終盤の追い上げを振り切ったyawarakaが初勝利!

2014.5.3yawaraka vs ライジングサンズ

yawaraka vs ライジングサンズ(5-4)

2014年5月3日 神宮外苑軟式野球場

担当:渡辺陽  撮影:絢人

1 2 3 4 5 6 7
2 3 0 0 0 0 0 5
0 0 0 0 0 2 2 4

 

にわか雨の予報もなんのその。ゴールデンウィーク真っ只中。隣の神宮球場では朝から大学野球、夜はナイターと一日中野球ファンを楽しませてくれる野球びいきの神宮外苑。G-LEAGUEの試合中にヤクルト、阪神の選手達が同じグラウンドで練習している夢の様な風景がある、神宮桜球場にてyawaraka✕ライジングサンズの試合が行われました。

1回表
先攻yawaraka1番坪井選手がストレートの四球。2番歌津選手の一ゴロの間に二塁へ。ここで今日のヒーロー3番渡邉選手。
『勝ちたかったので積極的にいった』と追い込まれながらも、打ったボールは芯でとらえ、ライトへクリーンヒット。1点先制します。暴投とエラーで一死二、三塁に5番安藤選手もライトへのタイムリーヒットでもう1点追加。なおも二、三塁のチャンスでしたが、6番山口選手が打ったボールはセカンド鈴木選手の前へ。素早くボールを取り、迷いなくホームへ好送球。クロスプレーで三塁ランナーをタッチアウト!
まず、yawarakaが2点を先制します。

1回裏
yawaraka先発の福田投手が三振、三ゴロ、左飛で三者凡退に打ち取ります。

2回表
2連続四球で暴投もあり、無死二、三塁のチャンスに1番坪井選手がタイムリー中安打。更に盗塁を成功させなおも二、三塁のチャンスで2番歌津選手も左中間へ続けてタイムリー!そしてここでも3番渡邉選手。
『芯でとらえようと思った』とセンターへ大きな犠牲フライでこの回3点追加。渡邉選手は勝負強さをみせ、1年ぶりの試合とは思えない活躍を魅せました。なおも一死一塁。この波に乗って大量得点を狙いたいところでしたが、ライジングサンズ自慢の二遊間、鈴木選手-繁田選手が続く打者を4-6-3の併殺打で仕留め、一気にスリーアウトチェンジ。相手のyawarakaベンチからも『二遊間ヤベェ』と声が漏れる程、見事な連携で内田投手を助けます。

2回裏
福田投手は2つの四球出すも、変化球でタイミングをはずし4人で打ち取ります。

3回表

この回も先頭を四球で出しますが、ライジングサンズの安定した内野の守備もあり内田投手はこの日初の三振を取り4人で終了。

3回裏
回を追うごとに凄みを増していく福田投手は、この回、2三振を奪い3人目を見逃し三振と全く相手のバッターは手が出ません。

4回表
ライジングサンズの投手が繁田投手に代わります。
まず、1人目はファースト伊藤選手が懸命に前へ猛ダッシュして一飛。2人目、3人目もフライで三者凡退。

4回裏
二死で先ほど、ハッスルプレーを魅せたファースト5番伊藤選手がチーム初安打を打ちますが後続を打ち取られ4人で終了。先発の福田投手はこの回でマウンドを降り、4回15人62球で与えた安打は1本のみ4奪三振先発の役目を充分に果たしました。

  • 2014.5.3yawaraka vs ライジングサンズ
  • 2014.5.3yawaraka vs ライジングサンズ
  • 2014.5.3yawaraka vs ライジングサンズ
  • 2014.5.3yawaraka vs ライジングサンズ

5回表
ライジングサンズの繁田投手、三ゴロ、空振り三振、空振り三振と2回目のイニングも三者凡退。

5回裏
この回から小山投手がマウンドに立ちます。
一死ランナー無しで8番鶴野選手。フルカウントで右安打。1番鈴木選手も右安打。盗塁で二塁へ。二死二、三塁、今日初めてのチャンスに2番繁田選手が放った打球はショート松本選手の前へ。取る寸前にイレギュラーバウンドをしたボールを慌てずうまくさばきyawarakaはこのピンチをしのぎます。

6回表
ライジングサンズは伊藤投手に代わります。
三平監督曰く、『自分で気合を入れて投げるタイプ』という伊藤投手は、その体の大きさからも迫力のある投球でしたが、なかなかストライクが入りません。投手からショートに戻った繁田選手の後ろ向きでフライを取るなどの好プレーも飛び出し、四球を一つ出したものの、全てフライで打ち取り気持ちで4人に抑えます。

6回裏
一死ランナー無しで、4番今井選手が左安打。次の打席は前のイニングに気合で抑えた投手の5番伊藤選手。1ボール1ストライクで3球目をセンターへ。これが3塁打となり1点。続く6番大竹選手は右安打。で3塁ランナーも還り、2点返しました。

7回表
ライジングサンズは投手4人目。鶴野投手がマウンドに上がります。
迎え撃つバッターは1番代打池田選手。初球を中安打。追加点が欲しいところ!2番歌津選手の打った打球はライナーでショート名手の繁田選手のところへ。遊直で一死。すかさず一塁へ送球。飛び出していたファーストランナーが戻れずここでもダブルプレー!!最後も鬼門のライジングサンズ内野守備陣がガッチリ守り最終回の攻撃に望みを託します。

7回裏(最終回)
この回は9番三平選手の打順。追い込まれた5球目。死球!しかし、思わずガッツポーズ!一塁へ進塁すると……
“ここで盗塁を決めれば…”
『2008年日本シリーズの西武片岡を意識した』と三平選手。しかし、ベンチから『走るな!大事に行け』と指示があった為、実現せず、チームの監督はチームプレーに徹します。その思いを1番鈴木選手がバットで答えます。ライトへ飛んだあたりは、丁度ナイターの為、奥で練習していた阪神タイガース選手の集団の中へ。打球の処理の間に三平選手、鈴木選手がホームへ還り1点差っ!続く2番繁田選手も死球で出ましたが、最後は小山投手が落ち着いてスリーアウトを取り、最終回ハラハラの展開に終止符をうち、yawarakaはG-LEAGUE参戦2試合目で見事に勝利をおさめました。

両チームともに守備力が高く実力のあるチームながらも、『楽しくやりたい』と終始和やかな試合運びでした。yawarakaさんはヒーローの渡邉選手はもちろんのこと、先発の福田投手も好投し素晴らしい成績でした。あまり練習していないとのことでしたが守備陣も安定していて落ち着いて見ていられるチームでした。
ライジングサンズさんは投手が4人登板と投手層の厚さと、二遊間の活躍が光りました。特に遊撃手、投手としても途中登板し活躍を見せた繁田選手には注目でした。後半には打線が爆発し次回の試合に期待したいと思います。

 

試合後インタビュー

yawaraka 渡邉大貴さん (渡辺陽より)

初回に先制の安打。1安打2打点の活躍


Q.まず、1回表で先制タイムリーを打たれましたが打席に立った時のお気持ちをお願いします。
A.僕自身1年ぶりの打席だったんですけど、チームが勝ってなかったのもあり思い切り、積極的にいきました。

Q.打った瞬間はどうでしたか?
A.芯でとらえたので、抜けてくれと思いました。

Q.また、2回表の2打席目もチャンスで犠牲フライを打たれましたが?
A.1打席目はいい感じで打てたので、2打席目は大振りしないように芯でとらえようと思いました。そうしたら結果的に外野にとんでくれたので良かったです。

Q.試合を振り返っていかがでしたか?
A.今日は守備も人数が揃ったので、落ち着いた試合運びだった。最後は慌ただしかったけど、全員試合に出れたし勝てたので良かった。

Q.これからの目標などあればお願いします。
A.やるからには勝ちたい。みんな社会人が多くてなかなか練習などできないが、サインなども考えて勝っていきたいと思います。

yawaraka 松本修太郎さん (渡辺陽より)

Q.今日はGLEAGUE2試合目で初勝利です!おめでとうございます。まず、今日の試合を迎えるにあたってのお気持ちをお聞かせ下さい。
A.特に準備はしてませんが、楽しくやれればいいなと思ってました。

Q.今日の試合を振り返っていかがでしたか?
A.(1回で先制して、2回で追加点が取れ)良い流れで点が取れたのがすごく良かった。守備でもエラーがあまりなく良かったです。

Q.守備が安心して見てられ良かったと思いますが、どういったチームですか?
A.どちらかというと守備のチームと思います。

Q.今日はファースト渡邉選手にヒーローインタビューをお願いしましたが、投手の福田投手も良かったですよね?
A.今日は、良いピッチング内容でした。

Q.よく練習をされてるんですか?
A.ほとんど練習はやってないです(笑)集まってやる時は試合しかしてないんで。

Q.チーム名がかわってますよね?呼び方、イントネーションとか特別にあるんですか?
A.そのまま『やわらか』です。高校時代の軟式野球のメンバーなので、軟式の軟かいからとりました。

Q.今日は見事、勝利されたので次回に向かっての意気込みをお願いします!
A.今日は先制できて良い流れで勝てたので、次回も同じ様な展開で勝てたらいいと思います。

ライジングサンズ 三平敬祐 さん(渡辺陽より)

Q.まず、試合を振り返っていかがでしたか?
A.先発の内田が安定してなかったので、どこまで投げさせるか悩んでました。

Q.前回は内田投手が完投されましたが、今日は他3人の投手を継投されてましたよね?
A.みんな投手として考えられる戦力です。最初、内田が打たれてたのも芯くってなかったので大丈夫だと思ったが、守備のもたつきもあり、これからの事も考え、いい機会だったので投手を代えて継投しました。

Q相手チームから『あの二遊間やべぇ』というお褒めの言葉が途中ベンチから聞かれましたが?
A.うちの取り柄です。あの二遊間は崩せません。意外と守備には自信があります。

Q.ご自身でも最終回、トップバッターで死球。その後、1番鈴木選手のホームランで1点差になりました。見事なチャンスメイクでしたが、死球でガッツポーズされてましたよね?(笑)
A.あれは、2008年日本シリーズの西武片岡(YouTube参照)のマネをしたんですけど、その後の盗塁が出来なかった(笑)

Q.盗塁は(相手投手に)封じられたんですか?
A.いや、止めろというサインが……ランナーは大事だから、走るなと言われました。

Q.今日は負けてしまいましたが、三塁打、ホームランも出ましたし次につながる試合だったと思いますが、次回に向けての意気込みをお願いします。
A.5点取られても逆転する気はあったので、モチベーションを高くしてやっていきたいと思う。せっかく、こういうG-LEAGUEといういい機会があるので。

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る