女房役の竹淵が2点タイムリーでスパイダース勝利!

2014.04.13スパイダース vs ジャパン・ドリーム

スパイダース vs ジャパン・ドリーム(4-2)

2014年4月13日 萩中公園野球場

担当:藤田 昂毅

1 2 3 4 5 6 7
0 4 0 0 0 0 0 4
0 0 0 1 0 1 2

 

冷たい風が吹く中今季第二戦目のスパイダースとG-LEAGUEデビュー戦のジャパン・ドリームとの試合となった。スパイダースはこの間の試合も担当していて連続での担当となった。どちらのチームもナイターでの戦いぶりが試合前から非常に楽しみであった。

試合はいきなり初回。先攻のスパイダースが二死から3番竹渕選手が四球で出塁すると、4番酒井選手のレフトへの二塁打でチャンスを作った。しかしジャパン・ドリーム先発の佐藤選手がここを内野ゴロで切り抜けチェンジ。次に試合が動いたのは2回表スパイダースの攻撃。二死後、8番高橋選手が四球で出塁、続く9番道川選手はファーストのエラーで出塁しチャンスを広げ、1番植竹選手のセンターへの当たりが相手のエラーを誘い先制。続く2番木下選手の振り逃げパスボールで2点目。そして3番、前回の試合では監督業に専念していた竹渕選手がライトへの2点タイムリーでこの回一挙4点を挙げた。

  • 2014.04.13スパイダース vs ジャパン・ドリーム
  • 2014.04.13スパイダース vs ジャパン・ドリーム
  • 2014.04.13スパイダース vs ジャパン・ドリーム
  • 2014.04.13スパイダース vs ジャパン・ドリーム

ところが4回裏、ジャパン・ドリームは監督さんがチームのキーマンとおっしゃられていた3番セカンド宮崎選手、4番ショート野口選手の二連打で追撃の1点を挙げた。さらに6回裏一死後、2番日山選手が四球で出塁すると相手のエラーやワイルドピッチで2点目。ところが後続がスパイダース2番手東選手にきっちり抑えられてゲームセット。スパイダース先発の高橋選手は5回を投げ73球3奪三振1失点(被安打3)。要所を締め最後まで相手に流れを渡さなかった。この試合でジャパン・ドリームは二度のダブルプレーを成立させた。

両チームの皆さん、夜の冷たい風の中お疲れ様でした。どちらもチャンスをもっと生かしていければな…と思ったところもありましたが、寒い中でもだらけず締まった試合だったのではないかと思います。スパイダースは勝ち星を重ね、ジャパン・ドリームは初勝利を目指して頑張っていただきたいとそう思います。

試合後インタビュー

スパイダース 高橋拓也さん (藤田 昂毅より)

―今日の試合を振り返って―
3試合目の登板だった。調子が良かったので変化球にキレがあり、竹渕(選手)が出してくれたチェンジアップを上手く使えていたのではないか。
―今後に向けて―
今日勝って今年2試合まだ負けていないのでこの勢いで勝ち続けていきたい。

スパイダース 竹淵大樹さん (藤田 昂毅より)

―ご自身の打席を振り返って―
前の試合出場していなかったので1本出れば、という軽い気持ちで打席に立てたのが2安打といういい結果につなげられたのではないかと思う。
―今日の試合を振り返って―
とにかくピッチャーが良かったのが勝因では。それに打撃陣も調子がよく、ヒットも多く出ていたのも良かった点。
―今後に向けて―
まずは再来週の試合に勝つということ。そして今後はG-LEAGUEでランキングを上げていきゆくゆくは優勝したい。

ジャパン・ドリーム 畠山孝夫さん(藤田 昂毅より)

―今日の試合を振り返って―
一言でいうとうちの自滅。もうちょっとしっかりした守りができていればもっといい試合ができたのでは、と思う。打撃は3番、4番のコンビが試合を重ねていくにつれ力をもっと発揮してくれるのではないかと思う。全体的に今日は出だしだったのでしょうがなかったのかな。
―今後に向けて―
全体的に手応えは感じられたので、より頑張っていきたい。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る