星野・同点、佐藤・勝ち越しのダブル弾で横浜IPS勝利!

2014.5.11横浜IPS vs 松岡シーレックス

横浜IPS vs 松岡シーレックス (6-4)

2014年5月11日 上丸子天神第4野球場

担当:亀山美波  撮影:清水宏美

1 2 3 4
2 4 0 0 6
1 0 2 1 4

 

横浜IPSと松岡シーレックスの試合はセンター後方から強い風が吹き続けるなか行われた。

一回表、松岡シーレックスの先発・橋本投手が立ち上がりに苦しむ。1イニング30球、3つの四球と2つの死球、更には暴投で横浜IPSに対して二点を失う。

横浜IPSに勢いが傾くなか、一回裏に松岡シーレックスの3番・山中選手が二アウトからセンターオーバーのソロホームランを放ち流れを引き戻す。

  • 2014.5.11横浜IPS vs 松岡シーレックス
  • 2014.5.11横浜IPS vs 松岡シーレックス
  • 2014.5.11横浜IPS vs 松岡シーレックス
  • 2014.5.11横浜IPS vs 松岡シーレックス

しかし再び横浜IPSが主導権を握る。まず先頭の8番・星野選手がソロホームランを放つと、続く9番・松尾選手もツーベースヒットを打つ。その後四球や盗塁を絡め一アウト一・三塁の場面。3番・佐藤選手がレフトオーバーのスリーランホームランを放ち、この回4得点と相手を引き離した。

松岡シーレックスも三回、四回と着実に得点を重ねるも、時間制限のため四回で試合終了。6対4で横浜IPSの勝利となった。

 

試合後インタビュー

横浜IPS 佐藤颯 さん (亀山美波より)

(二回のスリーランホームランについて)
普段は投手で守側を意識していて、バッティング面ではあまり活躍できていなくて前回は主将の上畠さんが打ってくれたが上畠さんがいないということで自分は投手でなくライトで守備につかせてもらった。3番という大役を任せてもらえたのでけっこう強気で、気持ちで負けないようにした。チャンスで打ててよかった。

横浜IPS 土橋裕太さん亀山美波より)

(投手陣について)
先発・松尾はボールが高くなってしまったが、要所要所を抑えてくれたのでよかった。リリーフ・関口は貴重な左投手ということでしっかり抑えてくれてよかった。

(チームのバッティングについて)
こういうグランド状況なのに、みんなホームランを狙い過ぎていたと思う。なので今後は淡々としたバッティングを心掛けたい。

(これからの抱負)
今日はやっぱり甘い部分が多かったと思う。そういう所をしっかりと直していきたい。

松岡シーレックス 松岡忍 さん(亀山美波より)

(投手陣について)
先発・橋本が立ち上がりもたついた。リリーフ・岡林は肩をならして準備をさせていたのでそれなりにいい投球だった。バックが助けられなかったのが課題。

(チームのバッティングについて)
3番・山中と6番・工藤がちゃんと持ち味を活かしてくれたのでよかった。

(これからの抱負)
まだメンバーが集まって三・四回なので、選手一人一人の特徴がよくわからないままの試合だったので、これから把握して勝てるチームを作っていきたい。

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る