安室のフェンス越え圧巻HRで勢いに乗った Dickiesが逆転勝利!

2014.5.4慶應Slayers vs Dickies

慶應Slayers vs Dickies(5-8)

2014年5月4日 舎人公園野球場(都立)

担当:川田麻美子  撮影:川口浩輝

1 2 3 4 5 6
3 0 0 0 0 2 5
D 2 5 0 0 1 8

 

天気にも恵まれ、GWでたくさんの人が賑わう舎人公園。その片隅で、G-LEAGUE初戦となる慶應SlayersとDickiesという同年代同士の対決が行われ、結果は、2回の同点HRから打線が勢いにのり、一気に5点をもぎ取ったDickiesが8-5で勝利した。

初回表、慶應Slayersは2死から3者連続四球で満塁にすると、6番・下川選手の打球がちょうどセカンドとライトの間に落ち、走者一掃で3点を先制する。しかしその裏、DickiesもWPなどを絡め4者連続四球で1点、さらに7番・森田選手のセカンドゴロがFCとなり1点差まで詰め寄る。

さらに2回裏、1番・安室選手のライトフェンスを越える特大アーチで同点。続いて2者四球で出塁すると、4番・藤川選手は意表をついたセーフティを決め満塁に。その後死球で押し出し勝ち越し、さらにWPでもう1点入れたところで慶應Slayersは下川投手から木村投手に切り替える。しかし、代わった初球を6番・岩田選手がレフト前に運び2点タイムリー。Dickiesはこの回一挙5点をもぎ取り逆転に成功する。

  • 2014.5.4慶應Slayers vs Dickies
  • 2014.5.4慶應Slayers vs Dickies
  • 2014.5.4慶應Slayers vs Dickies
  • 2014.5.4慶應Slayers vs Dickies

慶應Slayersは、その後毎回得点圏に走者を進めるも、あと1本が出ずに無得点。5回裏にはDickiesが3人目の三宅投手から、7番・森田選手がセンターへダメ押しのタイムリー二塁打を放ち試合を決定づけたと思われた。

しかし最終回、慶應Slayersの打線が目覚め反撃開始。レフト前ヒットで出塁した先頭の7番・小山選手を途中から入った9番・稲垣選手が目の覚めるようなレフトオーバー二塁打で返すと、2番・川村選手もセンター前に弾き返し、さらにもう1点。飛球含め4者連続外野に打ち返し、勢いが止まらない慶應Slayers。さらにWPで2死二三塁としたところで、Dickiesは望月投手に代わって安室選手をマウンドに送る。これが成功し、1球で仕留めてゲームセット。慶應Slayersの反撃は届かず、Dickiesが勝利した。

Dickies望月投手は、初回は制球がなかなか定まらず失点したものの、2回以降は安定し、走者を背負った場面でも要所を締めたピッチングを見せた。

一方、慶應Slayers先発の下川投手は自分のピッチングを取り戻すことが出来ず、7死四球とWPで7失点。1回1/3で降板し悔しい内容となった。また、打線の方でも慶應Slayersは8安打とDickiesを上回り、四球も含め出塁は多かったものの、得点につなげられず8残塁してしまったもの敗因となった。しかし、ベンチはメガホンで応援する姿など終始ムードが良く盛り上がりを見せていて、それが最終回の打線につながったのだと思う。

Dickiesも常に声を掛け合っていて、苦しい場面で望月投手にみんなが声を掛け合っているのがチームワークの良さをとても感じて印象的だった。

両チームのみなさま、お疲れ様でした。

 

試合後インタビュー

Dickies 安室健太さん (川田麻美子より)

(2回に同点の特大HRを放ち活躍)

(HRでの打席について)
とにかく塁に出ようと思ってました。打ったのは、真ん中高めのボールでした。ここの球場でフェンスを越えるのはなかなかないので良かったです。
しかし、あとの2打席も狙ってしまい、力んでしましました(笑)

(打席で心構えていることは)
やはり1番打者なので、塁に出ることが何より重要だと思っています。次の試合もたくさん塁に出るよう頑張ります。

Dickies 森田浩平さん (川田麻美子より)

(初回に1打点、さらに5回に二塁打1打点の活躍)

(今日の打席について)
G-LEAGUEでは最近全然ヒットを打っていなかったので、今度こそは打ちたいと思って気迫で立ちました。普段外野をやらないので、少し恥ずかしいプレーを見せてしまったので、よけいに打たないとマズイなと思いました。

(次の試合に向けて)
次もチーム一丸となって守備をしっかりして勝ちたいと思います。

Dickies 北村颯さん (川田麻美子より)

(今日の試合について)
前の試合で連敗していて通算でも負け越していたので、今日は絶対落とせないと思ってみんな気合が入っていたのですが、2回の安室のHRからみんな火がつきました。1回は相手ピッチャーに助けられて点が取れただけなので、2回で打線が繋がってよかったです。

(初回の失点について)
望月に関しては信頼しているので、エースとして堂々としてもらってればいいと思います。初回は様子見という形で、2回以降は落ち着いて自分のピッチングが出来たと。走者を出しても締めるところは締めたので、エースらしいピッチングができたと思います。

(次の試合に向けての抱負)
今日の勝ちで波に乗れたと思うので、ここからどんどん勝っていきたいです。今(勝率)5割なのでここから勝ちをあげていって勝率を上げていきたいです。

慶應Slayers 下川泰平さん(川田麻美子より)

(今日の試合を振り返って)
新一年生がいっぱい打ってくれたのが良かったです。悪かったのは自分の投球ですね。四球が。。。(苦笑)

(最終回の攻撃について)
気持ちよく打つという方針が最後に出たんだと思います。最後、相手ピッチャーも疲れが出ていたのでそこをつけました。あと、時間がないと言われて早打ちになったのが、結果いい打撃になったんだと。初球から打つという大切さを、あの場面で改めて気付きましたね(笑)

(チームのカラーは)
エラーしようがどんな場面でも明るく楽しくやって勝てればいいという方針でやってます。今日は負けちゃったので残念でした。

(次の試合に向けての抱負)
次はロースコアのゲームにして勝ちたいです!!

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る