好ゲーム!NEO UNIVERSE・加藤、最終回のチャンスを初球で決めた!

2014.4.27NEO UNIVERSE vs 蒼天

NEO UNIVERSE vs 蒼天(2-1)

2014年4月27日 御幸球場

担当:河島あす美 撮影者:中尾 敦司

1 2 3 4 5 6 7
N 0 0 0 0 0 0 2 2
0 0 0 0 0 0 1 1

 

太陽の日差しも強くなり、だんだんと春の陽気から夏の暑さへと変わりつつある4月27日、蒼天vsNEO UNIVERSEの試合が行われた。

1回表、蒼天のピッチャー石井等選手がNEO UNIVERSEを3人でピシャリと抑えると、1回裏、NEO UNIVERSEのピッチャー勝部選手も、先頭打者を出塁させるもキャッチャー山田選手が盗塁を完全に阻止し、3人で抑え、試合は序盤から投手戦に。5回まで両投手1本もヒットを打たせない好投をみせた。

  • 2014.4.27NEO UNIVERSE vs 蒼天
  • 2014.4.27NEO UNIVERSE vs 蒼天
  • 2014.4.27NEO UNIVERSE vs 蒼天
  • 2014.4.27NEO UNIVERSE vs 蒼天

0-0のまま迎えた最終回。
表のNEO UNIVERSEの攻撃。1アウトから4番大竹選手がエラーで出塁する。2アウトランナー1塁から6番山田選手がレフトへヒットを打ちランナー2.3塁とすると、続く7番加藤選手が初球をとらえレフト前タイムリーヒット!相手のエラーの間に2塁走者も生還し、2点をとった。
その裏、2点を追う蒼天は先頭の4番四元選手が初球をレフトへと運びソロホームラン!1点差に詰め寄り、その後も四死球でランナー1.2塁と逆転の場合も作るも、あと一本が出ずゲームセット。
試合は2-1でNEO UNIVERSEの勝利となった。

 両投手の好投が光り、どちらのチームが勝ってもおかしくない、とても見応えのある試合だった。

 

試合後インタビュー

NEO UNIVERSE 加藤大貴 さん (河島あす美より)

(最終回タイムリーヒット)

-2アウト2.3塁の場面どのような気持ちで打席に立ったか

ピッチャーも追い込まれていたと思うんですけども、最後打たなかったら最終回もう攻撃がなくなるということで、強い気持ちを持って、ボール気味でももう最初からいこうかなと思っていました。

-今後の抱負
自分はそんなにいつもバンバン打つタイプではないんですけど、ああいった大事な場面で一本出るように集中していきたいなと思います。

NEO UNIVERSE 勝部建紀さん (河島あす美より)

-被安打1の好投
ピッチングの内容としては、フォアボールも多かったので、今日は守備に助けられたなという感じだったので、フォアボールを減らしたいです。

-今後の抱負
さっき言ったようにフォアボールを減らしたいです。少しでもチームの役に立てればと思います。

NEO UNIVERSE 窪寺健太さん (河島あす美より)

-今日の勝因
やっぱりあそこの場合でタイムリーを打った加藤がよく打ってくれたなというところですね。それまでなんとか守備は粘っていたので、あと一本というところで打ってくれたので、そこが勝因だと思います。

-G-LEARGE無敗の8連勝
特に連勝というのは意識していなかったんですけど、一個一個勝っていったら連勝という結果になったので、今後も着々とやっていきたいと思います。

-今後の抱負
今後も一勝一勝の積み重ねで、徐々に徐々に順位を上げていけたらなと思います。頑張ります。

蒼天 四元圭介さん(河島あす美より)

-2点差を追う最終回の攻撃について
とりあえず円陣を組みました。
ピッチャーが48歳であそこまでの投球をしていたので、1点は取ろうということを皆で話しましたね。繋ぐ野球を心がけました。

-ピッチャーの好投について
40後半のね、ただ普通のサラリーマンがあそこまで投げてると、やっぱり我々打撃陣がね、頑張らんといかんという風にはなってたんですけどね。まあ残念な結果になっちゃいましたね。

-今後の抱負
うちは平均年齢もう40超えてましてね、本当に野球好きな集まりで、こういう風にメンバーも揃ってくれているんで、常に楽しく、来たメンバーが全員出れるというところと、あとはおじさんの集まりなので怪我をしないように。という形で楽しみながら今後も野球したいと思っています。

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る