二塁打量産、9安打で15得点!横浜アパッチコールド勝ち!

2014.3.29横浜アパッチ vs 原宿フェロース

横浜アパッチ vs 原宿フェロース (15-2)

2014年3月29日 等々力球場

担当:渡辺陽

1 2 3 4
4 1 10 0 15
1 1 0 0 2

 

桜の花も7分咲きで親子連れの姿が多く見られた等々力球場。そんなポカポカ陽気の中、原宿フェロース×横浜アパッチの試合が行われました。


1回表
先行の横浜アパッチの攻撃。1番井上選手が死球で塁に出ると、2番松尾選手が左安打。エラーが絡み井上選手が生還して1点先制。3番柴田選手が四球で出塁。すかさず2塁へ盗塁成功。無死二、三塁のチャンスに4番石川選手が中安打で更に1点追加。今日のヒーロー5番佐久川選手が左二塁打を打って、この回、一気に4得点。

1回裏
攻撃の原宿フェロース。二死ランナー無しで3番内山選手がライトへの大きな当たりは三塁打となり二死ながらもチャンスメイク。その後エラーがあり内山選手が生還し1点を返します。

2回表
1番井上選手がエラーで出塁し、暴投と更にエラーで1点。原宿フェロースはなかなか守備のリズムをつかめませんが、6番深井選手の打ったボールは低めのフライになりファースト栗原選手が前へ猛ダッシュ。チーム一熱い男が決死で滑り込んでキャッチしスーパープレイが飛び出しますっ❢

2回裏
この回先頭の6番湯山選手が四球で出塁。8番門野選手が死球、9番猿井選手の三ゴロの間にそれぞれが進塁し1番高桑選手の打席で暴投で三塁の湯山選手が生還します。

  • 2014.3.29横浜アパッチ vs 原宿フェロース
  • 2014.3.29横浜アパッチ vs 原宿フェロース
  • 2014.3.29横浜アパッチ vs 原宿フェロース
  • 2014.3.29横浜アパッチ vs 原宿フェロース

3回表
守る原宿フェロースはエラーなどで3失点。一死満塁で猿井投手に代わります。5番佐久川選手が左安打で2安打3打点の活躍。6番深井選手が二塁打と後続も安打が続き横浜アパッチは一挙に10点。一気に突き放します。

3回裏
横浜アパッチの北村投手は2三振奪い三者凡退に打ち取ります。

4回表
この回クリーンアップの攻撃でしたが、先程エラーをしてしまったセカンド高桑選手が同じフライを今度は名誉挽回、すんなり捕球し、続くセカンドゴロもさばき打たせて取りフェロースは無失点。

4回裏
横浜アパッチの投手が石坂選手に代わります。一死無塁で今日はサードでいい動きをしていた7番石川選手が中安打。すぐに盗塁を決めると、暴投で一死三塁。見せ場を作りますが、三振、ゴロと倒れ、4回規定によりコールドで横浜アパッチが原宿フェロースを下しました。

横浜アパッチは9安打15得点と相手のミスはあったものの内、5安打が二塁打と長打力があり、無失策で安定した守備力でした。小西監督曰く、特に作戦はないとの事で、個々の実力重視ののびのびとしたチームの印象でした。
原宿フェロースですが、いつも試合前か試合後に練習をされていて、熱心に取り組んでいる姿が印象的です。栗原選手の熱いプレーも魅力ですが、今回、捕手に抜擢の常川選手とサードの石川選手が個人的には注目です。

 

試合後インタビュー

横浜アパッチ 佐久川さん (渡辺陽より)

3打数2安打3打点の活躍

Q.まず、1回表で無死二、三塁のチャンスでしたがどんな気持ちで打席に入りましたか?
A.いつも通りです。

Q.以前にもGLEAGUEでヒーローインタビュー受けてたと思いますが?
A.前はピッチャーで(ヒーローでした)

Q.本業はピッチャーですか?
A.いいえ、野球はじめたばかりの素人なのでよくわからないです。

Q.野球をはじめてどれくらいですか?
A.このチームで今年4年目です。

Q.野球する前は何か競技されてましたか?
A.特にしてないです。

Q.4打席目で代打が出たのですが、何か理由はありますか?
A.1試合目(投手として)投げてて、三試合目も投げるので温存です。

Q.今後の抱負は?
A.肩が壊れてきたので大事にしたいと思います。

横浜アパッチ 小西さん (渡辺陽より)

Q.4回コールドで勝利されましたが、コンディションはどうでしたか?
A.良かったです。

Q.どういったチームですか?
A.どちらかというと攻撃型のチームです。特に作戦というものはなく個人に任せている。メンバー的にも今日はベストメンバーで挑めた。

Q.今日投げた北村投手について
A.エースというわけではありませんが、良く投げていた。

Q.今後の抱負を教えて下さい。
A.ケガなく楽しくやっていきたい。

原宿フェロース 湯山さん(渡辺陽より)

Q.今日の試合を振り返っていかがでしたか?
A.先発投手がダメでした。ボール先行になってしまいそこを痛打されるところがあったので、そこをなくしていけたらと思います。
それと、打たせたボールを確実にアウトが取れる様に(守備力を良く)していきたいと思います。

Q.今後どの様なチーム作りをされますか?
A.守備中心に鍛えていきたい。

Q.常川捕手に関して
A.彼はどこを守らせてもうまい選手。今後は基本、常川選手が捕手をやっていくと思う。

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る