思います。

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る