4本の長打で得点を重ねた湘南ZATTSが2つ目の白星!

2014.5.17インスパイア vs 湘南ZATTS

インスパイア vs 湘南ZATTS (0-5)

2014年5月17日 多摩川緑地野球場

担当:渡辺陽  撮影:ヘング ヴェスナ

1 2 3 4 5 6 7
0 0 0 0 0 0 0 0
2 2 0 1 0 0 5

 

遠くにまだ雪がかかった富士山の姿が見えるほど、 天気に恵まれた多摩川緑地野球場。 河川敷特有の風が吹く中、インスパイア✕湘南ZATTSの試合がさわやかに行われました。

1回表
湘南の先発、河居投手の立ち上がりは全てフライで三者凡退。

1回裏
1番北村選手が四球で出塁すると今日のヒーロー3番小澤選手が打席に立ちます。『TOSHIBAまで狙っていた』とレフトの奥の多摩川を更に越えた建物まで飛ばす意気込みで放ったボールは、狙い通り左中間へ。これが見事に三塁打となり早くも1点先制!二死一塁で5番小室選手が左安打。その後暴投があり二死二、三塁でエラーが出てこの回2点を先制します。

2回表
河居投手はアウトコース低めにボールを集め打者を圧倒。5番水谷選手が右安打で出塁するも、続くバッターの打球をセカンド森井選手が取ってショートへトス。4-6-3と渡り併殺でこの回も三者凡退。森井選手は簡単に併殺を完成させ守備センスの良さをのぞかせます。

2回裏
この回先頭の8番松井選手がバントヒット。暴投で二塁へ。更にエラーと暴投で一死二、三塁のチャンス。先ほど守備でいいプレーを魅せた2番森井選手がタイムリー二塁打を打ち2点追加。

3回表
三ゴロ、二者連続見逃し三振で三者凡退。河居選手の好投が続きます。

3回裏
インスパイアの佐々木投手は三振、投ゴロ、投飛で三者凡退のナイスピッチング。

  • 2014.5.17インスパイア vs 湘南ZATTS
  • 2014.5.17インスパイア vs 湘南ZATTS
  • 2014.5.17インスパイア vs 湘南ZATTS
  • 2014.5.17インスパイア vs 湘南ZATTS

4回表
劣勢のインスパイアが円陣を組み1番から打順が始まるこの回に懸けます。
一死ランナー無しで、2番佐々木選手が右前安打。ボールの送球が乱れる間に二塁へ進塁。次の打席は、声が1番出ていて野手の司令塔の様な存在の3番伊藤選手の打席。初球を絶妙なバン卜。サードへ転がしサードが一塁に投げますが走者に当たりセーフ!一、三塁のチャンスが生まれます!しかし、湘南ZATTSの平本捕手の盗塁刺しと続く打者が左飛で三塁ランナーを還せず0点に終わります。

4回裏
1番北村選手が右中間への二塁打。2番森井選手が四球。一死二、三塁で3番小澤選手の二ゴロの間に北村選手がホームインで1点追加。

5回表
投ゴロ、一飛、三ゴロで三者凡退。
河居投手は5回を投げて打者16人に3安打2三振無失点。うち、4回を三者凡退に打ち取りゲームを作りました。

5回裏
7番戸栗選手に右前安打されますが、他は内野ゴロ、三振と4人で抑えます。

6回表
投手が北村選手に代わります。
変化球を巧みに操り、四球を出すも2三振で4人に抑えます。

6回裏
この回から水谷投手に代わります。
投手の代わりっぱな9番浅野選手、2球目をセンターへ大きな当たり!全力疾走でホームを狙います。ランニングホームランかと思われましたが、インスパイアの見事な中継プレーで、最後はファーストの伊藤選手が落ち付いてホームに投げ、クロスプレーでタッチアウト。
インスパイアの中山監督『思ったより(打球が)伸びて準備ができてなかったが、うまく連携できた』とチームワークの良さが伝わるプレーでした。
それ以降一ゴロ、三振で3人で終了。

7回表(最終回)
守備の好プレーを攻撃に繋げたいインスパイアでしたが、湘南ZATTSの北村投手、ボール先行のピッチングでしたが、二飛、左飛、死球、一ゴロと0点に抑え、湘南ZATTSがG-LEAGUE2勝目を完封で飾りました。

見事勝利されました、湘南ZATTSさんですが、河居投手も無失点で抑え、打撃も7安打でチャンスを確実に生かし理想の形で勝利されたと思います。守備では特にセカンド森井選手の2回表のダブルプレーが印象的でした。プロ野球で良く見る難しいプレーを簡単に見せてしまう様な名手の風格がありました。小室代表を筆頭にみなさんさわやかで打席に入る前に大きくあいさつする選手もいて、ヒーローの小澤選手もインタビューに明るくノリノリで答えてくれる。見ている方も対戦している方も好感が持てるチームでした。
対するインスパイアさんも中山監督を筆頭にさわやかなチームでした。
先発の佐々木投手も5点取られましたが、打者が思い切りスイングしているのにボテボテのゴロで打ち取っているシーンが何度かあり、とても印象的でした。
特に注目したのが、ショートの豊川選手とファーストの伊藤選手です。1つ共通しているのは要所での一呼吸です。それぞれにホームクロスプレーへの送球があったのですが、通常慌てて投げて悪送球で失点という事が多いケースですが、この2選手ともに一呼吸おいて、落ち付いて投げてる様に感じました。人によっては怖くてホームに投げる勇気が出ないシーンでもあります。その場面でのお手本の様なプレーでした。
他に豊川選手は河川敷の風の中、後ろ向きでフライを取るなどのファインプレー。伊藤選手はとにかく1番声を出して指示をしていたところが印象的で、自身でも、その言葉に従うようにプレーして有言実行していたところが素晴らしいと思いました。

 

試合後インタビュー

湘南ZATTS 小澤貴史 さん (渡辺陽より)

1安打2打点の活躍。1回に先制のタイムリースリーベース

Q.まず、1打席目の先制点を取った打席はどんな気持ちで立ちましたか?
A.基本的にお祭り男っていう枠で、長打・ホームランか三振かなのであの(多摩川の遥か向こうの建物を指さして)TOSHIBAを狙いました(笑)

Q.では、狙い通りでしたね!
A.そうですね。初球から甘い球が来たので打ちました。

Q.打った瞬間はどんな気持ちでしたか?
A.行ったなって思いました。

Q.3打席目はセカンドゴロでしたが、ランナーを還し2打点目でしたよね?
A.2打席目が四球でバットを振れなかったので、1球でもストライクがきたら打とうと思いました。結果的にセカンドのいい所に飛んでくれたので良かったです。

Q.今、3番を任されてますが、何かアピールポイントはありますか?
A.バッティングです。それと、もともと三塁手は得意で、三塁手か投手かでやってました。

Q.では、次の試合に向けて意気込みをお願いします。
A.またヒーローを取ってこのカメラに映りたいと思います!(笑)

Q.また楽しみにしています。

湘南ZATTS 小室諒汰さん (渡辺陽より)

Q.3戦して今日でG-LEAGUE2勝目です。おめでとうございます。
A.ありがとうございます。

Q.まず、勝因をお聞かせ下さい。
A.前回は大負けをしてチームのモチベーションが良くなかったので、今日はモチベーションを上げて行こうとの事で最初から元気よくできたことです。

Q.今日のコンディションはいかがでしたか?
A.今日は参加人数が9人しかいなかったので、試合をするにあたって不安だったんですがみんな元気よくやってくれたので良かったです。

Q.いつも何人くらい集まるんですか?
A.少ないんですけど、それでも12~13人はいます。

Q.投げても先発河居投手は3安打無失点。6回から北村投手が登板で2回を無安打無失点でしたが。
A.前回もこの2人で継投して、2人ともいいピッチャーだと思うのでうまく準備さえできれば良いピッチングができると思います。

Q.打っては7安打と好調でしたが?
A.今日は本来のバッティングができたんじゃないかなぁと思います。

Q.何かチームのモットーみたいなものはあるんですか?
A.のびのびとプレーすることです。

Q.(小室代表は)よく礼儀正しいとか周りの人に言われないですか?(インタビューしていてそう感じたので)
A.いや、言われた事ないです(苦笑)

Q.ちなみに小室代表のモットーは何ですか?
A.僕ですか?!自分の周りのみんなが楽しくやってくれれば……自分も楽しく周りも楽しくっていう感じです。

Q.対戦相手のインスパイアさんも『マナーの良いチームだね』って言われてましたよ?
A.(少し頭を下げておじぎ)

では、次の試合に向けて意気込みをお願いします!
A.次はもっと元気よく…
Q.もっとですか?(笑)
A.はい。もっと元気よく(笑)もっと打っていきたいと思います!

Q.ありがとうございます。次も頑張って下さい。

インスパイア 中山亮さん(渡辺陽より)

Q.今日の試合を振り返っていかがでしたか?
A.ミスが出なければ、もっと接戦になったと思います。1点が取れるかどうか難しかった試合だと思います。チャンスが1回しかなかったので。

Q.今日のチームのコンディションはどうでしたか?
A.全員揃ったわけではないが、悪いメンバーではなかったと思います。相手を考えると、うちは年齢が50歳までいたので、その半分の年齢の人と試合した割には良くやれたと思います。

Q.4回入る前に円陣組んでましたが、何か作戦があったんですか?
A.この試合、チャンスが来ないかもしれいという思いがあったので、来たら仕掛けるよっていう合図でした。

Q.円陣組んだ後にチャンスが来ましたねっ!ベンチも盛り上がってました。
A.そこで1点でも取れればまた試合が違ったかなと思います。でも、それはタラレバなので…。点数どうこう以上におっちゃん達がよく頑張れた試合かなと思います。

Q.相手の投手も良かったですからね?
A.はい。チャンスを作らせてもらえませんでしたね。

Q.強い風が吹いてましたけど、影響とかはありましたか?
A.(男らしく)そんな言い訳はないです!

Q.6回裏のあわやランニングホームランにさせてしまう、外野オーバーの当たりはセンターからの中継プレーでホームアウトにしましたよね!ナイスプレーでした。
A.ありがとうございます。思ったよりボールが伸びて準備が出来てなかったんですけど、うまく連携できたと思います。

Q.今日は何か作戦があったんですか?
A.はい、。ノーアウトで塁に出た時とか色々仕掛けようと思ってたんですけど、ZATTSさんが強いのはわかっていたので、そこのチャンスがなくてできなかった。

Q.では、次の試合に向けて意気込みをお願いします。
A.G-LEAGUEに参戦して1勝1敗で、負け越したくはないので次は必勝体制でメンバーを揃えていきたいと思います。

(中山監督自ら)最後に一つ言いたいんですけど…久々に良い若者と試合が出来て非常に気持ち良かったです。礼儀正しくてとても良かったと思います。

Q.ありがとうございました。次回期待しています。

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る