守の要・冨田が勝ち越しタイムリー!板橋中央総合病院、接戦を制す!

2014.5.10板橋中央総合病院 vs 泉州電業

板橋中央総合病院 vs 泉州電業 (5-4)

2014年5月10日 小豆沢野球場

担当:中前信  撮影:知念駿太

1 2 3 4 5 6
0 0 1 2 2 0 5
0 1 0 0 3 0 4

 

夏のような昼間の暑さとは打って変わって、日が沈み照明のともった小豆沢公園野球場では肌寒さを感じる中での試合となった。板橋中央総合病院は3連勝で迎えたシーズン4戦目、対する泉州電業は2戦目で、シーズン初勝利を狙う。

泉州電業先発の阿部投手、板橋中央総合病院先発の細川投手共に球が走った良い投球を見せて投手戦を予感させる中、先制したのは泉州電業。2回裏に5番藤平選手がライトへの当たりで出塁すると、続く渡辺優樹選手の犠牲バントで一死二塁のチャンスを作り出す。打席に立った相良選手がファールで粘った6球目を上手くミートしセンター前へ弾き返すと、2塁ランナー藤平選手が好走塁を見せて一気に帰還した。
その後3回からは板橋中央総合病院の強力な打線が続いて登板した渡辺優樹選手を捉え、守備のミスなどに乗じてすぐさま同点に戻すと、4回表には冨田選手が一死一二塁のチャンスでレフトの頭上を大きく越すスリーベースヒットを放ち、2点を勝ち越しに成功。

  • 2014.5.10板橋中央総合病院 vs 泉州電業
  • 2014.5.10板橋中央総合病院 vs 泉州電業
  • 2014.5.10板橋中央総合病院 vs 泉州電業
  • 2014.5.10板橋中央総合病院 vs 泉州電業

ところが4点差で迎えた5回裏、泉州電業に逆転のチャンスが訪れる。先頭の厚谷選手がチームとしても2回以来のヒットで出塁、さらに四球でランナーを貯め、藤平選手がライトへの2度目の当たりで1点を返す。その後さらに満塁として打席を迎えた相良選手は2回にもタイムリーを放っており追加点への期待がかかるも、サードへのゴロ。しかし、反撃への焦りからかホームゲッツーを意図したプレーの途中でファーストへの送球が逸れ、2点の追加を許してしまう。

1点差に詰め寄り迎えた最終回、表は泉州電業ショートの恩田選手が三遊間の鋭い当たりを横っ飛びで捕らえてショートゴロに打ち取り、良い流れを作りだすも、最後は初回から投げてきた細川投手がしっかりと立ち直りを見せ、完投勝利を収めた。

 

試合後インタビュー

板橋中央総合病院 冨田真也さん (中前信より)

キャッチャーとしてチームの要を担い、チーム最多の2安打と決勝点を挙げた

勝ち越しのチャンスでどういう気持ちで打席に立ったか
「今年の試合は全勝するというチームの目標があったので、絶対に勝つという意識で出射に立った。」

打ってどうだったか
「よし、と思った。」

試合を振り返って
「キャッチャーとしてプレイしているので、チーム全体を見られるように、チームをまとめられるようになりたい。」

板橋中央総合病院 山谷勇輔さん (中前信より)

試合を振り返って
「対戦相手が強いチームだと聞いていたので、胸を借りるつもりだった。」

打のMVPは冨田選手だったが、守のMVPを挙げるとすれば
「セカンドの中嶋選手を中心に、外野の位置などの指示を出す体制が上手く行っていたと思う。」

今後G-LEAGUEで戦っていく上での豊富は
「チームの持ち味は足なので、どんどん出塁して盗塁して、いいところでみんな打ってくれているので今のところ結果につながっている。これからも頑張っていきます。」

泉州電業 山川直紀さん(中前信より)

試合を振り返って
「打ち合いの中、チームとしてもつながった部分もあったが、あと一点という部分で取れなかった。要所で守備のミスがあったので、そこを強化して、次回の勝ちにつなげていきたい。」

今後に向けて
「バントや、連携の部分で上手く行かなかった。守備も含め課題に対して強化していく。次の試合はもっと連携良く勝ちに行けるようにしたい。」

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る