宮守、初回先頭打者HR!古久保 好投でハピネット勝利!

2014.4.19 株式会社ハピネット vs T-Five

株式会社ハピネット vs T-Five(4-0)

2014年4月19日 薬業健保グラウンド

担当:中前信

1 2 3 4 5 6
2 0 0 0 0 2 4
T 0 0 0 0 0 0 0

 

前日の雨もあり天候に不安を感じたが、良く晴れた春らしい野球日和の中での試合となった。試合は双方ともにレベルの高いピッチングと守備を見せ、ハピネットが初回に奪ったリードを守り切る引き締まった展開となった。

1回表、T-Five先発の須田選手はコントロールも安定した良いピッチングを見せていたが、ハピネット先頭の宮守選手は粘りのバッティングで応戦し、フルカウントからライトの頭上を大きく越えるランニングホームランで1点を先制する。その後、T-Five捕手の別府選手がミットをスイング中のバットに当ててしまい、途中交代を余儀なくされるアクシデントもあり、ハピネットは金田選手のセンター前タイムリーでさらに1点を追加。
その裏、ハピネット先発の古久保投手はフォアボールやヒットなどで1アウト満塁のピンチを招くも、続く打者から自らの手でダブルプレーを奪い、切り抜ける。

  • 2014.4.19 株式会社ハピネット vs T-Five
  • 2014.4.19 株式会社ハピネット vs T-Five
  • 2014.4.19 株式会社ハピネット vs T-Five
  • 2014.4.19 株式会社ハピネット vs T-Five

その後は須田・古久保両投手とも好投を見せ、5回まで点を与えない緊迫した展開を見せた。6回表に、ハピネット打線が再び須田選手を捉え、好調な渡辺選手の2本目のヒットや、途中出場の木島選手のヒットでランナーを溜め、神谷選手のセンター越えのスリーベースヒットで2点を追加、試合を決定づける。
最後は5回裏から登板したハピネット比企投手が満塁のピンチを背負いながらもしっかりと無失点に抑えた。

試合後インタビュー

株式会社ハピネット 宮下監督 (中前信より)

試合を振り返って
「今日対戦したT-Fiveが良いチームなので、我々も全力で戦った。4回まで先発の古久保が試合を作ってくれたおかげで良い形で終わることができた。」
今後への抱負は
「G-LEAGUEに参加して今日で2試合目だが、レベルの高いチームが沢山所属しておりやりがいがある。一戦一戦全力で戦い、良い結果を残したい。」

株式会社ハピネット 古久保成昭さん (中前信より)

先発投手として4回無失点の好投を見せた

試合の感想は

「先に攻撃陣が点数を取ってくれたので、楽に投げることができた。」
投げている間気をつけていたこと
「フォアボールでランナーを出さないように、打たせて取ることを意識していた。」

T-Five 武川克己さん(中前信より)

試合を振り返って
「初回(先頭打者のホームランに)びっくりしたが、その後は引き締まった試合にできたことは良かった。(試合には負けたが)新たなポジションやピッチャーを試すことができた他、攻め方についてこうやって行こうと決めていたことは実践できた。」
今後に向けて
「今のやり方を続けていきたい。」

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る