投手戦を制した湘南ZATTS!デビュー戦好調スタート!

2014.4.26TATSUMI vs 湘南ZATTS

TATSUMI vs 湘南ZATTS(2-4)

2014年4月26日 上丸子天神町第4球場

担当:中前 信

1 2 3 4 5 6 7
T 1 0 0 0 0 0 1 2
0 0 1 0 3 0 4

 

あわや夏日という強い日差しの中行われた試合は、湘南ZATTSにとってG-LEAGUEデビュー戦。非常にテンポが速く、7回まで勝負の読めない白熱した展開となった。

 湘南ZATTS先発の北村選手は初回に2つのフォアボールと1つのヒットで先制を許すも、3つのアウトをすべて三振で取る力強さを見せる。先制点をもらったTATSUMI先発の赤穂選手は要所を締めるピッチングでリードを保持していたが3回裏、湘南ZATTS宮原選手に左中間の外野のフェンスを大きく越える文句なしのホームランが飛び出し、試合は振り出しに戻る。

  • 2014.4.26TATSUMI vs 湘南ZATTS
  • 2014.4.26TATSUMI vs 湘南ZATTS
  • 2014.4.26TATSUMI vs 湘南ZATTS
  • 2014.4.26TATSUMI vs 湘南ZATTS

引き分けのまま迎えた5回、先に好機を掴んだのは湘南ZATTS。ランナー一・二塁のチャンスで打席に立った平本選手は2球目を引っ張りサード強襲のタイムリーヒットを放ち勝ち越しに成功。均衡を破った湘南ZATTSはさらに2点を追加し1-4とする。

 このままでは終われないTATSUMIは直後6回表にツーアウト満塁のチャンスを作り出すも、この回からリリーフに入った湘南ZATTS浅野選手が踏ん張りを見せ得点はならず。しかし続く7回表にはTATSUMI濱選手のセンターへのヒットを口火にそれを上回るノーアウト満塁の状況を作り出し逆転に期待がかかるも、一点を返したところでスリーアウト、ゲームセットとなった。

 

試合後インタビュー

湘南ZATTS 平本明寛さん (中前 信より)

チームについて
「メンバーは高校の野球部が元。まだ若い大学生が中心のチームで強いとは言えないが、これからどんどん練習してもっと多くの良いチームと試合をしていきたい。」

勝ち越しのチャンスで打席に入った気持ちは
「ランナー一、二塁で併殺が怖かったため、右方向を狙っていたが、三塁線に飛んでしまった。まずいと思ったが、抜けて良かった。」

試合を振り返って
「バッティングのチームだと思っていたので投手戦になるとは予想外だった。シーズン初戦だったため前半は体が硬い所もあったが、後半は力が抜けて良い試合ができたのでは。」

今後の抱負は
「負けたくない。一戦一戦勝ちにこだわって試合をしていきたい。」

TATSUMI 田中崇仁さん(中前 信より)

試合を振り返って
「締まった良い試合だったが、6回にツーアウト満塁のチャンスを自身で潰してしまったこと、最終回のノーアウト満塁のチャンスを物に出来なかったことが敗因。」

今後に向けて
「ノリが良いチームなので、その時その時で結果が出ると思うので、練習を続けていく。」

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る