アイ・ティ・フロンティア山口が投打で活躍!デビュー戦を白星で飾る!

2014.4.19 アイ・ティ・フロンティア vs 原宿フェロース

 アイ・ティ・フロンティア vs 原宿フェロース(11-4)

2014年4月19日 大宮健保グラウンド

担当:渡辺 陽

1 2 3 4 5
4 0 2 0 5 11
3 0 1 0 0 4

 

52面の野球場と、テニスコートやサッカー場などがある広大な大宮けんぽグラウンドで、アイティフロンティア×原宿フェロースの試合が行われました。

1回表
アイティフロンティアの攻撃は、1番吉井選手、2番西原選手が四球で出塁し無死一、二塁で3番の斎藤(大)選手がセンターへヒットで早くも1点先制!一死二、三塁で5番齋藤(裕)選手も犠牲フライには充分なあたりをレフトへ。その後は四球で押し出しがあり、一挙に4点。

1回裏
今月2試合目のフェーロースも負けてはいません。
1番門野選手がヒットで塁に出るとすかさず盗塁を決めます。ここのところ成長が著しい2番常川選手が8球粘って四球で出塁。
次のバッターは4番湯山選手。栗原監督曰く、『主軸としての自覚が出てきた』と。まず、フェーロースはダブルスチールを仕掛けます。一死二、三塁とチャンスは広がり次のカウントで当てたボールは左中間へキレイに飛んでいき二塁打となり2人が還ります。その後湯山選手は盗塁で三塁まで行くと塁上で相手投手にプレッシャーを与えエラーを呼び自らもホームインで3点を返しますが、アイティフロンティアの山口投手も後続を三振にとりこの回3三振で逆転を許しません。

2回表
2番の西原選手がエラーで出塁し二盗、三盗決め追加点のチャンスですが、三振と凡打でスリーアウト。

2回裏
今日のヒーロー山口投手の投球が光ります!ストライク先行のピッチングで内角のボールをうまく使いこの回2三振。13球で抑えます。

3回表
6番山口選手がエラーで出塁すると盗塁で2塁へ。一死三塁で8番吉田選手が初球をセンターへ弾き返し1点追加。9番川上選手は四球。1番吉井選手がうまくバン卜で転がすと内野安打になり満塁のチャンス。1回に先制点を放っている3番斎藤(大)選手がまたも安打でこの回2点追加しました。

3回裏
一死で3番栗原選手から3連続四球で満塁になると、6番猿井選手の投ゴロの間に1点追加しました。

  • 2014.4.19 アイ・ティ・フロンティア vs 原宿フェロース
  • 2014.4.19 アイ・ティ・フロンティア vs 原宿フェロース
  • 2014.4.19 アイ・ティ・フロンティア vs 原宿フェロース
  • 2014.4.19 アイ・ティ・フロンティア vs 原宿フェロース

4回表
6番山口選手が内野安打、二盗を決めると7番越川選手がエラー出塁で一死
一、三塁としますが、フェーロースの湯山投手が後続を三振に打ち取り6奪三振。

4回裏
二死で2番常川選手が内野安打で出塁しますが、山口投手の変化球と巧みな投球術で4人に倒れます。

5回表

フェーロースの投手が猿井投手に代わります。先頭の1番吉井選手が粘り、四球で塁に出ます。西原選手は死球、3番斎藤(大)選手が今日、3本目の安打。一死満塁で、5番齋藤(裕)選手の初球、内野ゴロ!サードの石川選手がホームへ送球。微妙なプレーになりますが、判定はセーフ。更に満塁のチャンスに6番山口選手
『インコースに意識があった』とフルカウントで狙い球、インコースに来た球をそのまま引っ張りレフトへ文句なしのタイムリーツーベースヒット!送球の乱れもあり、走者一掃。
二死三塁で8番吉田選手もセンターへ安打。今日、2安打3打点の活躍を魅せました。

5回裏(最終回)
4番湯山選手が四球で出ると今日3つ目の盗塁で三塁まで貪欲に進みます。ここでも相手にプレッシャーをかけ5番石川選手も四球で二盗。点を取りたいところでしたが、サード吉井選手のファールゾーンとベンチの間の危険なフライを取るなど好プレーも飛び出し最後は山口投手が8個目の三振を奪いゲームセット。

アイティフロンティアが原宿フェロースを下しました。

フロンティアさんですが、全体的に落ち着いていて、今日は初戦なのでノーサインだったとの事ですが、楽しく野球をされている印象でした。次はどんな試合をされるか楽しみなチームです。
フェーロースさんですが、暴投がなかったのが印象的でした。それに関連して今回は常川捕手の守備力の向上に注目しました。ワンバンのボールに対応するのはもちろんの事、盗塁阻止の二塁への送球が前より安定していて自信を持って投げてる様に感じました。なかなかベストメンバーが揃わないとの事ですが普段よく練習されているのが伝わってきて今後がとても楽しみなチームですっ!

試合後インタビュー

アイ・ティ・フロンティア 山口慎二さん (渡辺 陽より)

今日は打って投げて大活躍(8奪三振/2安打2打点)

Q.まず、今日の試合を振り返っていかがでしたか?

A.攻撃面ではそんなに打力が強いチームではないので、繋ぐ事をいつも意識してるのですが、今日は四球などでランナーがたまっていいタイミングで1本出て、いつもよりいい形ができた。
守備面では自分が投げていて最初はストレートを投げていたが、相手の打者が良かったのでストレートだけでは当てられてしまうので、苦労しました。

Q.途中、変化球投げてましたか?
A.そうですね。ストレートが入らなくなったので変化球で調整しました。

Q.なんといっても5回の攻撃で、2点タイムリーツーベースヒット!どんな事を考えて打席に入りましたか?
A.まず、5回が1番から始まって満塁になったので、ここで1本打ってやろうと思いました。狙ってました(笑)

Q.レフトへの大きな当たりでしたが?
A.インコースで追い込まれてそこに意識があったので、(最後インコースにきたボールを)うまく引っ張れたと思います。

Q.これから試合していくにあたっての目標などお聞かせ下さい。
A.今回は得点も多かったんですけど、失点も多かったので、0点に近い試合をしていきたいと思います。

アイ・ティ・フロンティア 吉田雅俊さん (渡辺 陽より)

本日監督代行

Q.今日は初戦でしたが、ゲームを振り返っていかがでしたか?

A.序盤はお互いに点を取って接戦だったと思います。

Q.どんなチームですか?
A.どちらかというと守り勝つチームですが、今日は非常に点が取れてラッキーだったと思います。

Q.いつもは作戦とかあるんですか?
A.監督が作戦をたててサインを出しますが、今日はノーサインでした。

Q.今後の抱負や目標などあればお願いします。
A.1番は楽しみながらやること。相手の原宿フェロースも非常にいいチームで、特に投手の方が良かったと思います。真剣な中にも楽しみながら試合をやっていくのをモットーにしていきたい。

原宿フェロース 栗原健さん(渡辺 陽より)

Q.まず、試合を振り返っていかがでしたか?
A.序盤、四球が多くランナーがたまったところで打たれてしまい、そういった失点がもったいなかったと思います。

Q.以前とチームの雰囲気が変わった気がするのですが、何か心がけてる事はありますか?
A.毎週、毎週練習したり平日もバッティングセンターに行ったりしてチームの雰囲気を高める様に意識しています。

Q.守備も安定してきたと思いますが?
A.そおですね。ただ、なかなかベストメンバーが最近揃わなくて…

Q.栗原監督の期待している選手はいますか?
A.2番目に投げた猿井投手が、もっと試合を作れる様になれば、自分を含め投手が3人になるのでもっといい試合ができる様になるんじゃないかなぁ…と思います。

Q.最近、後半に猿井選手を出してますよね?
A.中継ぎにして、勝っている試合の最後に僕が投げる(笑)そういう方程式を作りたいと思っていますが、なかなかそういう場面がなくて…準備はできてるんですけど。

Q.これから試合をしていくに当たって、注目してほしいところなどありますか?
A.継投策です!

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る